人気ブログランキング |

春の香りのカレー

日本では菜の花=春のイメージですが、デリー近辺では菜の花は1月、2月の花。
まだ寒い冬の朝、ちょっと郊外までドライブすると、こんな菜の花畑がい~っぱい。
c0339249_00454011.jpg


菜種油を搾取するための菜の花畑もありますが、多くは「からし菜」。
そのからし菜の若い葉っぱを「サルソン・カ・サーグ」と呼びます。冬の結婚式などに行くと、
必ず饗される一品が「サルソン・カ・サーグ」(芥子菜の葉っぱのカレー)と
「マッキー・キ・ロティ」(トウモロコシ粉の薄焼きパン)なのであります。

材料は~~
c0339249_00454074.jpg


からし菜の葉っぱ(サルソン)1キロくらい
ほうれん草 一束
玉ねぎ 大きめ一つをすりおろす
しょうが・にんにくすりおろし それぞれ大スプーン1
青唐辛子(ハリ・ミルチ)3~4本、みじん切り
※パニール(インドのカッテージチーズ)100グラム、サイコロ大に切る
塩・ガラムマサラ 適宜
ギー(精製バター) 大スプーン2
サラダオイル   大スプーン1
べスン(チャナ豆の粉)大スプーン 山盛り1杯

作り方
まず葉っぱ類をすべてみじん切りにします。
c0339249_00454128.jpg


   ↓
プレッシャークッカーにサラダオイルを入れ
葉っぱ類と青唐辛子を加えてかき混ぜ、かさが減ったら
すりおろした生姜とにんにくを入れてぐるぐる混ぜます~
   ↓
塩を2~3つまみ(アバウトやな~)加え、水をカップ半分加え
プレッシャークッカーの蓋をして、2回ピ~ッとなるまで
強火で沸騰させてね~
圧力がぬけたら、蓋をあけてクリーム状になるまでぐるぐるかき混ぜて下さい。
(腕力のないマダムは、ミキサーを使ってもいいわよ~)
c0339249_00454100.jpg


    ↓
別のフライパンでギーを熱し、玉ねぎをキツネ色になるまで炒めます。
そこへ↑の葉っぱペーストを入れ、さらにトロミをつけるためべスンを
加え、塩やガラムマサラで味をととのえます。
    ↓
最後にサイコロ大に切っておいたパニールを加えて、出来上がり!

サルソン・カ・サーグはマッキ・キ・ロティ(とうもろこし粉の薄焼きパン)↓と
一緒に食べるのが北インド、パンジャブ出身者のお約束。
c0339249_00454260.jpg


辛いのが好きな方は、青唐辛子の量を増やして調整してくださ~い。
芥子菜が手に入らないときは、ほうれん草で作ってみてね。おいしいよ~
(ほうれん草の場合は、普通のお鍋で作れます。手早く作って
かきまぜるときにミキサーを使うと綺麗な緑色に仕上がりますよ。)
人気blogランキングへ
c0339249_00450327.gif

by neelkamal-archive | 2008-02-26 21:14 | インド料理青蓮レシピ


<< 新たな頭痛の種 変わりゆく予感 >>