春の香り

まだまだ寒さの厳しいデリーにも確実に春の足音が。
野菜屋に出回っているチョーリアと呼ばれる緑色のヒヨコ豆。(チャナ)
これが出てくると「あぁ、もうすぐ春だなぁ」って思うんです。
c0339249_00550885.jpg

とっても鮮やかな緑色でしょ。生でサラダにしても美味しいし
ちょっと茹でてマッシュして、野菜のカバブにしても美味しいし
もちろん、カレーにしても美味しいですよ。

ところで、ヒヨコマメってどんな風にして成ってるか、ご存知ですか?
この時期から2月末くらいまで、ビハール州やウッタルプラデーシュ州の
農村地帯をドライブすると、あちこちでこんな畑が目につきます。
c0339249_00550907.jpg

へにょへにょのオレンジ矢印の先を見ると、豆がなってるのが
わかりますかぁ?高さは50センチほどのヒヨコマメの木。
ひとつの莢には、1~2個の豆が入っています。
c0339249_00551093.jpg

一口に「ヒヨコ豆」と言っても種類はさまざまで
大粒の白っぽいのはカーブリ・チャナ
こげ茶の小粒のはベンガル・チャナ
グリーンのはチョリア・・・・と呼び名もさまざま。
前にご紹介した「ヒヨコ豆の豆腐」作りに適しているのは
カーブリ・チャナですが、ハラ(緑の)・カバブ(野菜カバブ)を
作るには、チョリアが最適・・・・と、用途もさまざま。
c0339249_00551028.jpg

カレー↑にすると、見た目はグリーンピースと
さほど変わりないんですが、お味はチョリア(緑のヒヨコ豆)のほうが
ぽっくりとした、素朴な豆の味わい。
作っていると、家中に春の野菜の香りがしますよ。お試しあれ。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_00551015.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2012-01-11 02:55 | 食文化


<< ひたひたと春は。 オトナのおもちゃ その弐 >>