カテゴリ:雑貨( 41 )

フェアトレードの民芸品

先日ご紹介したバラタ・ナーティヤムの学校
Ganesh Natyalayaがあるのは、デリー南部の
クトゥブ・インスティテュート・エリアという地域。
その名の通り、大学や各種学校、政府の役所や
国立学校(ケーンドリヤヴィッディヤラヤ)本部などがある地域です。

そこに私が好きなフェアトレードのお店がありまして。
曲がり角の、目に付きにくいところにあるので
見つけられなかった・・・・という方もいらっしゃるのですが。
Kala Aparajitaは低所得の職人さんたちの自立を
促す目的で運営されているお店。
オリッサ、グジャラート、ジャンムー&カシミール、
西ベンガル、ラージャスターン、インド東北部などの
民芸品が置かれています。

先週買ったものは、トレー(グラストップで、間に
ブロックプリントの布がはめこまれています。750ルピー)
c0339249_23575944.jpg

涼しげなガラスのナプキンリング。
ポチポチとかわいい加工がしてあるのに、なんと
ひとつたったの50ルピー。
c0339249_23575938.jpg

そして、いつも決まって買うのはこれ。
とてもよい音色のドアベルなんですが、ひとつひとつ
手作りなので、ひとつとして同じ音色のものがないのです。
いろんなデザインがありますが、私のお気に入りは
この「ディヤ(灯火)」の模様。
c0339249_23575911.jpg

Kala Aparajita とは Invincible Artのこと
つまり「無敵の芸術」とでも申しましょうか
インドの職人さんが作る民芸品は、何にもかえがたく
貴重である、ということ。

フェアトレード価格で売られている、
何かしら掘り出し物がみつかる、
というのもお気に入りの理由にひとつ。

でもね、海外輸出が主なので、時期によっては
とっても品薄なことがあるのが玉に瑕。
しかも夏の暑い間はお客さんも少ないとあって
蜘蛛の巣がはってたりして。「掃除しようよ~
こんなとこに蜘蛛の巣がはってたら、買い物する気が
失せるよ~」ってマネージャーさんに言っときましたから
綺麗になってるはず。笑

世界各国輸出先のクリスマスマーケットにむけて
来月・再来月と各地に仕入れに行くそうなので、
9月末~10月が新商品充実のねらい目だと思います。

どうせ買い物するならフェアトレードものを。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23553206.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-07-24 02:15 | 雑貨

イベント目白押しの週末

ひと雨ごとに涼しくなってきているデリーですが
ちょこっと雨が降ると、道路が冠水するんですよね~
というのも、道路わきの排水溝が整備されていないから。
雨水がいつまでも残っている・・・ってことはデング熱の蚊の
温床になるってことですもんねぇ。

そういえば昨日のニュースには、日本とタイの合同チームが
デング熱の抗体開発に成功したとの記事がありましたね。
早く実用化してほしいなぁ。

さて、この週末はあれこれ楽しげなイベントがありますよ

まずはデリー在住日本人デザイナーさんのブランド Hi to Miの
ミニショップがYasu Craft さんで開催中
ヒンディー語マグやら、2Way浴衣やら、あずま袋やら新作もありますよ
c0339249_23574270.jpg


営業時間:10:30~18:30
期間:7/11(水)~7/16(火)
場所:ヤスクラフトさん(スルターンプル・メトロ駅近く)


グルガーオンのEpi Centerでは
Rakhi & Teej Bazaarと銘打って、ラキーのお祭りや
ティージというブランコ祭りの時期にあわせての服・雑貨などの
バザールが開催されます。(↓↓ バナーをクリックすると
大きいサイズで閲覧できま~す)
c0339249_23574347.jpg


デリーでは #DELHI SUMMERというイベントが。
カーン・マーケットの内側の通りにあるBlancoという
お店で、今注目のデザイナーさんやらアーティストが
展示販売を行います。もちろんBlancoでの
飲食もあり。こちらは営業時間が午後から深夜1時までなので
夕食がてら、ちょっとお買い物・・・・なんてのも可能。
ニューヨークのSOHOみたいな雰囲気、だなんて紹介されていたら
そりゃ行ってみたくなりますよね。
c0339249_23574397.jpg


ちょっと暑さがやわらいだとたん
私の中の「出歩き虫」がモゾモゾするの~。
また「毎日お出かけ子ちゃん」に復活する日は近い。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23563106.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-07-12 00:58 | 雑貨

手前味噌ですが

ブログに雑貨やアクセサリーの画像を載せると
「どこで手に入りますか?」と尋ねられます。
長年のインド暮らしで蓄積した「ここはハズレなし」という
お店情報は、実は仕事を通じてどんどん情報を放出しています。

布関係(ブロックプリント)だったら、去年のKu:nelとか。
c0339249_23572036.jpg

c0339249_23572082.gif

*****************************
インド雑貨系はFIGAROのムック本、VOYAGEの
インド・ベトナム編に。特にジャイプルのお店は
おすすめを網羅していますから、これからジャイプルに
行こうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。
c0339249_23572022.jpg

あっ、ひとつだけ注意事項が。
このFIGAROに載せてるブルーポタリーのお店よりも
もっと良い所があるので、これは情報をアップデートしたい。
絶対におすすめのお店は NEERJA INTERNATIONALです。
多分運転手さんたちが、どこにあるかわからない・・・・と
言うと思うので、電話して場所を確かめてから行ってください。
Neerja Internatilnal
Jacob Road, Civil Lines, Jaipur
T: +91-141-4112609 or +91-98290-52646 

我が家に遊びに来た友人たちが、これ↓↓や
c0339249_23572035.jpg

↓↓これ を見て、どこで買ったの?って聞くんだけど
うちにあるブルーポタリーはすべてニルジャ・インターナショナルのものです。
c0339249_23572054.jpg

和食を盛っても、サラダを盛り付けても映えるので
インドのお土産に、おすすめですよ。
c0339249_23572021.jpg


デリーはついに気温40度の日々に突入。
冷房が苦手な私は天井扇+首に保冷剤スタイルで
凌いでいますが、ジャッキーのこの姿↑↑を見て涼しそうなんで
真似して大理石の床にぺったりはりついてみたりしています。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23572061.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-05-09 01:20 | 雑貨

新シリーズ登場 @Play Clan

本日プレイクランの広報担当者から届いたばかりの情報をお届けします。

インドをモチーフに、デザイナー集団が発信を手がける
キッチュなブランド、プレイクラン{Play Clan}
今までにも「サリーシリーズ」や「ジョードプルシリーズ」
「バラナスィシリーズ」更には「ジャパンシリーズ」などの
一連の商品を送り出しておりましたが

一番新しいシリーズは その名も「Bhasha」バーシャー
つまり「言語」シリーズってこと。
各地の言語のタイポグラフィーが、その言語使用者の中で有名な詩人や
文化人の文章を使って「デザイン」として蘇っています。
多言語の国、インドならではのアイディアだなぁとなんだか嬉しくなりますね。

いろんな業界やさまざまな国への「仕掛け」がとっても上手な
プレイクラン、今回のこのシリーズはOxford Bookstoreとの
コラボ商品となっています。ですからプレイクランのお店だけでなく
このラインについてはオシャレな本屋さんとして有名な
Oxford Bookstoreでも買えるというわけ。

たとえばヒンディー語
「小説の帝王」と呼ばれる文豪ムンシ・プレームチャンドの文
逆境は人を鍛える。その経験は決して学校では学べない。
c0339249_23570448.jpg

ウルドゥー語では、ムガール時代の偉大な詩人ガーリブ
(ミルザー・アサドゥッラー・ベーグ・カーン)の墓碑に刻まれた有名な
カプレット(2行連句)が。
Na tha kuchch to Khuda tha,
kuchch na hota to Khuda hota
duboya mujhko hone ne,
na hota main to kya hota

"When nothing was then god was there;
had nothing been, god would have been,
my being has defeated me, had I not been what would have been?"

ベンガル語は言わずとしれたノーベル文学賞受賞者
ラビンドラナート・タゴール(インド国歌の作詞者でもあります)の詩より
君の呼び掛けに、誰もこたえないならば
君よ、我が道を一人往け

c0339249_23570568.jpg




・・・・といった具合。他にもタミル語やマラーティー語バージョンがあります。
それぞれ画像はクリックすると大きくなるので、もっとじっくり
文字が見たい方はクリックしてくださいね~
c0339249_23570679.jpg


グラフィックスを上手に使ったインドらしいお土産として
はたまた自分用としても欲しいかも。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23555690.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-04-26 00:33 | 雑貨

布好きさんへ

季節ごとにインド各地の民芸品や雑貨、布類の
メーラーを開催しているダストカール・バザールの
夏編開催中です。

場所は前回と同じくアンデリア・モールの
Kisan Haatにて、入場料は20ルピー。
↓↓ このフライヤー画像をクリックしたら大きくなるので
詳細ご確認ください。
c0339249_23565811.jpg



今回は「布」に特化しているので、布好きな方は
必見ですね。5月・6月のデリーの酷暑期に
日本への一時帰国をひかえている方は、お土産を
探すのにも良いですよ。
日陰ができるように会場設営されていますが
できるだけ午前中か、夕方のほうが暑さを気にせず
お買い物できるかも。

私は薄手のコットンサーリーを見に行こうかなっと思っています。

あ、そうそう、帽子・サングラス・飲み物持参でね。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_23553206.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-04-20 01:37 | 雑貨

それは「Value for money」ですか

最近物価上昇著しいインド。
特に都市部では、ちょっと出歩くと1000ルピー札が
まるで100ルピーの価値しかないかのように消えて行きます。

そんな中、日本への一時帰国のお土産を探している・・・という
話を先日書きましたが、そのお土産ははたして喜ばれるのか?
ってこと以外にも、「本当にお買い得なもの」なのか
「品質に見合った値段」なのか
「ぼられてない」のか・・・・・気になりますよね。

それを作るための設備投資にお金がかかっているとか
品質管理がきちんと行われている品物だとか
店のデザイナーが外国人だったりする場合には、少々お値段が
高くても納得できます。「そこでしか買えない」っていう
特別感のある品物だったらなおさらね。

そんな「納得のいくお買い物」ができそうなイベントを発見。
c0339249_23565497.png


一日だけ個人のお宅の最上階とバルコニーを開放して、
3LDKくらいの広さの場所に20ほどの大小さまざまな
個人商店、デザイナーブティックが勢ぞろいしていました。
c0339249_23565493.jpg


オーガナイザーはtajstyleのフランス人デザイナーさん。

いつもやっている子供服のミニ・メーラーなどでおなじみの
ブランドもいくつか出店していました。(Masala Teeとか
Chipkaliとか。ハウズ・カースのブティックLola's Worldで
取り扱っている商品が多いです。デリーに住んでるフランス人の
まさにオシャレな「フレンチ・コネクション」ですね。)

本日の納得のお買い物は、tajstyleのお財布とポーチ。
c0339249_23565484.jpg

宝石柄のお財布は宝石好きな友人へ、ポーチはデリーの
代表的な観光地がプリントされているので、もとデリーマダムへの
お土産に。

そして、この刺繍の巾着袋。ランジェリー入れだって
店員さんは言ってましたが、可愛いオートリキシャ柄の
「刺繍」入り。これぞValue for moneyな逸品ですよ。
c0339249_23565408.jpg

(仲良しの「インド好き」友人たちへのお土産にするので、
お値段はここでは記載しませんが、知りたい方は
直接聞いてね~。デリー在住フランス人マダム御用達の
刺繍おじちゃんと知り合ったので、オリジナル刺繍の注文会も
可能ですよ。)

これから5月頭まで、こういうミニ・イベントが増えると
思われます。アンテナ張り巡らして、フットワーク軽くしとかなきゃね。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23551577.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-04-17 01:55 | 雑貨

象さん財布

日本人会ボランティアサークルの有志の方々が
出店なさっていた昨年秋のデリー・フリー・マーケットで
買っておいたウォレット。ピンクのは姪が欲しいというので
あげちゃいましたが、シャンパンゴールドはいつの日か
ちょっと加工してみようという目論見がありまして。
c0339249_23555497.jpg


実は今、来月の出張の訪問先を決めて、行程に
はめ込んでいく作業中で、アポイント取ったり
所要時間を計算したりで結構重要な詰めの段階なんですが

そんなときに限って、なんか作ってみたくなったり
・・・・・・・しませんか??

本当は縫いたい服があるんだけど、今手を出してしまうと
他の作業や家事が滞ってしまうので、ミシンかけは封印して~

その代わりに以前ジャイプルに行ったときに買っておいた
ワッペン状の象さんを出しまして(本当は紐で下げられる
クリスマスツリーデコレーション用のものだったらしい。)
Fevi Kwik(インドの瞬間接着剤)でぺったんこ。
c0339249_23555447.jpg

今使っている、Hot Pinkのゴールドのお財布(↓写真の左奥の)が
そろそろヨレヨレになってきたので、換え時かな~って思って。
象さんがついてるものは、なんとなく買っちゃうんですよね。
c0339249_23555698.jpg

なんか可愛い雑貨はないかいな~って
いつもキョロキョロしていますが、なかなかピンと来るものは
ないですね~。なんか見つけたら、またご紹介します~

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_23551577.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-02-26 02:33 | 雑貨

エジプト大使館でラージャスターン気分

しのぎやすい気温になったのは良いのですが
このところデリーはずっとスモッグ+砂埃+路上生活者や
スラム出の煮炊き用の焚き火の煙が全部まぜこぜになって
たちこめていて、空気がすっきりしない日々が続いています。
喉をやられないように、しっかりうがいしなきゃね。

ディワーリー(光のお祭り、お正月に匹敵するインド祝祭日)を
11月13日に控え、あちこちでディワーリー・メーラーが
行われる季節になりました。
先日ご紹介したダストカール・ネイチャー・バザールは
質の良いインドクラフトが適正値段で買えるとあって
かなりの人出だった模様・・って、まだ9日まで開催中ですが。

11月5日から始まるメーラーも多く、中でも私が毎年
ディワーリーに必要なディヤ(灯火)やキャンドルをまとめ買い
するのが、ブラインド・レリーフ・アソシエーション(BRA)の
ディワーリー・メーラーです。11月5日~11月11日開催。

が !! 今年はジャイプルの友人たちから、
「11月5日と6日はデリーに行くよ~」と言われていて ん?
と思ってたら、こんな招待状が届きました。
c0339249_01004879.jpg

Treasures of Rajasthan 「ラージャスターンの宝物」展

初日はラージャスターンの観光大臣ビナ・カック氏と
ジャイプルのマハーラージャー家のディヤー・クマーリー王女が
開会セレモニーのメインゲストだと書いてあります。
会場はエジプト大使館。こんなことでもなきゃ中に入ることはないかも。
こりゃ~、行くしかないでしょ。

朝8時半からのアポイントを一件済ませて、11時すぎに会場に到着。
ちょうどオープニングセレモニーが始まったばかりでした。
とってもフェミニンで控えめなジャイプルの王女様を間近で激写~~!(←←ミーハー)
ピンク+紫のサリーがプリンセスです。中央はカック観光大臣
右手はエジプト大使令夫人。
c0339249_01004940.jpg


入り口付近には私がジャイプルに行ったら必ず行く
インテリアグッズの店、Anantaya AKFDやら
Hot Pinkが目立つ場所にブースを構えていました。

Ratanも出展してました。(ポンポンスカーフが理不尽に
値上がりしてからというもの、足が遠のいていたんだけど。)
紙ものやら、ラップトップカバーなどやっぱり可愛い品揃え。

Hot Pinkでは可愛い新製品のカード類を。これは
カードとしてではなくて、額装したらインドチックで良い感じだと思う。
c0339249_01004950.jpg

Anantaya AKFD(アナンタヤ・AKFD)では
壁にかけて小物を飾っても良い可愛い透かし模様入りの
ブックエンドや、これまた透かし模様のキャンドルホルダーを。

ここのオーナーさんは、あのデリー空港到着口のムドラー(印相)や
ディスクの総合デザインを担当した方で、NID(国立デザイン大学)
在学中から、もう引く手あまただったというプロダクトデザイナーでもあるんです。
c0339249_01004927.jpg

その他にも、ジュエリーショップやらデザイナーズ・インド服などの
お店がいっぱい出ていました。
こういう質の良いものを揃えたメーラーは、もう少し長い期間
やってほしいなぁと思うのですが、会場が大使館とあっては
2日間が限度なのでしょうかね。

インドの人たちにとってはディワーリーの買い物のための
メーラーでしょうが、ちょうど時期的に年末年始の
一時帰国のお土産を調達するのにバッチリなもんで
今週はあと一回、BRAのメーラーにも行く予定。
(開催場所の前で車を降りようと思ったら、大渋滞で
時間がかかるので、面倒でもちょっと手前で降りて
とことこ歩いて中に入ったほうが、結果的にかなり時間の
節約になりますよ。帰りも運転手さんに降りた場所で
ピックアップしてもらうようにするのが得策です。)

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01000109.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2012-11-06 02:00 | 雑貨

ダストカール・ネイチャー・バザールの戦利品

昨日ご案内したこの秋おすすめのメーラーのひとつ
ダストカール・ネイチャー・バザール
(Dastkarという団体について知りたい方はコチラへ)
初日はまだ全店舗出揃わず、オープンしてすぐだと
ディスプレイが間に合ってない店などもある・・・・と
わかっているんですけど、それでも行くのには訳があります。
(↓↓ オープン時間はとうに過ぎていますが、どんどこ商品を搬入中)
c0339249_01004328.jpg

各店のオーナーさんやメインデザイナーさんが
初日はブースにいる可能性が高い(ほぼ100%)こと。
気になったブースでは、必ずひとことふたこと会話を交わし
ビビっと来たところでは、名刺交換などして。それが余裕を持って
できるのも、来客数がまだ少ない初日ならでは。
c0339249_01004309.jpg

それでも、お目当てのものがあるインド人マダムたちが
続々とつめかけていました。このダストカールのメーラーは
NGO,NPOブースが多いのはもちろん、女性の雇用促進や
環境問題に取り組んでいたりする団体がたくさん出展していて
買い物をすることが、啓蒙活動・援助活動にもつながるのです。

前回もここで可愛いポーチを買ったことがある、Pure Gheeという
ブランド。デザイナーさんと話をすることができました。
c0339249_01004311.jpg

フューシャピンクのシルク地に赤いパイピングのアクセサリーケースと
バッグなどにつけるチャーム(孔雀やオウムの飾りつき)をゲット。
インドならではの色使いです。
手前のレース編みのお花は、別のブースのものですが
冷蔵庫などにつけるマグネットになっているんです。可愛いよね
こんなレース編みを20ルピーで作れって言われたって、絶対無理だし。

こちらの象さんの編みぐるみはKilmoraという団体が
ウッタラカーンド州の山の上、ナイニタール近くの村で
女性たちを指導して作られているもの。
象もインドを象徴している動物ですもんね、これは
インドを忘れずにいてほしい、帰国が決まった方へのプレゼント用に。
c0339249_01004301.jpg

ここでも工芸指導をしている方とゆっくりお話することができました。
熊の編みぐるみも、手織りのウールショールも可愛かったんだけど
それはまた次の機会に。

象さんが入ってる小さい籠は、別のブースで買ったものですが
何に使うかはもう決まっているのでございます。
c0339249_01004392.jpg


パン・ド・カンパーニュを形成するときの、コルブ型のかわりに
使えないかなぁと思っておためし。成功したらご報告します。

他には、オリッサ州伝統の「彫刻」技術を駆使した
透かし彫りのアクセサリーや、パッチワークで作られた
湯たんぽケース、大皿料理が映えそうな陶器類なども
ねらい目です。

初日の恩恵の最たるものは、このダストカールという団体の
代表でもあるライラ・ティヤブジさんとお話できたこと。
c0339249_01004306.jpg

いつも素敵なサリーをさらりと着こなし、手作り感満載の
アクセサリーを上手に合わせていらっしゃるんです。


ダストカール・ネイチャー・バザールは11月9日までの2週間
開催されています。入場料は20ルピー!(2週間有効の
チケットは100ルピーです。5回通うと元がとれる!?)
飲食コーナーも設けられていますが、会場が広いので
歩きやすい靴で「帽子」と「日焼け止め対策」は忘れずに。

さて、「自分用」に何か買いますか
それとも「一時帰国のお土産用」に??

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_00555513.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2012-10-27 01:40 | 雑貨

プチ逃避行

28日まで続く、息子の前期末試験。会う人ごとに
「試験、がんばってね」と言われるのですが
日本だったら、親に「試験がんばれ」だなんて言わないよね~
それほど、インドは親が必死に子供に教えているのです。
特にお母さんたちはつきっきり。いよいよ難しくなって手に負えなくなったら
家庭教師や塾・・・という選択肢を考える人が多いようです。

1日目のSocial Science(歴史・地理・公民)が本当に
試験範囲が広くて、暗記することが山ほどあって
私、体力も知力も使い果たしました。
運よく2科目目は数学、3科目目はヒンディー語なので
私の担当じゃな~~い!!

ってわけで、今日はプチ逃避。
去年の一時帰国でこの↓ ステンレスカップにエナメル加工を
したものをお土産にしたんですが、インド好きな方に好評で。
はたと気づくと自分用と思ってたのまでプレゼント。
c0339249_00595885.jpg

今回は黄色と黄緑の発色の綺麗なのがあったので
(定番商品であってもロットごとに色が違うのがインド~~!)
とりあえず4つだけ購入。
以前のとは微妙に形もデザインも異なりますが
やっぱり可愛い~~。コランダー(ホーローの水切りザル)も
欲しかったのだけど、ちょっと保留。
c0339249_00595872.jpg

白い陶器のお皿・白いカップ・白いポットなどのシリーズも
あるんだけど、お値段が日本で買うのと変わりない
・・・・というか、似たようなのが100均で売ってるし。
この手のキッチュなインドものを扱う店も
二番煎じ(!)の似たような店が増えて、ちょっと
ありがたみがなくなった気がします。

そして、隣接するカフェで一人でお茶して帰ってきました。
期待せずに頼んだ「レモンパイ」がレアチーズケーキみたいで
美味しかった~。また食べに行こうっと 

2時間の逃避行。これでめちゃくちゃ生き返った気がするから
安上がりなもんです。
21日がコンピューター、その後サイエンス・英語・ドイツ語と
怒涛の日々が続きます。ファイト~!!(と自分に言い聞かせる。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_00555513.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2012-09-18 02:22 | 雑貨