禁酒日

お祭り当日や、選挙の日などインドでは「禁酒日」があります。
Dry Dayと言って、前日の朝刊に写真のような記事がでるので
ノンベェたちはあわてて酒屋に買い物に行くというわけ。
(だったら禁酒日の意味ないじゃん!?って感じでしょ
クリックすると大きくなるので、何が書いてあるかよ~く見てね)
酒屋さんはなんだか怪しい雰囲気で、金網で囲まれている店も
あって、パチンコの景品裏取引所って感じです。
酒屋は女性がワインを気軽に買いに行く……なんて感じじゃないので
お酒購入はもっぱら男性の仕事。
c0339249_15553317.jpg


酒屋さんでは量り売り部門が大盛況で、なけなしのお金でコップ半分
ウィスキーを買って帰ってる人なども見かけます。パーティでも宗教により
禁酒のパーティがあるので、インド人のパーティにおよばれの時には
そのへんもチェック!!イスラム教徒やジャイナ教徒は禁酒。
グジャラート州は禁酒州だし、ホテルでもお酒は出してくれません。
ヒンドゥ教徒でも火曜日のパーティは菜食の場合が多いし、
これまた出身地・宗教・カーストにより様々ですから、同じパーティに
参加するインド人から前もって情報収集しておくことをお勧めします。

一度アグラでとある結婚式に招待され、はるばるデリーから出かけ
きんきらサリーに着替えて参列したところが、出席者は村人だらけで、
椅子の上でうんちんぐスタイルで座ってるおばあちゃんあり、
ゴム草履の人あり、みんな出された料理の骨をぺっぺと床に捨ててるし、
「ひぇ~~っ、サリーが汚れる~」「何でみんなじろじろ見るんだよぉ~
日本人見たことないのか~?」と叫び続け、
ホテルに帰って本当にホッとした思い出があるので、
それ以来パーティや結婚式の事前調査は慎重な私。

…ってなわけで、インド旅行中運悪くドライデイにあたることもあるので
新聞はしっかり読んでおきましょう!!
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-08-31 21:35 | インドの摩訶不思議


<< 5歳・インド映画館デビュー そろそろ結婚式シーズン >>