話題の和食レストラン「En」

とんぼ玉部(?)の仲間とクリスマス会兼忘年会で
今デリーで一番話題の和食のお店「En]へ。
(今日は食べ物の写真&イケメンの写真満載よ~!笑)
c0339249_00010140.jpg

場所はおしゃれなブティックなどが入っている
New Ambawatta Bldg.,世界遺産クトゥブミナールの
すぐ近くです。付属の駐車場もあるので安心。
c0339249_00010100.jpg

入り口を入るとこんな感じ↑↑
ウェイターさんたちの制服も赤と黒基調で
可愛いし、期待が高まります。
天井が高いインテリア、お席から見えるクトゥブ・ミナールも
デリーらしくて素敵。
まずはモクテルで喉を潤し。(こう見えて私は下戸なのでね。
ピンクのはさくらが浮いた可愛いピンク色のモクテル。)
c0339249_00010224.jpg

メインコースはあれこれあって、悩みました~
石焼も気になったし、ラムチョップも美味しそうだし
インドらしくべジ対応メニューにお豆腐と野菜ステーキもあったし。

お友達とさんざん悩んだ挙句、人気の高いという
「海鮮ちらし御膳」と「En御膳」をチョイス。
どちらもとっても美味しかったです。日本の料亭で食べてるみたい。
c0339249_00010274.jpg

そして、ウワサの「デザート」部門へ突入。
メインコースの料金にプラス100ルピーでデザートがつきます。
チョコケーキ、抹茶シフォン、チーズケーキ、ふわふわプリン
(メニュー上の正式名称はちがうかも、うろ覚え。)
・・・・とある中、3人で全部頼んでわけわけして堪能。
一瞬で「パリ」にいるような気分になりましたよ~
c0339249_00010350.jpg

そのデザートを担当しているパティシエの宮下さん。
できるだけインドの食材を使って、おいしいお菓子を
提供できるように創意工夫をこらしておられます。
オバちゃん根性丸出しで、あれこれ質問して失礼しました。
敷地内に新たにオープンするカフェバーは
気軽にお茶できるスペースとして、宮下さんの
創作お菓子や、どんぶりものなども出されるそうですよ~。
c0339249_00010311.jpg

屋上テラスからはくトゥブミナールが手に届くほどの
近さに見えます。
ここに一体何があったかなぁ・・・・と思い出してみるに
むか~し(10年以上前)レストランがあった気がします。
長いこと使われていなかったものを、見事にリノベーションして
すごくおしゃれなエリアに生まれ変わったんですね。
c0339249_00010575.jpg

日本人の料理人さんたちはもちろん、
日本人のパティシエさん、そして日本の最高級ホテルに
いるかのごとく、居心地よいサービス提供を司っておられる
日本人総支配人の飯村さん。これだけ日本人スタッフが
いるから、完成度の高いぶれないサービスができるんですね。

この空間のオーナーは日本在住30年以上になるという
ラージさん。日本語ペラペラでした。(内緒話できないね。笑)
c0339249_00010536.jpg

こういう本格的な和食のレストランが、デリーに次々に
オープンしているのは本当に嬉しいことです。
デリー訪問の目玉のひとつになりますね。
ちなみにランチは御膳とデザート、コーヒーやドリンク込みで
サービス料含めて2600~2700ルピーくらいでした。

来年早々のお誕生日ディナーはEnに行こうって
オットに根回ししておかなくちゃ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23552885.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-12-24 01:43 | 青蓮日記


<< クリスマスもお正月もいっしょくたに。 親離れ・子離れの冬 >>