人気ブログランキング |

LOVE インドの牛乳

最近もっぱらお気に入りのミルクは
なんといってもAmul(アムル)のものです。
以前はオールドデリーの牛乳屋さんまで、牛乳缶を持って
キロ単位で買いに行ってたんだけど。
(チャーイを飲み、自家製ヨーグルトを作る家庭、
インド人6~7人家族だと、一週間分で牛乳12キロは使います)
c0339249_23555132.jpg

赤い袋が「フルミルク」脂肪分が6.2%くらい
青いのは「トーンド」脂肪分3%
もうひとつ、黄土色のがあってそれは「ダブルトーンド」、ほぼ脱脂
そのまま飲めると言われてはいますが、念のため
煮沸消毒してから使います。

煮沸するとすご~~い恩恵があって、やめられないの。

フルミルク1リットル、トーンド1リットルをあわせて
煮沸し、冷ましておくと なんとこんな風に乳脂がたまるんです。
厚みが5ミリくらい!
ちょうど20cmのホールケーキ分の純生クリームがとれるんですよ。
c0339249_23555158.jpg

それをとりわけておいて、ケーキ作りの生クリームとして
使ったり、お料理(マライ・チキンのマリネや
アフガ二・チキンのマリネなど)に使います。

既製品のクリーム、インド製だとホイップしても今ひとつもの足りず
輸入物だと大丈夫だとはいえ、高い!生クリームを求めて
あちこちさまよいましたが、最近はもっぱら自家製でしのいでいます。
これなら混ぜ物なし、純度も高いし。
うちでこうやってロールケーキなど作って食べるのに大活躍!
c0339249_23555250.jpg

日本の牛乳は脂肪分が分離しないように処理されているので
(脂肪球を粉々にしてある;ホモジェナイズド)市販のものでは
こんな体験はできません。
この処理をされていない牛乳はノン・ホモジェナイズド(ノンホモ牛乳)と
書いてあります。

有難いことに、すぐに使う予定がなくとも
とりわけた純正クリームは冷凍保存できるのです。
ある程度たまったら、解凍して氷水を入れて
ミキサーで攪拌すると、自家製無塩バターもできるし。
バターをとった残りの水分は、カリー作りのグレーヴィーに
使ったり、チャパーティーを捏ねる際の水に加えたり・・・と
本当に無駄になることのない ありがた~~い牛乳。

まわりのインド人たちも、これをよ~くわかっているので
Amul社のものは朝・夕2回お店に納品されていても
売り切れるのが早いのです。

インドで人気の牛乳、ためしてみますか??

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23555255.jpg

by neelkamal-archive | 2013-02-25 01:03 | 食文化


<< 象さん財布 情報更新すべし >>