人気ブログランキング |

カテゴリ:ファッション( 71 )

キラキラが止まらない~

着ていく洋服を決めてから、アクセサリーや靴や
バッグを選ぶ・・・という方は多いと思うんですが
私は逆パターンが多いです。

たとえばサーリー。お店でこの丸いビーズ飾りを
見つけたところから始まるのです。(笑!)
このブラウスの背中の紐の先につける飾りのことを、ヒンディー語で
「ラトカン」(ぶら下がっている物、の意)と言います。
これを使いたくて、同じ色のパイピングを買い、ブラウスの色を
決め、最後に着ていくサーリーを選びました。あははは
c0339249_23595766.jpg

ゴスペルサークルのコンサートで使用したゴールドレースの
ストールの先にも、衣装の色・黒にあわせて黒Xゴールドの
ラトカンをつけましたよ。
c0339249_23595812.jpg

紐の先などに取り付けるものですから、2つペアで
売られています。お値段もピンキリ。
え~~い、まとめて買っちゃえ~ って気になるのも
インドならでは!!そんなに買って何するのよ~って思うでしょう?
c0339249_23595868.jpg

これこれ、こういうディワーリーのときに使う
玄関飾り(トーランと呼ばれる暖簾 X 注連縄のようなもの)
を作るのですよ。これは一昨年の作品ですが
ブルーポタリーのビーズも使っています。
c0339249_23595978.jpg

ディワーリー当日にはこんな感じで、プージャー(お参り)の
セッティングの壁飾りとして使うのですが、プージャーが
終わったら、玄関扉に取り付けます。
c0339249_23595918.jpg

去年のは赤と緑でしたっけ。
あわせてリボンを買ったりするのもまた、楽しみなのです
c0339249_00000041.jpg

日曜日のメーラー縦走でディワーリーに必要な
デコレーショングッズなどはそろったので、あとは
ナッツやらフルーツやらお菓子類を買わねば。

でも、ディワーリー前の渋滞も始まっているので
お出かけ時間を吟味して、要領よく出かけねばね~
(ディワーリーを境に帳簿を新しくするので、
この時期は未収金の集金人やら、親戚友人への
ディワーリーギフトを配り歩く人が多かったりで、やたらと
車が増えるんですよ。まさに日本の師走さながら。)

なんとなくみんな浮き足立っている感じの今日この頃です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23595249.jpg

by neelkamal-archive | 2013-10-29 01:08 | ファッション

ムンバイに行っちゃったイベント・VOGUE FNO

一昨日頼んだので、まだまだ来ないだろうな~と思っていた
商品がもう届いて、毎年恒例の限定Tシャツをゲット!

毎年世界各国で開催されている「ヴォーグ・ファッション・ナイト・アウト」の
限定版。(ヴォーグ・ファッション・ナイト・アウトは
2009年、アメリカ版「VOGUE」のアナ・ウィンター編集長の
呼び掛けにより始まったイベント。ファッション業界の支援と
景気回復のきっかけ作りを目的に、同誌を発行する19カ国で同時開催。
東京では9月7日に、ムンバイは9月5日に開催済み)

毎年取り扱い業者が変わるので、今年はどんなかな~と
思っていたら、箱入り+ビニール袋の頑丈包装で届きました。
c0339249_23585279.jpg

毎年注目のデザイナーがデザインを担当するこの
Tシャツシリーズ。今年は人気デザイナーの一人で
ボリウッド女優さんにも根強い人気のサリーなどを作っている
サビャサチ・ムカルジーの作品が出てまして。

c0339249_23585259.jpg

どうです~、マハーラージャーとマハーラーニーTシャツ!
前身ごろは白で、後ろ身頃は黒地なんです~
↓↓ 下の写真の右手のがバックデザインね。

そして、開催地をムンバイにうつしての第一回目ですから
ムンバイらしいデザインのシャツも登場。
ダッバーワーラー(お弁当の宅配業者)の図柄ですよ。
c0339249_23585269.jpg

そんなわけで今まではデリーのDLFエンポリオで開催されていたので
我が家から歩いてでもいける距離でしたけど
会場がムンバイのPalladiumに移っちゃいましたから~
またデリーに戻ってきてくれる日まで、通販で欲しいものをゲットするとしましょう。
ちなみに過去のファッションズナイトアウト、インド版の
Tシャツデザインはこちら↓↓で。
2012年版
2011年版

本日の オ マ ケ
LINEのインド版で無料配布しているステッカー。
これを機会にいろんなインドスペシャルステッカーが出るといいな~
c0339249_23585308.jpg

嬉しくてスタンプをあちこちに送りつけています。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23552401.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-08 01:06 | ファッション

ルンギ(腰巻布)、表舞台へ

「ルンギ」って男性の腰巻布のことで、普段着仕様。
私はブルー系のチェック模様を一番にイメージしますが
色、柄ともさまざまなコットン布です。
あらかじめ筒状になっているものもあれば、一枚布もあり。
c0339249_23562507.jpg

これとは別に白地のものは「ドーティー」と呼ばれます。金糸の縁つきのものも。
どちらも「腰巻」布なんだけど、ドーティーは公式の場に
着用できるのに対し、ルンギはあくまでも普段着&寛ぎ用&寝巻き用。
↓ 機織機に縦糸をはって、これからまさにルンギを織るところ。
c0339249_23562510.jpg

そんな普段着仕様のルンギが、最近ファッションの表舞台へと
登場しているのです。
インドファッションウィークの注目デザイナーでもある
アニータ・アローラ(ブランド名はPero)の作品も、
身頃上部意外は柄違いのルンギ布。
c0339249_23562586.jpg

image C)Pero by Aneeth Arora

そして、私の大好きな生活雑貨セレクトショップ
AKFD Anantayaでもルンギ布を使った日本風
エコバッグを販売しています。(ここのディレクターは
あの、IGIのムドラーと銅版のデザインを手がけた人)
c0339249_23562536.png


前回のインド・ファッション・ウィークでも、アニータ・アローラからは
こんなルンギ布使用の可愛いカバーオールが出ていました。
Peroブランドの服は、ちょっと森ガールっぽいですが
セレクトブティックOGAANで取り扱っていますよ。
c0339249_23562652.jpg

image C)Wills Lifestyle India Fashion Week
もうひとつ、同じデザイナーさんの作品で、サリー布を
使ったこんな可愛いのもありました。
c0339249_23562611.jpg

ルンギにしても、ガムチャ(手ぬぐいの倍くらいの大きさの、
普段使いタオル)にしても、うまく使えばオシャレに見えるもんだね~
赤いチェックのガムチャとか、女の子の夏服作ったら
絶対可愛いのができると思うんだよね~

・・・・とひとごとモードなのは、すでに暑くなったデリー
ミシンかけたくない季節に入ったからなのです。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23552860.jpg

by neelkamal-archive | 2013-03-24 00:23 | ファッション

ぐふふ・・・・な「Tシャツ」

なんかこれを「ファッション」カテゴリーに
入れるべきかどうか、一瞬考えましたが ま いいか。

ワタシの大好きなブランド、1469のことは
ず~~いぶん前にご紹介した記事やら→コチラ
日本へのお土産に面白いですよって書いた記事やらが
ありましたが、いまだにやっぱりここは私のお気に入りです。
Tシャツの質がなかなか良いのももちろんのこと
ショップタグにすっごいインドチックな「オリジナル栓抜き」が
ついてるのが、またツボなんですよね~’

最近のヒットはこちら。
c0339249_23552972.jpg

この店のオーナーさんがスィク教徒で、Tシャツやグッズにも
パンジャービー語がてんこ盛りなところがまたツボなんですが
sadda tabbar って、「われら一族」みたいなニュアンス。
一族郎党のイラストがあり、全員の名前が書いてあります。
あ~~、いるいる、こういうパンジャービーの一族!!って
思わず一人で ぐふふ・・・・

もうひとつは これ
c0339249_23552960.jpg

ターバン巻いたスィク教徒のタクシー運転手さん。
これも、「あ~~、いるいる!こういうタクシードライバー!」でしょ。

1469のこ洒落たところは、随所にちょこっと手がかかっていて
ポイントに刺繍がちょびっと使われているところ。
上のスィク教徒家族のイラストをアップにしてみると~
c0339249_23552956.jpg

ね、ターバンにちびちびっと刺繍してあるでしょ。

それから、タクシーバージョンのタグはこんなのが付いてます。
c0339249_23552981.jpg

パンジャーブという地域の名前はサンスクリット語と
ペルシャ語が由来で、 panjがサンスクリットの 「5」
Āb がペルシャ語で「水」・・・・つまり
「五つの川が流れる地」ってことなんです。
その五つの川がBeas, Sutlej, Ravi, Chenab,Jhelumで
↑ タグの下にその川の名前が織り込まれているんですよ~

こうやって、ひとつひとつの小技(?)の由来がわかると
なおさら楽しめる、1469の製品なのです。

1469でワタシを「日本人セールス部長」に雇ってくれないかな。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします~
c0339249_23552939.jpg

by neelkamal-archive | 2013-02-10 02:23 | ファッション

インドの手仕事 ザリ刺繍

先日のランチパーティに着ていったサーリーのことで
どこで買ったのか?なんという刺繍か? などなど
沢山のお問い合わせ(?)が舞い込みまして。

もう10年以上前に買ったものなので、年季が入ってるけど
ベルベット素材のブラウスを共刺繍で作ったので
冬場は出番の多いサーリーです。
c0339249_23551898.jpg

これは、ザリ刺繍という手法でインドやパキスタン、ペルシャなどで
サーリーやレヘンガーなどの衣類の装飾に使われるほか、
モスクやお寺への寄進物・奉納物として使われることもあります。
そう、エンブレム・優勝旗・緞帳などにも使われるあの刺繍手法と同じですね。

ザリとは、細いワイヤーにコイル状になった金属(銀糸に金糸、コットンの芯糸に
銀糸など)を巻きつけた糸やモールのことを指していて、そのコイル状の糸をを
細い編み針のようなもので、布地にとめつけていくのです。
このようなザリ刺繍につかう糸や加工品はグジャラートのスーラトという町の
特産物となっていますが、ウッタルプラデーシュ州ラクナウーなどでも
作られています。(↓↓こちらはパーティ用バッグ)
c0339249_23551986.jpg


もともとインドへは12世紀にトルコ・アフガン系スルターンによって
もたらされたといわれていて、当時からムスリムの優秀な職人さんが
活躍していた業界です。アーグラーにもザルドージー刺繍の工房が
あり、すばらしい壁掛けなどが作られているんですよ。(↓↓アーグラー製)
c0339249_23551908.jpg

同じ手法がクリスマスオーナメントにも使われています。
このような細かい刺繍技術を持った人が豊富にいるインドは
世界中のオートクチュールハウスの注目の的。
c0339249_23551933.jpg

ザリ刺繍の工房はこんな感じ↓↓です。
編み針のようなもので、目にも留まらぬ速さで
刺繍をしているのがご覧いただけますよ~~


この刺繍、お相撲さんの化粧回しにも使われますよ。
道理でお相撲さんみたいな体型だって~~!!??

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_23550649.jpg

by neelkamal-archive | 2013-02-02 01:17 | ファッション

体系カバーにもってこい。w

インドを代表する衣服といえば「サーリー」ですよね。

そのサーリー、一枚の布にドレープを作って
巻きつけて着るのですが、ドレープの作り方や
肩にかける部分(パッルー)のたらし方で、地方色が出ます。
以前のサーリー記事はコチラ

一枚布以外に、ペチコートとブラウスが必要なのですが
ブラウス用の布は、サーリーの端っこについていますので
その部分を切って、テーラーさんに持ち込んで、自分のサイズで
ブラウスを縫ってもらいます。
ペチコートは木綿のものが紐がぎゅっとしめやすくて、
着ている間にずれたりすることもなく、着易いです。

c0339249_01005965.jpg

ブラウスはこんな感じ。ビーズ刺繍つきのサーリーには
同じビーズ刺繍の「袖用の部分」がついた
ブラウスピースがついています。パーティ用サーリーには
ブラウスの背中部分にビーズ刺繍がついたものも。

胸の大きなインド女性、どんな体系の人にも合うように
ブラウスの前面部分には「ダーツ」がたっぷり入っています。
(下の写真のオレンジ部分はすべてダーツ)
そして、留める部分はホック式。(↓ブルーの部分が中心
ここではわかり易いように、ホック部分を折り返しています。)
c0339249_01005948.jpg

背中のくりや、前のあきはハート型にしたり、四角にしたり
深め、浅めとテーラーさんと相談しながら変幻自在。
同じく、袖も長めだったりキャップスリーブだったり、
ノースリーブだったりでお好みで。

写真のはシルクシフォンで、裏地をつけてもらっていますが
裏はこうなっています。これは脇下と脇身頃部分。
c0339249_01005955.jpg


つ~~ま~~り~~
ピンクの斜線部分はまだ「伸ばせる」わけですよ。
左右3センチずつ、前後あわせて合計12センチ。

つ~~ま~~り~~
腹回りがあと12センチ太ったって、
二の腕があと6センチ太くなったって
このブラウスで対応できるってわけ! ぐふふ

・・・・と喜んでいたら、すかさず夫が
「普通の日本人だったら”ブラウスが入るように痩せよう”って
思うだろうね。アンタは逆の発想で行くかぁ~~!?」だってさ。
いいじゃん、インド人のおばちゃんたちと同じ路線で行くさぁ。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_00564446.jpg

by neelkamal-archive | 2012-11-18 01:48 | ファッション

密かな楽しみ

ジャイプルに行くと、ついつい立ち寄るお店。
お店の端から端まで布がたんまりあって、
布を眺めるだけでワクワク気分になれる店。
輸出用のプリント布などを作っている会社なんだけど
ツーリストも利用するので、紳士物から婦人ものまで
一通り揃うのも有難いところ。

今回は同行者全員が見本を持ち込んで、好きな色&素材で
オーダー体験。夕方頼んだのに、夕食終わるころには
ホテルに届けてもらえるというスピードは、観光業で成り立つ
ジャイプルならではのサービスなのだ。
テーラーさんだけでなく、宝石屋さんのお直しも同じく。
早い、しかも仕事が綺麗とあれば、言うことなしよね。

クライアントがパンツやワンピースや紳士用シャツなどを
オーダーしている間、私はプラプラと店内を物色。

そしたら、私に「買って~~!デリーに連れて帰って~!」と
訴えている柄を発見。(・・・ってなんかいつものパターン?)

だって、青蓮模様のブロックプリントなのよ。
こういうこともあろうかと、車に積んでおいたお気に入りの赤いブラウス
某GA◎のセールで買ったものを見本に作ってもらいました。
c0339249_00590399.jpg

布代+縫製代(スピード仕上げ手数料込み)で
600ルピーほどで好みのものができるって、嬉しいじゃありませんか

お店はアンベール城からジャイプル旧市街にむけて下った通り
トライデントホテルやホリデイインなどの近く。
Satguru
36 Jagdish Colony, Mout Rd
(Near Ramgarh Mod)

これも私の「ジャイプル行き」の密かな楽しみなのでございます。

今日も応援クリック ポチッと↓ よろしくお願いします。
c0339249_00550895.jpg

by neelkamal-archive | 2012-08-17 01:45 | ファッション

インドチックな浴衣はいかが?

2月末に行われたデリー・フリーマーケット
まずはインド柄の手ぬぐいと、バッグとに突進した私でしたが
実は「インドチックな浴衣」も気になっており。

昨日「デリーくりえいてぃ部」のメンバーたちのミニ会合だったので
浴衣のデザイナーさん(月刊Chaloで神様まんがの連載をしている
あの方ですよ)にお願いして、見本を持ってきてもらいました。

2WAY YUKATA=二部式浴衣というだけでなく、
上下別々にも利用できるという優れもの。
下はちゃんとダーツがとってある「巻きスカート」式。
c0339249_00580671.jpg


矢印部分に穴があるので、ここに紐を通してくるりんと
巻いて、結ぶだけ。
c0339249_00580750.png


インドらしいブロックプリンティングやロウケツ染めっぽい模様など
いろいろあるので、Tシャツに合わせて、付属の兵児帯を
ドゥパタ(スカーフ)代わりにすれば、可愛い巻きスカート仕様に。
c0339249_00580826.png

ボーダー柄を生かして、裾部分とおはしょり部分に模様がくるように
なったものもあり(写真右手)、可愛かったですよ~
兵児帯のはしっこのスカラップ刺繍がまた素敵で、玉虫色なので
見る方向によって変化が楽しめるのもポイント高し。
c0339249_00580992.png


着付け簡単なので、子育て中のママたちにも手早く着られる!
洗濯機で洗えるので、メンテナンスも楽々。
菊の花模様(↓左手写真)などもあったのですが、フリマで売り切れてしまったんだって。
c0339249_00580995.png



まだまだこれから、柄やサイズも増えるとのこと。
2枚目、3枚目の浴衣として、活躍しそう。
和食レストランのユニフォームにしても可愛いよね。
外国人のお友達へのギフトにもなりそう。

実物を見てみたい方は、コチラ を通じて
デザイナー本人にコンタクトしてみてください。

・・・・というわけで、ちょこちょこ「作戦会議」を重ねつつ
8月ごろには「デリーくりえいてぃ部」の発表会を目論んでおります。
お楽しみにね。

今日も 応援クリック ポチッと↓ お願いします。
c0339249_00564016.jpg

by neelkamal-archive | 2012-04-28 00:40 | ファッション

インドファッションウィーク 2012秋冬編

先週のことになりますが、2月15日~19日に恒例の
Wills Liestyle India Fashion Week (WLIFW)が
開催されました。
メイン会場のプラガティ・マイダーンの他、オフサイトショーで
クトゥブミナール近くのBlue Frogや(Tarun Tahiliani)
ジャンパトゥホテルの中のCIBOが(Rohit Bal)その日の
ファイナルショー会場として使われたのも特筆事項かな。

秋冬ものですから、色目が地味なのが多くて、どうしても
カラフルなのに目をひかれます。でも、バイヤーさんたちは流行を
先取りして買い付けしないといけないから、大変ですよね。

ボリウッド映画の衣装などを数多く手がけるマニーシュ・マルホトラ
c0339249_00561715.jpg

可愛いなぁ・・・と思ってたら、モデルさんは前に某●本航空のカレンダーに
登場したマナスヴィちゃんでした。

手堅いインドの手仕事を手堅く使ったドリー・ジェイ(Dolly J)
c0339249_00561783.jpg

カラフル服が可愛かったアヌパマ・ダヤル(Anupama Dayal)
靴もオリジナルスニーカーで、目だってましたよ。
c0339249_00561756.jpg

前回の春夏のショーでもこれは日本人ウケするだろうなぁと思った
タンヴィ・ケディヤ(Tanvi Kedia)
c0339249_00561994.jpg

海外のバイヤーさんたちがインドに期待するものって
やはり「インドらしいオリジナルテキスタイル」や
「インドならではの細かい手仕事」、「色使い」ですよね。

「アンジュ・モディ(Anju Modi)」は
遠目で見ると地味ながら、金糸銀糸の織り込み布や
刺繍をふんだんに配した服、サリーのドレープを活かした
ドレスなどが注目でした。
c0339249_00562169.jpg

そして個人的にもっといっぱい近くで観たいなぁと思ったのは
ヴァイシャリー(Vaishali)というデザイナーさんのもの。
白一色のように見えますが、絞りが施されていたり、
端に織り模様があったり、他にも貴重なジャムダニー織りを
贅沢に使った服がありました。
c0339249_00562116.jpg

パントーンによると今年の注目カラーは元気の出そうな
タンジェリン・タンゴ(オレンジ色)だそうですよ~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_00562191.jpg

by neelkamal-archive | 2012-02-20 17:34 | ファッション

びっくり!!なインド靴

インドの靴・・・というと皆さんやっぱりマハーラージャーチックな
先がくるんとカールした皮の靴とか(エアインディアのマハラジャくんみたいな)
はたまた女性用だとこんなビーズ刺繍のとか↓
c0339249_00561394.jpg


シンプルな手縫いの技が光る、コラープリチャッパルとか
c0339249_00561321.jpg


デザイナーもののビジューつきチャッパルとか
(チャッパルとは、ヒンディ語でサンダルのことです)
c0339249_00561477.jpg


・・・・・をまずイメージしますよね。
デザイナーもののチャッパルは別として、手縫いのチャッパルだと
350~400ルピーくらい、一番上の金色のや☆デザインのだと
値切って200ルピーくらい・・・・ビーズ靴は合成皮革か本皮かで
多少お値段がかわりますが、まぁ700ルピーとか。

そんなインド靴業界(?)ですが、最近ではデリーでも
TOD'S やら Jimmy Choo やらが、エンポリオモールに
お店を構えていて、ちゃんとインド人顧客をつかんでいる模様。
ジミーチュウのこのデザインなんて、入ったらすぐ売り切れたって。
\ (◎o◎) /
c0339249_00561495.jpg

・・・・・・・・これはもはやインドの一般道を歩くことは
想定してませんよね、もちろん。
ラグジュアリーホテルでのディナーやファッションショーのフロントロウで、とか
サーバントさんが山ほどいる、バトラーつきのお家に住んでる人などが
履いてるのかしらん。
フェラガモもできたし、BALLYもオープンしたことだし、すごいなぁと思ってたら
もひとつすごいことに。
c0339249_00561438.jpg

クリスチャン・ルブタンがとうとうデリーにオープン!な招待状↑
カードにもマハラジャチックな宝石がデザインされているあたり、かなり
インドを意識した商品展開をするものと思われます。
たとえばこんなオリジナルデザイン↓
c0339249_00561413.jpg

名づけて「ボリウッド・ピンク」ですって。
インドの手仕事がばっちり入ってます。すげ~~・・・ってか、このカカト!!

やっぱり私は200ルピーのチャッパルでよござんす。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。 (人∀・)
c0339249_00561450.jpg

by neelkamal-archive | 2012-02-17 01:32 | ファッション