人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

春爛漫・デリー!

今年はめずらしく雨が多い春先のデリー
去年の今頃はもう半袖でうろうろしていたのに
まだまだ何か羽織るものが必要で、油断ならない気候です。

とはいえ、公園はすでに春の花盛り。街に出ると
コットン・ツリー(木綿=キワタ)の赤い大輪の花
背の高い木にいっぱい・いっぱい咲いています。
自然って偉いもんだね、花は咲く時期を知っているんだね。
c0339249_00553749.jpg


息子が通っているスケート教室のあるスポーツクラブも
壁沿いには芙蓉の花が色とりどりに。しかもすくすく
背が高いのばっかり。それからダリアも大輪、可憐なパンジーも咲いてます。
c0339249_00553763.jpg


さて春、一番のお祭りは「Holi」でございま~す。
マーケットにはもう、ホーリーの色水かけに使用する水鉄砲や色粉が
所狭しと並べられています。我が家は午前中、プージャをして
バルコニーでちょちょいと色粉をつけ、あとは家の中で過ごします。
階上から子供たちの色水かけを眺めたりして、ね。(が、しかし去年は
お隣の子供がバルコニーから色水鉄砲を噴射。ばっちりかかってしまったのじゃ~)
あぁ、うちの息子にも水鉄砲買ってあげなきゃ。背中に水のタンクを
リュックみたいに背負うのもあって、それがほしいとさ。
そりゃいくら何でも、でかすぎるだろう。

デリーの良識ある人々の中では、そんなことはありませんが
まだまだ地方ではこの日の「無礼講」を利用して、ここぞとばかりに
女性に触りまくる、のもあってエスカレートしてレイプ事件などにも
発展することがあります。このところ新聞にも「ホーリーを素敵な
春のお祭りにしましょう。行動には責任を持って」なんていう注意喚起の
記事が載ってたりします。しかも提供(?)はDelhi Policeだって。

3月3日、ホーリーの日(いや、今年のホーリーは4日らしい。どっちがホント?)
には日印交流年のイベントのひとつ観世流家元観世清和氏の能の舞台が
シリフォート・オーディトリアムで行われるそうですよ~

3月1日追加記入:デリーでは、3月3日の夜が「焚き火」、4日の午前中が
色水・色粉かけだそうで~す。(わが母校の姉妹校、ウェストベンガルの
ビシュヴァ・バラティ大学のホーリー祭は3月3日に行われます。)
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-28 17:02 | 青蓮日記

プラディープ君、でかした。

昨日は私が所属する日本人会婦人部の地区懇親会であった。
その前にお友達のお家で手作りの美味しいケーキとチャイをご馳走になり
すでにお腹は一杯・・・・しか~し!ご飯は別腹さ!
c0339249_00553615.jpg


サラダバーに始まり、コールドビュッフェ〈ハムやチーズなど)
そしてインド料理がメインのバイキング。炭火焼きのチキンやパニールも
ありま~す。悲しいかな早食いの習性が抜け切らず、他のマダムよりも
ペースの速い私。

開始前にお一人お誕生日の方がいらっしゃることが判明。にこにこ顔で
立っているボーイさんに「ねぇ、お誕生日のマダムがいるんだけど
ケーキを出してもらえる?」と尋ねてみる。気の利いた彼、紙を持ってきて
「お誕生日の方の名前を書いてくれ」だって。準備に30分ほどかかるから
食事のあとに出しましょうか?とちゃんと聞きにきてくれるし。
そして、あらかた食事もデザートも終えたころ「そろそろケーキ出してね」
と頼むと「お皿を綺麗に下げてから、お持ちします」ですと。
c0339249_00553677.jpg


じゃじゃ~~~ん、可愛いチョコレートケーキ登場。赤いリボンを結んだ
ナイフも一緒に持ってきてくれました。しかもマダムのお名前入りよ~。
ご本人も喜んでくださり、みんなでHappy Birthdayの大合唱。
おまけに「もう皆さんデザートも食べちゃったから、お持ち帰り用に
箱に入れてもらえるかなぁ?」と言ってみたら、すぐに(本当に早いの、
行動が)準備してくれました。

彼はギャルソンの格好をして、アンジェラ・アキさんみたいなメガネを
かけて、ホテルThe Grandの地下のレストランにいま~す。
プラディープ君の気の利いたサービスのおかげで、一際楽しいランチョンで
ございました。・・・てか、いつの間に名前までチェックしたんだ?私。
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-27 16:53 | 青蓮日記

Fragileなオンナ

私は本に夢中になっていた。活字<日本語の>中毒患者である。
「ねぇねぇ、これ面白いよ」とだんなの声。無視して読書を続ける。
「ねぇ、見てってば」手首を持たれて、私が手を抜こうとねじった瞬間。
・・・・・グリッ・・・・・・
手首から何か小骨らしきものが・・・・
ぎょえぇぇぇ~~!!![emoji:v-399]

えと、手首。折れたか?でも痛くないし。
と、先日のジャイプール出張に出かけたのであった。

がしかし!なんとなく気持ち悪いでしょ、手首の一箇所に突き出た骨らしき
ものがあるなんて。知り合いの外科医に電話したら、とりあえずレントゲンを
取ってから、いらっしゃいと。彼は普段はEast of Kailashにクリニックを
開業しているんだけど、毎週金曜日にはVasant Kunjにある大病院で
外来担当でいるというので、先週行ってきました。

これ、見て見て!!去年できたFortisという病院なのですよ。
日本人学校に行く手前の左手にあり。デリー準州知事のシーラ・ディクシット氏が
オープニングのテープカットをし、インド一の製薬会社ランバクシーの
オーナーたちが理事に名を連ねるという新しい病院。
c0339249_00553538.jpg


何と入り口にはホテルもびっくりなドアマンがいるのですよ~!
きちんとした受付カウンターもあり、外来患者は地下で登録を済ませ
診察カード(綺麗なクレジットカード仕様のもの)を受け取って
待合室へ。そして各科外来担当のドクターの診察室へ向かう・・・という訳。
ぴっかぴか、システマティック、しかも病院内に綺麗な薬局やフラワーショップもあり。
(あ、また病院のセールスマンみたいなことを・・・・)

で、骨は折れてはおらず、ぴこっと飛び出たものは骨の周りを覆っている
緩衝物質のゼリーみたいな粘稠液が流出しているんですと。そんなん
初めて聞いたぞ。20~40台の女性に多いんですって。さんざん「年のせい」と
だんなに言われた私、ドクターは「いや、年には関係ないんだよ」って!!
痛くもかゆくもなければ放置していて良いけど、手首を動かすのに支障が
出るようなら治療または手術したほうが良いってさ~。
「昔は分厚い辞書を何冊か重ねて、それでバシ~ンと患部をたたいて
散らしたりしてたんだけどね」だって~!!
ヤメテェ、そんなことされたら本当に骨折するやんけ!

・・・・というわけで、まずは骨折してなくてホッ
そして、綺麗な大病院がVasant Kunjにあるのを知ってまたまたホッ
ちなみに、小児科関係での入院は我が家ではいつもかかりつけの
Dr. Bagaiが院長先生を務めていらっしゃるRockland Hospitalで~す。

この事件以来、ダンナは私のことを「すぐに壊れる女」と目している様子。
意外と作りが繊細なんだってば~~~~!!
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-26 19:45 | 青蓮日記

ちょっとだけよ~ん

自分へのご褒美にお買い物。(あ??別にご褒美じゃなくても買い物してるか)
行き先は午前中、開店間もないカン・マーケット。
決戦時間は45分。さて、ブティックをいくつ回れるでしょうか??

駐車場から直行でMANANへ。うまい具合にセール中でござんした。
さっさとセールラックから選んで、茶色のノースリーブ・フリフリ
スタンドカラー・胸元大胆カットのブラウスを試着・・・・
可愛いんだけど、流行すたりですぐ着れなくなりそうだ。やめた。
続いてて麻のオレンジシャツを試着。うん、いいんじゃない。お買い上げ。
しかも35%引きだし~~。

MANANは時々要チェック。たまたまスペインからのバイヤーが商談中でした。
どんなのを買い付けしてるのかすかさずチェ~~~ック!!
白い麻のクルティや、勾玉模様<ペーズリーね>の透ける素材のシャツとか・・
ふむふむ、スペイン人が好きそうなやつばっかりだね。
c0339249_00553518.jpg


おぉ~~っ、いかん!あと20分しかないやんけ!
急いでOGAANへ移動。ここの階段やブティックの床、ただの打ちつけ板で
去年カン・マーケットに開店したときには「これから内装ばっちりするのかな」と
思ってたら、いまだにそのまんま・・・・てことはこの「ナチュラル感」が
狙いなのか?・・・・貧乏臭いようにも映るのだが。
インドデザイナーのGAURI&NAINIKAの首もとおリボン結びの
アメリカンスリーブてろてろブラウスに決めた。
ジーンズにもスカートにも合う、しっかりモトが取れそうなデザイン。
このブティックにはANAMIKA KHANNAというコルカタベースのデザイナーの服も
置いてあって、注目よ。(ちと高いけど)

やばっ!時間切れだ。帰ろうっと~~
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-24 17:17 | ファッション

Math Cafe 算数の苦手な母も行く!

昨日は息子の学校で毎年の恒例行事 Math Cafe
算数関連の発表会なんです。ゲーム形式で先生役の子が、沢山問題を出して
チームごとに点数を競ったり、日常のどんな場面で算数が活かされているか
発表したり。2日前に先生からお手紙が来ました。「舞台で映える大きな
折り紙を3つ作ってください」ですと・・・・は~~い、作りましたよ。
色々考えて、国鳥の孔雀と 金魚と 風車。下の写真は出番待ちの息子。
孔雀を手にして、張り切っています。
c0339249_00553417.jpg


あれれ・・・・舞台で台詞を言うのはいいんだけど、いつの間にか
手に持ってるのは「金魚」になってるよ???台詞は英語で
Did you know that Origami is also part of Math?
Here we are! (・・・と手にした折り紙を見せる)
c0339249_00553471.jpg


発表の後は、ママやパパが座っているテーブルを回って、ウェイター役の子が
注文を取りに来ます。私は時々折り紙を教えに行っているのもあって
顔見知りなので、クラスの女の子たちが大挙して注文を取りに来ました・・・
可愛い~~!!でも、なかなか注文したものを届けてはくれません~。
だってそれぞれ途中で自分のママとの話に夢中になってるんだもの。
これまた笑える~。でも去年とは違って、二桁の足し算・引き算が
できるようになってるから、3個、4個と頼んでも計算できるし、お釣りも
渡せるってわけ。年々成長してるのね~ しかも歯抜けの子が多くて
そうかぁ、生え変わりの時期だもんねと感心したりして。
c0339249_00553448.jpg


そして、タイムリーなことにデリー在住ヤングママ代表Tちゃんの
提供してくれた「インド人の若いママは必ずサングラスを頭につけて
ぴちぴちジーンズをはいて、ブランドバッグを持っている」という話題に
まさにぴったりなママたち発見。手前の人はムッチリ具合がすごくて
お肉が段々、これを見てると「何だ、あたしって細いじゃん」と思うけど
日本人マダムの集まりに出かけると、み~んな細くて「やばい!あたしって
かなり太い!」と認識するのよね。あぁ、仕事がたてこんでてダイエットの
暇もない~~~(と言い訳ばっかりするから駄目なんだな。)
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-23 20:41 | インド教育事情&子育て

あかりフェチ

え~、「照明フェチ」ですから、どこに行っても「あかり」が目に留まるわけで~。
今回のデリー⇒ジャイプール旅では「どっひゃ~」なものから、インドモダン、
はたまた外人好みの間接照明まで何かと気になるものも多かったです。
そんな中、インド菩提樹をモチーフにしたこれは、可愛かったぁ。
(Rambagh Palaceの廊下にあるプチ照明)
c0339249_00553259.jpg


そして、お次は・・・未知との遭遇、きらきら光る円盤かい??
いやいや、デリーはTaj Ambassadorホテルのロビーの照明。派手ねぇ
c0339249_00553201.jpg


うぐぐ・・・・インド人金持ち趣味???どっちかというと成金っぽい。
シャンデリアやベッドサイドの灯かり。こんなきらきらじゃ眠れないわよ~
c0339249_00553380.jpg


一番可愛いなぁと思ったのは、ジュエリーデザイナーのお宅にあった
このインドチックな照明。夕方日が暮れだすと、ほんのりとすかし模様が
映し出されて、とってもロマンチックでした。うふん
c0339249_00553382.jpg


そして、間接照明といえば・・・・キャンドルもおしゃれな空間を醸し出しますよね。
c0339249_00553326.jpg


外人におよばれして(インドじゃ私もガイジンだが)、こういう小粋な
キャンドル使いを見ると、やってみよう!と思うんだけど、何故に私がやると
「電気のない貧乏長屋」みたいな雰囲気になる?ぶは~~~

照明フェチの記録 ダージリン編
照明フェチの記録 デリー編
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-22 19:36 | 青蓮日記

美味しい記録

インドモダンデザインの代表として、いつも雑誌に掲載されるのは
The Parkホテル。昔は古臭いホテルだったのに、経営者が代替わりして
Priya Paulさんになってから、あっという間におしゃれに変貌を遂げたのだ。
デリーのThe Parkにはコンラン・チームデザインの部屋があるし
レストラン空間やロビーもコンラン卿のプロデュース。コルカタも
バンガロールもチェンナイにもThe Parkがあるから、泊まってみてね。
あ、そうだ、おまけにムンバイにも出来たのよ~~
c0339249_00553009.jpg


バレンタインデーにはここでお食事しました。うんにゃ(博多で「いいえ」の意)
だんなとのムーディなデートじゃなくて、仕事だったんだけどね。
c0339249_00553146.jpg


Mistのほうはバイキングしかないというので、Fireでアラカルトメニューを・・・
と思いきや、この日は「バレンタインデー」のセットメニューしかないとさ。
一体いつからインドは「バレンタイン」を騒ぐようになったのかなぁ??
12日に立ち寄ったVasant LokのChokola<チョコレート専門店>も
やたら賑わってましたし~~。しかも夜のとばりが降りると同時に道路も
バレンタイン渋滞だと。くぉら~~~!!

そんなこたぁともかく、この日のセットメニューはMoetが1杯ついて
お二人で約5,000ルピー・・・・ちょっとぉ、高すぎない????
前菜のエビはぷりぷりしてて、メインのフュージョン・ターリーも
美味しかったから良いけどさ。
c0339249_00553135.jpg


場所は変わってこちらは同じターリー<大皿定食>でも銀製の重厚なやつ。
Rambagh Palaceのレストランですけど、お皿眺めるだけでハッピー。
銀製だし、手入れも大変なんだろうなぁ・・・・
c0339249_00553153.jpg


同じホテルのランチメニューから、チキン・スカロッピー二。お手軽
イタリアン風で美味しかったっすよ。700ルピー+税金ね。

私がインドで生き延びていけるのは、和食とイタリアンの恩恵にあずかって
いるから・・・・もしも毎日毎食インドごはんだったら、生きて行けそうにない。
そんなことを考えつつ、「食の記録」をせっせととっている私。
今日の格言「食い意地は人生を支える」
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-21 18:53 | 食文化

煌きのむこうに

た、た、大変です。お金がいくらあっても足りないわよ~!!
c0339249_00552934.jpg


ジャイプールはご存知の通り、「宝石」産業が盛んな地。なぜにそうなったかって?
話はムガール帝国の時代に遡ります。

ムガール帝国の3代目アクバル大帝の時代、果敢に抵抗するラジプート族との
融和を図ったかの皇帝はアンベール王の娘と結婚してアンベール王国と同盟。
それからラージプートの諸王侯と連合・平定を繰り返して傘下に加えたのです。
勇敢なラージプート族を登用し、屈強な軍隊を作ったというわけ。ムガール帝国に
多大な貢献をしたサワイ・ジャイ・スィンは王国の建設を認められ、
1727年にジャイプールに遷都。このころにムガール帝国に仕えていた宝石商や
優秀な加工職人、伝統工芸職人をジャイプールに招きいれたのですと。
優秀な研磨職人が多いことから、世界中の原石がジャイプールに集積するんですって。
セッティングや伝統の技(クンダン=インド七宝焼)なども秀逸なわけ。
c0339249_00552900.jpg


宝石商人には、圧倒的に「ジャイナ教徒」が多いのです。(Jainさんとか
Kasliwalさんとか、Boraさんとか・・・苗字ですでにわかりますよね)
殺生を禁じられたジャイナ教徒は、ほとんどが商業関係の職業に従事していて、
特に宝石はほぼ独占状態。(ジャイナ教徒の結束はきわめて固く、婚姻も
ジャイナ教徒間だけでおこなわれるので、富がさらに増幅するというわけ。
結婚相手を選ぶのも、なかなか大変らしく、8歳のときにお婿さん探しを始めて、
ようやく25歳くらいで見つかる・・・なんてことはざららしいですよ。うひゃ~~~!!)
c0339249_00553031.jpg


きらきらと煌く宝石の魅力・・・ジャイプールでは良いものが安く買えま~す。
そして、もひとつおもしろいのは「ヨーロッパやアメリカの宝飾デザイナーが
ジャイプールにオフィスを持っていて、ジャイプールで作られたオリジナル
ブランドが世界を席巻している」ってこと。そこで疑問が・・・日本人の
デザイナーは来てないのかしらね??永くジャイプールとパリを行き来している
デザイナーに尋ねても、日本人は見かけないわねぇ・・・って。どこで
作っているのかな?やっぱり山梨とか??誰か疑問を解決して下さ~い。
c0339249_00553008.jpg


写真は上から:①ガイジンに人気のシャンデリアタイプのイヤリング
②きらきら宝石が嵌められた象さん、銀製品の象やラクダ
③マハラジャが所有していたという七宝と宝石つきの「チェス駒」どひゃ~
④アクアマリンとダイヤのシャンデリアタイプピアス・・・値段は怖くて聞けましぇ~ん。
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-20 15:43 | 青蓮日記

ラジプート族の誇り

ジャイプールでの仕事も無事終わり、ちょいと一息。
あちこちキョロキョロしていて「やっぱインドだなぁ」と再認識したのは、
「人間の濃さ・・つまり、インド人はとても人間らしく、好奇心旺盛だ」ということ。
そして、ラージャスターンでは「外国人が期待するインドの姿」に山ほど
遭遇する、ということ。フランス人とか、イタリア人とか、ドイツ人は
レンタカー借りてラジャスタンだけを2週間くらいかけて回るって言うものね。
c0339249_00552814.jpg


「ラージプートの国」=ラージャスターン、
そして「マハラジャ・ジャイの町」=ジャイプール。
ラージャスターン州だけでも日本とほぼ同じ面積があり、ラージャスターンは
外敵の侵入に敢然と立ち向かいラジプートの伝統を守ってきたのでございます。
ムガール帝国(イスラム教徒)に対抗して勇敢に戦ったラジプート族
(ヒンドゥ教徒)の故郷がラジャスタン。 ラジプート族は多くのマハラジャを
生んだ由緒正しい、誇り高きクシャトリア<武士>階級なのです。
あぁ、こういう由来も調べだしたらきりがないのよね~。

町の建物に赤砂岩が多く使われていて、更に英国皇太子来印のときに町をピンクに
塗ったのが始まりで「ピンク・シティ」と呼ばれているそうで。
城壁内はまるでタイムスリップしたかのよう、立ち並ぶお店の看板も
ヒンディ語オンパレード、エキゾチック・ジャイプール!!(じゃぱ~ん♪
じゃなくて。あ、そういえば郷ひろみの自民党からの出馬の話はどうなったの?)
c0339249_00552811.jpg


そして、かの超豪華ホテルRambagh Palace(Taj系列)のレストランの
メニューも、なんだかおしゃれです。(値段も・・・おしゃれ[emoji:v-404]。うぐぐ[emoji:v-406])
そのメニューにも出てくるファサードのデザインが、あっちにもこっちにも
ここにもあそこにも登場。これまたカメラを携えキョロキョロしてしもうたがな。
c0339249_00552839.jpg


こ~んなファサードが山ほどあって、更にマハラジャ一族の所有のホテルが
点在しているジャイプール。タージ系のRambagh PalaceやJai Mahal Palaceの他
オベロイのRaj Vilasもあるし、プチホテルやヘリテージホテルも一杯
ある、そしてAmanのアマン・バグも郊外にある・・・・のに!
なぜかいつも予約満室なジャイプール。今回つくづく「ラジャスタンには
ヨーロッパ人がうようよ旅行に来ているなぁ」と思ったのでありんした。

明日の宝石編に つ・づ・く。
人気blogランキングへ
c0339249_00550267.gif

by neelkamal-archive | 2007-02-19 19:50 | 青蓮日記

出張です

昨日はデリーの某大邸宅へ。インド人のお金持ちの趣味って
良いんだか悪いんだかちょっと理解に苦しみますが、昨日お邪魔した
お宅は・・・美○あきひろか、假屋崎○○か?っていうインテリアでしたよ。

今から、ジャイプールへ行ってきま~す。戻ったらまた面白いネタを
ご報告しますね~。ゴージャスインドネタを仕入れて来ますので
お楽しみに!!日曜日に戻りま~す。
by neelkamal-archive | 2007-02-15 15:41 | 青蓮日記