マトゥラー・ヴリンダーヴァンへの旅

日本からお友達が訪ねてきてくれたので、
一緒に日帰りドライブへ。お互い歴史や仏教に
興味があるので、手軽に行ける場所として
マトゥラーとヴリンダーヴァンに行ってきました。

マトゥラーまでは2時間半ほどの道のり。まずは
クリシュナ神が産湯を使ったという場所、現在は沐浴の
ためのガートになっている場所を見て
c0339249_00001704.jpg

クリシュナ神が生まれた場所として、考古学局からの
認可書類が出ている小さなお寺へ。この近辺は他に
クリシュナ関連の大きなお寺や、ムガール時代にムスリムが
侵攻して立てたモスクなど、林立しているのですが
ほんものの生誕地はこのこじんまりさ。
c0339249_00001826.jpg

メインの目的地であるマトゥラー博物館へ。
初期のガンダーラ仏とならび、マトゥラーは
仏像製作で有名となった地だったのです。
これ↓↓がグプタ朝の最高傑作と言われる
仏陀立像・・・・なんですが、もちょっとなんとか
崇高に見える展示方法はないもんかいなぁ と
いつも思うんですよね。
c0339249_00001991.jpg

そして、仏教の擁護者として知られるカニシカ王の立像。
カニシカ王の時代に仏典の第四回結集が行われたとされています。
その貴重な像の左手に座っているおじさんたちは、博物館関係者。
た~だ座って日がな一日ダベッている・このユルさ加減がインド~~
c0339249_00001951.jpg

次は隣町、クリシュナが活躍した中心地であった
ヴリンダーヴァンへ。沢山のお寺があるこの町
中でも活気あふれているのがイスコン寺院。
c0339249_00001984.jpg

中庭ではお参りをすませた人、世界各国からの
信者さんたちが思い思いに過ごしています。
来るもの拒まずのおおらかさにホッとするお寺。
c0339249_00002000.jpg

ちょうどお説法の時間で、会場をのぞいてみたら
すごい人、おまけにカラフル!
現代に生きてる宗教だなぁと圧倒されてしまいました。
c0339249_00002067.jpg

お昼をイスコン寺院の食堂で食べたあと、
ゴーヴィンド・デーオ寺院を見て、リキシャーで
旧市街を見学し。
帰りはヤムナハイウェイを使いましたが、
ま~~、平日だったからか、時間帯なのか
ガラガラ。ドライブインでコーヒー休憩してデリーに
戻ってきたのでした。
お買い物もなんにもない、地味な日帰り旅でしたけど
これも趣味を同じくする友人とだからできたこと。
次は一緒に仏蹟めぐりとかできたらいいなぁ。(渋い趣味だなぁ)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23563106.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-13 01:46 | 旅行


<< 時短料理でおいしく 至福のとき >>