人気ブログランキング |

マリーゴールド

インドで一番使われている花・・・・といえばマリーゴールドでしょう。
南インドではジャスミンの消費量が多いでしょうし、時期的にはチューベローズも
かなり出回ってますし、暑い時期にはなぜかグラジオラスだらけだったりもします。
綺麗な蓮の花をおしゃれに活けたいところですが、外人の多い地区ではこれも
高値に設定されており、ふんだんに使いたいときには、花に詳しいインド人と一緒に
花市場に出かけなくてはなりません。

その消費量第一のマリーゴールドですが、インドの結婚式では
こ~~んなに一杯使われます。なんせ会場までトラックで運んできてますからね~
c0339249_00453393.jpg


ランゴーリみたいな模様を描くときでも、アウトラインをマリーゴールドで作り
隙間をバラの花びらで埋めていく・・・・ってな具合です。あたり一面に
マリーゴールド特有のツンとした花の香りがたちこめているのです。

そして、結婚式を取り仕切るパンディット・ジー(お坊さん)の座るあたりには
このように、↓儀式に使うお道具がセットアップされているのですが、ココナッツや
ダヒ《ヨーグルト》、ガンジスの聖水容器なども、これまたマリーゴールドで
飾られています。白い粉のように見えるのは「お米」。豊穣のシンボルです。
c0339249_00453345.jpg


お式で花嫁花婿が交換するジャイ・マラと呼ばれる花輪は、豪華にバラやクチナシ
ジャスミンなどが使われ、ひときわ大きく長く作られています。

さらに、お式が終わって花嫁花婿が披露宴会場に移動するときには・・・・
c0339249_00453392.jpg


このお宅の場合には「馬車」がスタンバイしておりました。もちろんマリーゴールドだらけ。

そろそろ結婚式シーズンも終わり。色んな宗教が混在しているインドです。
宗教だけでなく、出身地によってもかなり異なる結婚式のしきたり。
一度たりとて全く同じ流れのものには遭遇したことがありません。
今日の写真はジャイナ教のもので、たまたま儀式が昼間だったので
明るいうちにカメラに収めることができました~。
スィク教徒の結婚儀式も、昼間のグルドワラで執り行われるのです。

結婚式はいろんな儀式がてんこ盛りだし、参列者の服装を見るのも楽しみだし
だから、やめられないのよね~
人気blogランキングへ
c0339249_00450327.gif

by neelkamal-archive | 2008-02-19 20:16 | 青蓮日記


<< 胸が大きくなる野菜 いきなり春 >>