人気ブログランキング |

イード(ムスリムの祝日)

11月7日はイスラム教の祝日、イードゥッ・ズハー。
別名バクリー(山羊)・イードとも呼ばれる日。
アブラハムが進んで息子のイシュマエルをアッラーフへの犠牲として
捧げた事を世界的に記念する日で、「犠牲祭」とも訳されている。

この日はまた、世界中のムスリムたちによる
メッカ巡礼;ハッジの最終日でもあり
ハッジに参加していないムスリム・ムスリマたちも
生贄をささげ、この日を祝うのだという。
山羊は調理され、友人・親戚、貧しい人々にも
大判振る舞いされる。また、お菓子を携えて
親戚や親しい友人宅を訪ねるのもこの時期の習慣となっている。

木曜日の夜汽車で、雑誌の撮影のため
マディヤ・プラデーシュ州にでかけていて、夕べデリーに
戻ってきたのですが、その道中や行き先でも
山羊の売買が行われていて、そうか~、イードが
近いんだ・・・・と実感したのだった。

帰りの汽車で、停車駅のむこうのホームにいた
男性たち・・・・・矢印部分をよ~~~く見てくださいよ~
c0339249_01293715.jpg

耳の長い、可愛い山羊が
自分の人生(山羊生?)を反芻しているかのように
達観したようすで座っていました。このあと、やってきたローカル列車に
男性たちと一緒に乗って去っていった、山羊さん。
思わずドナドナ♪を一人歌ってしまいましたよ。
c0339249_01293735.jpg

さて、マディヤ・プラデーシュ州では朝到着してから
フルに動き回り、日が落ちたところで撮影はおしまい。
最後はチャンデリ城砦からの日の入りを眺め。
c0339249_01293709.jpg

翌朝は5時起きでダムのある巨大な湖で見える
日の出を撮るため出発!
c0339249_01293743.jpg

久々にゆっくりと、日の入りやご来光を眺め、太陽が刻々と
姿と光を変えてゆくのを見て、ありがた~い気分になりました。

実は・・・・MP州には私の大好きなテキスタイルがありまして。
その「織り物」=サリーの話はまた後日。
(仕事よりもそのサリーのほうが気になって気になって。てへへ)

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01263618.jpg

by neelkamal-archive | 2011-11-07 03:30 | インドの祝祭日


<< インド 列車の旅 マサーラー・チャーイの美味しい季節 >>