<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

酒飲みの資質

c0339249_15561129.jpg


うかれたお祭り気分も、爆破テロでちょっと意気消沈したデリー
おとなしく家で息子の粘土遊びにつきあっていますが、出来上がるのは
「なめくじ」とか「へび」とか…男の子って夢のある可愛いものは
作れないのかぁ~!!

博多のお土産で豚骨ラーメンを頂いたので、器もラーメン屋さん風に
気分を出してみました。あぁ、博多駅前の辛子高菜入れ放題の
ラーメンが食べたいよぉ。もう一つの画像はある日の息子リクエストの
おかず。「オクラの酢の物」「ふろふき大根」「ポテトサラダ」…って
ゆくゆくは酒飲みになる素質十分???

明日、11月1日のディワリ当日と11月4日のイード《イスラム教徒の
断食:ラマダンのとけるお祭り》はデリーは「禁酒日」なので
お酒を買い置き。
c0339249_15561221.jpg


インド国産ワインを侮っているあなた!!ぜひチャレンジしてみましょう。
…って、私は下戸なのでわかりませんが(奈良漬でもほろ酔い気分になる
家系です。お正月のお屠蘇で午前中は家族全滅。はっはっは)
ワイン好きな方々にも、なかなかフルーティで飲みやすいと評判です。
オベロイホテルのワインセラーにも置いてある、国産ワインの
おすすめ銘柄は「SULA」(スーラ)可愛い太陽のへたうまなイラストが
目印。赤は470ルピー、白は440ルピー、ナースィクで作られています。
もうひとつはRivieraという銘柄で赤330ルピー。こちらはマハラシュトラの
ナラヤンガオン産。
こりゃ~意外なインド土産になるかも。あと、ラム酒もコーラ割りで
なかなかいけるそうな。ラム酒は140ルピーです。おひとついかが??
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-31 17:02 | 青蓮日記

爆破テロ

昨日の夕方、デリー日本人会婦人部の「緊急連絡網」が回ってきた。
17時過ぎにパハルガンジ(ニューデリー駅近く、バックパッカーが
利用する安宿がかたまっている所)、サロジニナガル(庶民の市場
日曜雑貨や食料品に加え、海外輸出衣料の規格外品を叩き売りする店や
スポーツ用品店などもあるのでたまに買い物に出かけるマーケット)、
ゴビンドプリで爆破テロが起きたので、巻き込まれた人は大使館へ
連絡するようにとの内容。ひゃ~~とテレビをつけてみたら、
ニュース各局はその報道で持ちきりだった。

インド一番の、日本で言うならお正月のような里帰りの時期でもある
ディワリのお祭りを前に、賑わっていた地点を狙っての犯行。
家族でうきうきとお祭りに必要なものを買出しに行っていて、被害に
遭ってしまった人も多い。火がすぐ近くにあった「花火売り場」まで
いたらなかったのは不幸中の幸い。

朝一番に実家に電話して、無事を知らせる。案の定友人知人から
沢山の電話があったとのこと。チェンナイでの洪水の影響はないの?
と、インド=デリーというイメージで、位置関係や距離感がわからない
人も多いのだ。
皆さん、出歩くの大好きな私たち家族ですが夕べはめずらしく大掃除で
家におりまして、無事です。

今日の新聞一面はこのニュースばかり。火傷も生々しい画像がど~んと
載せられていて、日本では使うのがはばかられる様な写真が多いので
尚更胸が痛みます。
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-30 17:57 | 青蓮日記

贅沢な遊び

バンジ~~~ジャ~~~ンプ!!
週末は長蛇の列のグルガオン・メトロポリタンモール内のバンジージャンプ。
子供の体重にあわせて、ロープの数を調節して、トランポリンの上を
びよ~んと上下にジャンプするだけの単純なものですが、うちの子も
毎回やりたがるお気に入り。(初めてのときは、あまりのスリルに顔が
だんだんかたまって行くのが可愛そうなくらいでしたが…今じゃ
へらへら笑いっぱなし。)大人がやってるのは見たことないけど、
ここで日本人がチャレンジしたら、さぞかし見物人が集まるだろうなぁ。
c0339249_15561005.jpg


もう一つ子供がお気に入りの遊び場は、アンサルプラザの中にある
Funky Orbitのプレイペン。4階建ての大きな隠れ家って感じで
ボールプール、滑り台、サンドバッグみたいなものなど、盛りだくさん。
うちの運転手さんもとても興味があるらしく「マダム、いくらですか?」
と聞くので45分で150ルピーだよ~と言うと、「高い」と一言。
本当に、外遊びが存分にできる環境なら、室内でわざわざお金払ってまで
遊ばせることはないんだよね。

…でも、毎年5月、6月に一時帰国する日本では公園につれて行っても
砂場は犬猫の糞尿で不衛生…とかで遊ばせないお母さんが多く
緑一杯の公園だと「虫に刺される」と連れてこないお母さんもいて
昼間の公園は閑散としています。
なんだろうね~??どっちが良いんだろう??と考えてしまいます。
で、うちの子の帰国中の楽しみは「コナミの水泳教室」だって。
面食いらしく、一番綺麗なコーチにラブラブです。あははは
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-29 15:01 | インド教育事情&子育て

格安フライト

学校はディワリに続きバイ・ドゥジ、あわせてイード(イスラム教徒の
断食がとける日)のお祭りもからめ、前後2週の土日を含めて何と
9日間のお休みです~~。体力の有り余っている息子をど~すりゃいいの?
9月には、キングフィッシャーエアラインズが何と片道999ルピーの
デリー~ゴア間格安切符をネット販売したんだけど、どっかまた安いのが
出てないかなぁ…と調べてて、昨日のThe Economic Timesにショックな記事を発見。

c0339249_15560984.jpg



No more low airfare ticketだって!!
1ヶ月前の早割を利用すれば、半額になってた国内線も、原油の値上がりで
値上がりしたにも関わらず、需要の多さでノーマル運賃で売れて売れて、
満員御礼状態!!
おまけにどこのホテルも(五つ星)軒並み満室なのだぁ。
今まで列車で移動してたインド人も、早割りなら列車運賃と大差ないし
インド人の飛行機利用者が増えたのね。それに高級ホテルだって
インドのお金持ちそうなマダムが一杯だし。
むこう3ヶ月はエアもホテルも強気らしいです。ディワリの日までは特に超満員だってさ~。

インドの好景気、「ほんまもん」らしいです。
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-27 19:00 | 旅行

毛の生えたきゅうり

インドのホリデイシーズン、運転手さんやお手伝いさんも里帰りの時期です。
海外に住んでるインド人も里帰りするし、田舎に帰る人が多いので
飛行機も列車もディワリの時期は満杯。
うちの運転手さんたちも交代でお休みを取ります。(お手伝いさんは
代わりの人をさっさと手配して、すでに里帰りしています。)

先月スンダルナガルで遊んでいたら、うちから電話で「すぐに運転手を
帰してあげて」と。何でも妊娠8ヶ月の奥さんが産気づいたそうで。
コルカタから不妊治療のためにデリーに来ている…って話は聞いてたけど
いつの間に妊娠に成功していたのだ??
8ヶ月目だし、何かあっては大変とすぐに帰らせたら
その晩のうちに無事待望の男の子が生まれたとのこと。めでたしめでたし。
初ディワリはコルカタに帰るのかなぁ?と思っていたら
もう少しお金を貯めてからにするとのこと。
c0339249_15560911.jpg


もう一人はジャールカンドの貧しい村の出身者。怒るとすぐに
パニック状態になって、曲がってはいけないところで曲がったりするので
彼の運転のときにはカッカしないように気をつけています。

ジャールカンドからいつも持ち帰ってくれるお土産が、ほのぼのしている。
写真の「毛が生えたきゅうり」と「かた~い黒い皮付きのジャガイモ」
みたいなものは運転手さんの田舎から。今度はでっかいかぼちゃを
持って帰って来ます!!だって。
名前もわからないし、お料理の仕方もわからないから、聞いてみても
何なのかわからんまま。結局スープカレーのようなものの中身になって登場。
こんな野菜が市場で売ってても、多分自分では買わないだろうなぁ。

さて、ご近所のインド人宅にはディワリのための電飾がつきました。
うちも飾ろうっと!!
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-26 19:25 | 青蓮日記

ターバンあれこれ

c0339249_15560757.jpg


おっと!!いけねえ。もうすぐお客さんが到着するってのに
おいらまだターバンまいてなかったぜ。ちょいと、こっちの端っこを
持っててくんな。
c0339249_15560811.jpg


あ~~、間に合った。うしろ、はみ出てないかな??
よっしゃ、今日もチップはずんでもらえるようにがんばろ~っと。

…とこのおじちゃんたちが言ってたかどうかはわかりませんが
ラジャスタンのレストランでのひとコマ。
ターバンってのは英語で、ヒンディ語では「パグリ」と言います。
パグリの撒きかたは、シーク教徒の場合にはきちんとプリーツを
よせながら。ラジャスタンのはねじねじネジってからぐるぐる巻き。
結婚式のときに男性親族がしているパグリは帽子型でかぶるだけで
OKというのもあります。(パグリまきつけ専用職人が雇われている
場合もあり、身長や年齢にあわせて「たれ」の長さを調節したりして
芸が細かいよ~)
c0339249_15560872.jpg


インド人=ターバンっていうイメージがあまりにも浸透してますが
色々と奥が深くて面白い。シークの女性も宣誓式(洗礼のようなもの)
の時には、右の写真のようなターバンを巻くんだって。びっくり。
シーク教徒のおしゃれな金持ちぼっちゃまの服とターバンとのコーディネート術を
見物するのがわたしゃ楽しみです。これから結婚式シーズンだしね。
c0339249_15560820.jpg


ターバンとは無関係ですが皆様、お待たせしました。
(誰も待ってないってか??)
我が家のマンゴ、本日のお姿です。
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-24 19:31 | インドの摩訶不思議

インド靴

c0339249_15560593.jpg


インドムードたっぷりの靴、とうとう手に入れました。
ず~~っと気になっていたんだけど、どこに履いていくんだ~~??と
躊躇する気持ちもあったし…ま、ジーンズに合わせても可愛いか?
単色のビーズ刺繍のでなくて、ちょっと凝った色使いのが欲しかったの
ですが、今までなかなか思ったようなのにめぐり合えず…
夕べそぞろ歩いた(?)ジャンパトゥのインド靴専門店で気に入ったのを
見つけました。日暮れの時間も早くなり、6時半にはもう暗くなるデリー、
ジャンパトゥはかあかりがぎらぎらで、あやしい夜店の雰囲気満点でした。
c0339249_15560680.jpg


さて、この靴ですが「ラクダの皮」でできています。
丁寧な手縫いで、シンプルな皮染めのタイプは部屋履きに丁度良さそう。
でもはじめはラクダの皮がちと臭いかも。
つま先部分のビーズ刺繍がまた凝っているでしょう。
おしゃれな靴屋やカンマーケットなどで見ると1,000ルピーくらいしますが
ジャンパトゥでは600ルピーほど。普通の単色ビーズのは500ルピー弱、
ビーズ刺繍つきスリッパ型のは300ルピー。
c0339249_15560651.jpg


パンジャビスーツ、それもチューリダル《足首にたるませてはくタイプ》式の
サルワール(パンツ)にぴったりだと思います。
さて、この靴に合うパンジャビスーツを調達せねば。
(普通は服に合わせて靴を買うんじゃないか~??とだんなが…)
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-23 15:45 | ファッション

ターバン デビューの日

息子が現地校に通っているので、色んなママ仲間ができました。
宗教も出身地もさまざま。プレイスクール時代からの仲間もいて
彼女たちは私が日本人だってわかってるけど、初めて会う人たちは
私のことを「東北地方=マニプール、シッキム、アッサムなど」からの
インド人と思っている人もいるらしい。わははは
実際マニプール出身のママ友達なんて全く「日本人」に見えるし。

こちらも彼女たちに不思議なインドの習慣について質問しまくり。
お弁当の中身について、色々と情報交換するのも楽しい。
息子の弁によると、「○○ちゃんのにはいつもマギーヌードルしか
入ってない」「○○ちゃんのは毎日パラタとゆで卵」…
あるママからは電話がかかってきて「お宅のティフィン《お弁当箱》に
入っているというピザトーストはどうやって作るの?」「切った果物が
変色しないのは何故?(塩水につけるのよ~)」などなど、
c0339249_15560561.jpg


お友達のシーク教徒のお家におよばれ、下の子が1歳8ヶ月になり
この日初めて頭にターバンをまいたそうな。私たち家族が遊びに来るので
わざわざ見せてくれた。(お酒のビンは酔っ払って良い気分になった
パパたちが持たせたもの。)めっちゃ可愛いよね~!
大家族総出で大歓待してくれるので、ここんちに遊びに行くのは大好きです。

でも、インド人家庭におよばれするのに恐れていることがひとつ。
苦手な香辛料があるのです。たいてい菜食のジャイナ教徒宅で使われて
いるのですが、ヒーングというもの。英語でAsafoetida。
鼻がヒーング曲がりそうな臭い。(すんません、おやじギャグでした。)

これからディワリ《ディーパ・ワリ》のお祭りもあるし、またまた
不思議なインドの習慣について、ママ仲間に質問しまくり、
Blue Lotus調査隊出動の時期で~~す。(隊員は一人だけでんがな~)
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-21 16:21 | インド教育事情&子育て

カルワチョウト 当日のようす

c0339249_15560741.jpg


昨日のブログで先行紹介(?)したカルワチョウトの当日の様子をご報告。
近所の公園などでターリーを持った女性たちが集まります。
夕方集合して《長老役の女性が時間を決めて近所の参加希望者に
伝達するらしい》、お供えの乗ったターリーをぐるぐる右回りに
渡しながらお祈りの歌を歌います。
その後、長老の話すカルワチョウトにちなんだ物語をみんなで聞きます。
《ターリーにはドライフルーツやミタイ(甘いお菓子)、ガンガージャル:
ガンジス河の水が入ったカルワ(水容器)が乗っていました。
満月をかたどったパイのような丸いお菓子:マッティもありました。》

月がのぼる頃(21時近く)、夕方のお祈りに使ったターリーを月に捧げ
ガンガージャルをたらして、断食は終わり。
パンジャビの習慣では、途中でご主人に飲ませてもらうミルク1杯だけは
許されているとか。地方や出身地によっても臨機応変なのがインドらしいですね。
質問ぜめにあわせたご近所のインド女性の皆様、ご協力ありがとうございました。
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-20 21:41 | インドの祝祭日

カルワ・チョウト 断食の日

c0339249_15560314.jpg


明日10月20日はヒンドゥ教徒の既婚女性がご主人の健康と長寿を祈って
断食する日、「カルワチョウト」です。
ウッタルプラデシュ、パンジャブ、グジャラートやラジャスタンなど
インド北部で特に盛んに行われているようですが、起源は何と
マハーバーラタの頃にまで遡ることができるとか。

朝4時ごろに軽く食事をした後は、夜9時前に月が昇るまで
断食…考えただけで頭痛がしそうですが、ヒンドゥ教徒の女性には
欠かせないお祭りのようです。
この日が近くなると、デリーでもパンジャビ出身者が多いマーケットでは
きらびやかなサリーや、チューリ(腕輪)が目白押し。
メヘンディ(手足にメヘンディで吉祥文様を描く)は通常片手で
15ルピー、20ルピーなのに、当日は両手で200ルピーまで値段が高騰。
メヘンディ屋さんは稼ぎ時です。
(パンジャビが多いマーケット=マルヴィヤナガル、ラジパトナガル)

女性たちは夕方公園などにそれぞれのターリー(お供えの乗ったお盆)
を持って集まり、長老役がこの日にちなんだ物語を披露、
そのあと輪になって歌を歌いながらターリーを右回りに回して
お祈りします。(一番上の写真がカルワ・チョウトのターリー)
カルワチョウトの日は嫁・姑がギフトを交わす日でもあります。

カルワチョウトのものがたりなど、もっと詳しく読みたい方は
こちらのKarwachauth.comへどうぞ。はまりますよ!!
人気blogランキングへ
[PR]
by neelkamal-archive | 2005-10-19 12:38 | インドの祝祭日