人気ブログランキング |

スィク教の始祖:グル・ナーナック聖誕祭

11月28日はスィク教の始祖である
グル・ナーナック↓の聖誕祭です。
c0339249_01010756.jpg

ナーナックといえば.

福岡で先駆者的存在の「ナーナック」っていう名の
インド料理レストランが親富孝通りの角っこにあって
当時インドってどんな国だかもよくわからぬまま、
ターバン巻いたおじちゃんがいるから面白い・・・・って
カレーを食べに行ってたものでした。
オーナーのグルビール・スィンさんはもちろんスィク教徒。

実は実は、話は更に数年さかのぼり、
天神コアができたてのころ(30年以上前!?)、
ほんとにちっちゃな畳二畳分くらいの大きさのインド雑貨屋さんがあって
そこにやっぱりターバン巻いたおじちゃんが座ってたの。
その店ではじめて自分のお小遣いで指輪を買いました。
子供のお小遣いで買えるくらいの値段、今考えてみると
当時100円くらいで、えらく安いなぁ・・・と思った記憶がありますが
その雑貨屋さんのオーナーさんが、グルビール・スィンさんでした。
まだナーナックレストランがオープンする前の話です。

思えばあのころから、私はインドに呼ばれてたのか~~。ww

あっ、話がそれちゃった。 グル・ナーナックの聖誕祭の話でしたね。

デリーでは27日の夜に、オールドデリーのいくつかのグルドワラで
聖誕祭行列が行われます。特に昔からスィク教徒が多く住んでいる
ロシュナラ・ロード界隈は賑わう場所。
グルプラブの日に多くのスィク教徒が訪れる場所といえば
パンジャーブ州アムリッツァルのゴールデンテンプルはもちろんのこと、
デリーのグルドワラ・バングラ・サーヒブ
パキスターンのタルワンディにあるナンカナ・サーヒブなどが有名です。
c0339249_01010854.jpg

そのほかにもスィク教徒にはインド国内に5箇所の聖地があり↑↑
そのうち3つがパンジャーブ州に位置していますが、
スィク教徒であれば誰もが、5箇所を巡礼で回りたいと思うんだそうです。
私の友人も、先月はマハーラシュトラ州にある聖地へ
先週はアムリッツァルのゴールデンテンプルへと出かけていました。
c0339249_01010891.jpg

(↑息子が5歳のころに描いたゴールデンテンプルの絵。
青い四角で囲まれた部分にいる人は、お供えのハルワーを持っていて
赤い部分の人はお参りを終えてランガル・ホールに向かう人々。ww)

ヒンドゥー教徒が圧倒的に多いとはいえ、他宗教の国ですから
ヒンドゥーだけでなく、各宗教の祝祭日は学校がすべてお休みになります。
グル・ナーナック・ジャヤンティ(ジャヤンティとはお誕生日のこと)も
もちろん、息子の学校はお休み。

あっ、大人にも影響することが~~。
ナーナックジャヤンティは「禁酒日」なのですよ。
みなさん、お酒の買い置きは大丈夫かしら。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01003592.jpg

by neelkamal-archive | 2012-11-28 02:57 | インドの祝祭日


<< トマト日記 Memorial: 11/26... >>