人気ブログランキング |

伝統の技・学び続けること

ウダイプールに行くと、必ずのぞくお店があります。
シティパレスのちょっと手前、レイクパレス方面に向かって右手にある
ミニチュアール・ペインティングのお店、Gupta Handicrafts。
奥では絵師たちが制作に励んでいて、じっくり眺めていても文句も言われないし
こんな普通のお道具から、なぜに素晴らしい作品が生まれるのかなぁと感動します。
c0339249_00573126.jpg


じっくり話を聞いていると、先代・先先代もそのまた親も絵師で、
遡ればマハラジャ直属の宮廷絵師だった・・・そういう人が多くて、
画法や題材の研究に余念がなく、更に暇さえあればシティパレスに
あるミニチュアールや、博物館ピースを眺めていると言う彼ら。
歴史の本を読んだりするのも必須事項なんだと言います。史実に沿った
服装や、武器、色使いなどをふまえた上で、伝統的な図柄を守りつつ
合間に新作も手がけるのだそうで。神様の絵や、ムガール帝国時代の
戦いの場面など、題材も数多く、板・紙・絹とキャンバスになる素材もさまざま。

下の作品はそれこそ博物館ピースで、お店の奥の棚に、ビロード張りの
箱入りで収められているもの。虫眼鏡でよ~く観察すると、本当に
髪の毛の一本一本、服のボタンの小さな模様までが細かく描かれています。
c0339249_00573252.jpg


伝統を無視しては描けない逸品。「日本画も、西洋画も伝統の上に
成り立っているものでしょう?」と尋ねられて、たしかにそうだなぁと
納得。更に自然の色<植物や鉱物>で描いたもののほうが、長持ちするんですって。
c0339249_00573216.jpg


何かを学ぼうとするとき、「突拍子もないもの、今までにないものを
いきなり作る」のは難しい、ということ
まずは伝統をよく理解し、それを模倣することから始めれば、逆に
ふとした拍子に新しいものが生まれ出るのだ、ということ
そんなことをミニチュアール絵師さんから教わった日でありました。
c0339249_00573372.jpg


写真はシティパレスの窓から眺めたレイクパレスですよ~
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-09-28 20:45 | 芸術・文化


<< ルパの憂鬱 ヴァサント・クンジ・モール >>