人気ブログランキング |

お祭り済んで。

c0339249_15561326.jpg


夕べは近所のインド人たちとディワリの花火。
毎年派手な打ち上げ花火を山ほどあげる家族が住んでいて、本当に
すごいのです。インド人家庭ではディワリ当日は暗くなって、
プージャ《お祈り》が終わったら食事、その後は頃合を見計らって
みんなで外に繰り出し「花火大会」で大騒ぎ!!
爆竹を一晩中鳴らすひともいて遅くまで賑わいます。
日本なら安全基準問題で市販が禁じられているような大玉花火まで、
普通に売られているのにはちょっとびっくりします。(写真左手は
「打ち上げ花火」おっかなびっくりで写真を取りました。右手は爆竹の「残骸」)
   
一昨日くらいから、ピンポ~ンと玄関ベルが鳴るので出てみたら
郵便配達のおじちゃんや、ゴミ収集のお兄ちゃんたちが来訪。
日本の「お年玉」感覚で、お手伝いさん、運転手さん、
ゴミ収集業者や郵便局員さんにもちょっとしたお小遣いを
渡すのです。使用人がこの時期に里帰りをする場合には
お土産も持たせて…メイドさんにはサリーなど現物支給する
お宅もあります。(最近はメイドさんも現代的な性格の人が多くて
「マダム、サリーはいらないからプレッシャークッカーくれ」だって。)

ディワリは通常4日間の行事です。
初日はDhanteyraで新しい食器や鍋を買いに行く人が多く、
金物やさんが賑わいます。
ディワリギフトとして食器や鍋類も人気の商品。
次の日はNarak Chaturdashi 小ディワリ、5~7個ののディヤを灯します。
3日目がディワリ当日。ディワリの日はビジネスは延期、
ギャンブル運をためすため、賭け事をする人も多いそうな。
家族でトランプゲームに興じる人もいるんだって。
4日目がバイヤドゥージと呼ばれ、女性は兄弟のおでこにティラクをつけ、
甘いものを食べさせ、花を捧げます。
今年はディワリに引き続き、イードが11月4日になってて、その後週末に
かかるので、お休みが取りやすかった会社も多いのでは??

息子のクリケット教室も、通常通りなんだか休みなんだかわかりませんが…
コーチがきちんと通達しないのもまた、インド的???
昨日渡した「ディワリのお小遣い」で深酒でもしたのか、運転手さんは
時間になっても出勤して来ません。ま~いいか。
人気blogランキングへ
by neelkamal-archive | 2005-11-02 14:38 | インドの祝祭日


<< 心からの贈り物 ハッピー・ディワリ!! >>