<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

90%引きのセール

デリーはまだまだ夏のセール期間中。
本屋さんにも90%オフ!と書いてあったので、本好きとしては
見逃せな~い!!と息子がお誕生日会に行ってる間にじっくりと
ヴァサントロックのOM BOOK STOREをチェックしました。
あったあった、セールプライスの本たち。
それからこの夏探しても見つからなかった本もあった!
(日本の子供ならみんな読んでいるであろう「星の王子様」とか
「長靴下のピッピ」の英語版を探していたんだけど、日本でも見つからず
インドじゃ置いてある本屋が少なく・・・・ようやく発見)

そんで、件の90%オフの本ですけど・・・・コーヒーテーブルブックばりの
The BOLLYWOOD Cookbook という本。写真がたっぷりで、有名ボリウッドスターの
好きなお料理がレシピつきで載っているのです。もちろんスターの写真も沢山。
c0339249_00161341.jpg

元値は1500ルピー・・・なのに今ならなんと!たったの150ルピー(300円)
ボリウッド映画も好き、インド料理も好き・・・という駐在マダムのみなさん
インドの思い出に一冊、いかがでしょうかぁ?
インド好きな方へのお土産にもいいかも。

話題変わって
この夏、息子がいただいた「恐竜の卵」なるもの。
インドまで持ち帰り、インストラクション通りに水を入れたビンの中へ。
翌日卵にヒビが入って、恐竜の頭が出てきた~~ぎょえ~~~
c0339249_00161320.jpg

毎日水を替えろ・・とか書いてあんのよぉ~。
だんだん大きくなってくるし~~
c0339249_00161485.jpg

で、出てきたものはぷにょぷにょした恐竜でした。いやぁ~~~ん!!
(・・・・とか言いながら、バックグラウンド用の写真を探して、激写)
c0339249_00161467.jpg

日本はホントにいろんなおもしろいものがあるなぁ
インドの子供たちも、こういうの喜ぶだろうなぁと思いました。
(息子のお友達(インド人)には、パーラービーズが受けてます。)
・・・・というわけで、日本のおもちゃメーカーさん、
大規模市場を狙って、インド進出はいかがでしょうか?
インド人、子供にかけるお金は惜しみません・・・・・・チャンスだと思うんですけど~
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-28 14:26 | 青蓮日記

ヘビロテなもの

最近はまっている物、2題。

前回も前々回も、日本への帰省のたびに買ってかえろう!と思いつつ
あまりの重さにあきらめていたシロモノ。今回ようやくインドに「お持ち帰り」した
ホームベーカリー!!
c0339249_00161252.jpg

日本から強力粉まで運んでくるわけには行かないので、何とかインドもので
美味しくできないか??と思いあれこれ配合を実験してみたところ大成功し
気をよくして、パンを焼いたあと今度はケーキを焼いたりして
大活躍しています。ヘビーローテーションなホームベーカリーさまさま。
↓大好きなLibbyのパンプキンパイフィリングで作ったパンプキンケーキ
ふわふわで美味しいぞ~~(これはカリフォルニア在住のepiさまに
頂戴したものでございます。うふふ☆)
c0339249_00161243.jpg

そして、インド産原料で作ったパン↓。市販のBrown Breadより美味しいぞ~
説明書には「グルテン12%以上の強力粉で・・・・と書いてあるけど
インドで市販されてる粉はせいぜいグルテン10%の中力粉。。。ならば
アター(全粒粉)を入れるべさ、と配合してみた。アター75グラム
残り175グラムをMaida(インドで普通に売ってる小麦粉)にし
2時間の早焼きコースで美味しくできたよ。
c0339249_00161269.jpg

そ~してもうひとつは 有り余る太陽熱を利用したコレ↓
Sun Teaなるもの。
c0339249_00161253.jpg

朝、ガラス容器に水と紅茶の葉っぱを入れて、日のあたるところに置いておくだけ。
まろやかな味に仕上がってます。

で、午後にはお好みの紅茶で作ったSun Teaと
ホームベーカリーで焼いたケーキでまったりとティータイムを楽しんどるわけさ。
今週もはりきっていきましょ~~!!
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-27 15:17 | 青蓮日記

切り口さまざまな インド

お友達の本が出ました!「エリートの条件」
c0339249_00160964.jpg


著者の河添恵子さんはすっごく頭が良くて、大好きな女性なのです~
メールのやりとりしてても、とっても楽しくて ツーカーで話が通じるし
書かれている日本語が正しくて、気持ちよいの。

ゆとり教育とかで、ちょっと頓挫してしまった感のある日本の教育
いったいどうなるのかしら~と、海外にいながら気にはなっておりました。
日本と世界各国との比較を交えながら提言している本なので
皆様もぜひ!インドの教育についても触れられています。
 *********************
序章 世界標準の「エリート教育」とは何か?

第1章 世界の未来を予測する教育環境
英語力がインドの〝新カースト〟
私立名門校は文武両道が基本 など

第2章 国家戦略とエリート教育
「平等は不平等」の環境とスーパーエリート輩出
国家を意識する朝礼、平和を祈願するナショナルデー など

第3章 早期バイリンガルは世界の常識
〝エリート輩出の優等生〟シンガポールの転換期
セロ歳児からの英語サバイバル など

第4章 IQだけではないトータルバランス
子どもの〝社会力〟で培う責任感や自立心
リーダー力はスピーチ力 など

終章 日本のエリート教育は再生できるのか?
***********************

さて、お次はこちら。美容関連の記事が充実していることでも
有名な講談社のVoCE(ヴォーチェ)
c0339249_00161076.jpg

その中で、綺麗なモデルさん「田中マヤ」さんが
ムンバイを訪ねています。ムンバイの話題のレストランから
旅行者でも参加できるヨガ教室、おすすめのスパなども紹介されていますので
ムンバイ旅行の予定のある方は、ぜひご覧くださいね~
「一生に一度、魂まで綺麗になる旅に出る」ですってよ~~
c0339249_00161172.jpg

この青いサリーはFabindiaのもので~す☆

「インド」はひとくちは語れないからこそ
いろんな切り口のインドを楽しんでほしいな・・・と思うのであります。
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-25 12:00 | Works

劇的改造 インド編 プージャふたたび

ことあるごとにお坊さんを呼んで「プージャ」なるお祈りの儀式が
行われるインド。結婚式も、子供が生まれたときも、ディワリ祭も
それから春と秋のナヴラートラのときにも・・・・もちろん、引越しや
新築の際にもプージャは大切(↓準備段階。右下のは聖なるギー:油)
c0339249_00160885.jpg

ってなわけで、我が家も引越し前に新居の清めの儀式を行いました。
思い起こせば、前回「賃貸」物件に引っ越したときにもプージャ
やってましたっけ・・・・
今回違ったのは、玄関にマンゴーの葉っぱで作った魔除け(?)の
飾りをつるしたこと。賃貸の場合と持ち家の場合と、やりかたがちょこっと
違うってことでしょうか。
c0339249_00160898.jpg

ありとあらゆる神様をお呼びして、それぞれに何やらサンスクリット語で
お願いし、お米やガンジスの聖水や花・果物などをお供えし
盛大にハヴァン(護摩焚き)をします。
c0339249_00160876.jpg

最後にお坊さんが早口で言ったのが「神様がた、お越し下さって
どうもありがとうございました。ラクシュミー女神さま、クベーラ神様は
どうぞそのままお留まりください。あとの神様はお引取りくださって
結構です。またお呼びするときにはどうぞよろしくお願いします」ってなことだって。
あははは・・・・・・

ガンジスの聖水を、使い始める前に各部屋に撒くように
ガス台(昔でいうかまど)を使うときには、まず最初に「甘いお菓子」を
作って、みんなにふるまうように
ココナッツを玄関で割って、白い実の部分をみんなで分けて食べなさい

・・・と言い残して、お坊さんは帰っていきました。

甘いお菓子・・・・盛大にお砂糖やギー(精製油)を使ってつくるもののほうが
良いといわれ、せっせと「ハルワ」を作りました。(↓ちなみにこの写真は
スィク教の総本山・アムリッツァルのゴールデンテンプルでの「お供えハルワ」)
c0339249_00160813.jpg

スージー(セモリナ粉)をギーで炒め、砂糖水をぐわ~と加えて
あまぁぁぁぁ~~~いハルワを作り、台所の神様を味方につけたので
これからもお料理をはりきって作りますです!!
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-24 15:19 | おうち造り

劇的改造 インド編 その2

たとえばエアコンが故障しても
たとえば上の階のバスルームあたりから水漏れして壁のペンキがぶよぶよになっても
修理屋さんを呼んで、すぐに解決!!なんてことはインドじゃあり得ない。
そんな中、家のリノベーションをするなんて~!!と、インド在住経験のある方なら
一様に「無謀だ」とおっしゃることでしょう。

大理石はブロック買い(まるごと何トンもの切ってない石を買う)、なのでどんな
模様が出てくるか、賭けでもあるのです。うひゃ~~~!!
しかも、大理石職人は工期中に4人ほど入れ替わり(下手な人を首にしたり
せっかく見つけた上手な人が、怪我でこれなくなったり・・・・)
水周りの工事をしてもらうと、蛇口がまっすぐについてなくてやり直してもらったり
前にすんでた人が、間に合わせ工事しかやってなかったので、天井はでこぼこ
それをすべてはがして、まっすぐに塗りなおししてもらったり
数え上げればきりがない、改装工事でありました。

主婦ですから~、一番こだわったのは、キッチン。前の状態はこれ↓
c0339249_00160798.jpg

ゴキちゃんがいっぱい走り回ったような、この棚をすべてとっぱらって
タイルも大型のに張り替えて、カウンターの黒曜石はすべてはずして
白い大理石に取り替え、食器棚をビルトインしてもらいました。スッキリ!
c0339249_00160757.jpg


作りつけの棚があって、明かりが入らず、薄暗かったロビー。ビフォー状態
c0339249_00160760.jpg

これまた棚は全部撤収して、扉がバルコニーに向かってばば~んと
全部あけられるように。(両側のカーテン部分の扉も開けられます)
公園の緑が借景になって、爽やか~に過ごせます。アフター↓
c0339249_00160705.jpg

なんせ安普請のマンションなもんで、あちこちにある梁が
とりはずせないのです。それでデザイン的にもかなり制約されましたが
できるだけ広々とした空間を重視。

↓こちらは玄関はいってすぐの応接間。これまた作りつけのダサダサな
飾りだながついていたのです。しかも天井よがんでるし。
c0339249_00160715.jpg

これも棚をぜ~んぶとっぱらって、スッキリと。
天井も全部Fall Ceilingという工法で、まっすぐに。
c0339249_00160759.jpg

高級住宅地のように、一軒ごとに門番を雇えるようなコロニーじゃないので
防犯のためもあり、窓枠は頑丈なグリルがついているのですが
それも無粋な枠だったので、葉っぱもようのデザインを描いて
グリル職人さんに手作りしてもらいました。インドの職人技、おそるべし。

そして、昨日の遺跡、いやちがう息子の勉強部屋ですが↓
c0339249_00160603.jpg

こんな風に生まれ変わりました。
シンプルで頑丈な勉強机、これも大工さんに寸法や色を伝え
取っ手を買いにいって、あつらえてもらったもの。
c0339249_00160750.jpg

まだまだこれからカーテンを付け替えたり、バスルームの棚を作ってもらったり
あれこれ備品調整が残ってはおりますが、完成した我が家。
お近くにお越しの際には、お立ち寄りくださいませ。

人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-21 15:51 | おうち造り

劇的改造 インド編 その1

↓どこの遺跡の写真ですかぁ~??
c0339249_00160603.jpg

あははは・・・これ、室内なんですよ。
ようやくロケーションばっちり(公園の前、1階、だんなの実家から
「チャパティの冷めない距離」)の中古フラットが見つかり、購入したのは
昨年の秋のこと。しか~し!作りつけのクローゼットが各部屋にあるのはいいが
蟻が巣くっていたり、板がぼろぼろだったり(一番上の写真の部屋は
下↓のような作りつけの棚が窓側にあったのです)
・・・床はフローリングだったんだけど、はがしてみると その下にお粗末なタイルが
敷いてあり、そのまた下の土台工事がきちんとされてなくてパコパコ動く状態。
c0339249_00160610.jpg

そこで・・・・じゃじゃ~~ん、「匠」の登場ですよ。つ~ても、あの私の大好きな
テレビ番組、劇的改造Before and Afterみたいに、すごい建築家が
いるわけじゃないので、腕の良い大工さんを頼りに、自分たちで
あ~でもない、こ~でもないと試行錯誤すること半年以上。
はっきりいって「新築」するのと同じじゃないかぁ?ってなくらい
手間も時間もかかりました。でもね、白い大理石の床に
グリーンのラインを入れたかった、天井の角にはモールディングを
したかった、半オープンのキッチンが作りたかった・・・・
その希望は大体叶いました。

工事請負会社に丸投げするのと違って
なにもかも、自分たちで選んで買ってこなくちゃならなかったので
(ビルダーに一任したら良かったんでしょうけど)
暇さえあれば、水道の蛇口やさん↓とか
c0339249_00160648.jpg

ランプ屋さん↓とかをウロウロしておりました。
これがまた、やたらと楽しかったんだけどね。
c0339249_00160691.jpg

ほんとはまだまだあれこれ希望を言えばきりがなく
私が何か提案するたびに、だんなが「ひぇ~」とおののくので
ま、その希望は一軒家でも購入した暁に実現すればいいな、と夢を残しておいて。

続編にて「ビフォー&アフター」をご紹介~~
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-20 15:53 | おうち造り

インドの子供たち in 長野

事あるごとにご紹介している、息子の通うインド現地校と
長野市立川田小学校との交換プログラム。
いつもはデリーで川田の小学生を受け入れるコーディネーター役なんですが
今年は私も息子連れで、長野まで現状を視察に行ってまいりました。

わがまま一杯に育っているインド側の参加児童たちが(日本行きの
旅費・経費をホイと出せるお宅の子たちですから、結構な大邸宅で
中にはプール付きのファームハウスに住んでる子もいるし、
普段は自分たちのこともお手伝いさんがやってくれてて、
自分の部屋の掃除だってしたことな~い・・・・て子もいたりして。)
どんな風に、長野のホストファミリー宅での暮らしや、学校生活に
アジャストしているのかをこの目で見てみたくて。
でも、私が同時期に行くんだよ~とアナウンスしてしまうと、頼りにしすぎて
危機感(?)がなくなるから、とひたすら「秘密裏」にコトを進めたのです。

JA○で成田に到着し、東京観光のあと夕方の東京⇒長野間の
新幹線に乗る一行と、改札口で合流。私を見つけた子供たちの
すご~く驚いた顔と、その後の大騒ぎとが今思い出しても笑えます。
新幹線は本当に飛ぶようにノンストップで走る・・・・と想像していた子たちは
トンネルが多いのと、あちこちで停車するので意外だったみたい。
とうとう↓時差ぼけで新幹線内で爆睡する子も。
c0339249_00160449.jpg

初日到着後、長野駅でホストファミリーや先生方が横断幕と花束を持って
お出迎え。にぎにぎしく「顔合わせパーティ」会場へと移動した子供たち。
私はいきなり通訳係になり、その後3日間の滞在中何かとあたふた
走り回って過ごしました。息子はまるで訪問団一員のように年上の子達の
中で楽しく過ごし、日本語ができるので「子供部門通訳」で大活躍。
c0339249_00160472.jpg

2日目の朝は新聞社やテレビ局、地元有線放送局などの取材も入っての
歓迎式典。インドの子供たちは練習を重ねた「世界中の子供たちが」を歌い
ヨーガやボリウッドダンスで盛り上がり。
川田小学校は英語人形劇や竹馬・一輪車・独楽まわしなどを見せてくれました。

3日目の土曜日にはホストファミリー全員と、バス2台で「忍者村」で
思いっきり遊んだあと、バーベキューランチへ。その後広~いお庭で
日印の子供たちが入り乱れ(?)て走り回って鬼ごっこで盛り上がり。
・・・・・(ヴェジタリアンだって申告してたインドの子が「BBQチキン」を
食べようとしてたのでそれはチキンだよ~・・って言ったら「大丈夫、
いつも食べてる」って。あれれ???つまり、日本で何を食べさせられるか
わかんないから、とりあえずヴェジの申告をしたのか?)
c0339249_00160591.jpg

我が家は横浜・東京とその後の予定があったので、離団しましたが
一行は;
次の日曜日は各ホストファミリーと過ごし(100円ショップやら
大型電気量販店が人気だった)、月曜日は5年生・6年生と一緒に
小布施へ遠足に。(このために5・6年生は遠足日程を延期してくれていた)
そして火曜日はお別れ会、水曜日早朝出発でTDLへ行き、
1泊して帰国・・・というスケジュールだったのです。

インドの子供たち、ひとりの女の子は初日にホームシックに。
夜遅くにホストファミリーから私の携帯に電話があり、「○○ちゃんが
泣いている」って。とにかく今日は寝なさいね、となだめたんですが・・・
反して男の子は強かった。
引率の先生の携帯にインドの家族が「一日に一度だけ」電話をして良い、と
いう約束だったそうなんだけど、そんな約束をインド側が守るはずもなく、
授業中だろうがなんだろうが電話がかかってくるのにはちょっと閉口しましたが。
ま~電話大好きなインド人だから、仕方ないんだけどね。
あの子とあの子の家から電話があったのに、うちからはまだかかって来ないと
泣き出す子がいたりしてね~。

毎回ボランティアの通訳スタッフが国際親善クラブの手配で
ついてくれているのですが、、今回は双方の事情が一番わかってるから・・・と
式典から何から、全面的に通訳を担当することになり
のんびり諏訪の友人の家にも遊びに行ってみよう・・・な~んて思っていたけど
無理でした。

子供たちの可能性って、すごい。
双方が一緒に遊んでいるときに、日本側の子が走ってきて
「”一緒に遊ぼう”って、英語で何て言うんですか?」
「鬼ごっこのことは英語で何て言うの?」って。
こうやって覚えた英語は、きっと忘れないでしょうね。

いずれにしても、この交流が実り多いものであることを
長野でも実感できて、ちょっと一安心したのでした。

人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-16 15:55 | インド教育事情&子育て

さよなら、MTNL

日本へ行く2ヶ月ほど前から、自宅で使っているネット回線が
どうにもこうにもトロくなり、電話会社に連絡しても一向に
埒が明かない状態。そのうちウィルスにやられ、なんだか
PCの調子も悪くなったので今回の日本への帰省にあたって
PCを徹底的に修理してもらってきたのです。

でもでも、ネット接続は改善されず、とうとう解約することに。
解約する段になって、先方が「ちゃんと動くようにエンジニアを
送ります」とかなんとか言ってきたけど、もう堪忍袋の緒が切れたのじゃ。
オフィスの回線(Airtel)は快適に動いているので、多分家のも
エアテルに乗り換えることになるでしょう。・・・ってわけで、
「さよなら、MTNL」なのであります。

ちなみに出張中に必要だから・・・と入手したTATA Indicomの
携帯モデムですが、これまた使い物にならず。(もともと渡されたモデムが
不良品だったらしいのですが。)契約を白紙に戻すのに、えらく
時間と手間がかかってしまいました~~! ま、これも勉強。

それにしても、インドの物価上昇率はすごいです。
いくら日本円が強いとはいっても、
おまけに旱魃で、野菜や果物が高い!道端の木に生ってるはずの
アムルード(グァバ)やジャムンまでが、去年の軽く倍の値段になってます~
一番庶民的なギアまでも、去年の4倍!!
こんな調子じゃ労働者階級の人々は、豆カレーすらぜいたく品になるんじゃ
ないでしょうか??油だって高いので、お手伝いさんが「マダム、揚げ物に
使った廃油を下さい」というのもわかる気がする。日本だとスーパーで
サラダオイル1本99円セールなんてのがありますけど、そういう機会もないしね。

電気代も高いんですよぉ!ちょっと冷房をつけっぱなしにすると
軽く10,000ルピー(約2万円)を超えます。GNP、GDPに
比較して、電気や家賃が高くつくのは、なんか納得行きません。

というわけで、理不尽な値上がりの続くものがおおくて
家計のやりくりも大変なのでございます。
・・・・な~~んちて、我が家は「だんなが会計係、私は使う係」なんだけどね。
【インドでは男性が財布の紐をあずかる場合が多いのよ】
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-14 15:38 | 青蓮日記

インド・夏の色&イチオシ本

月曜日にいつもの移動市、「Monday Market」に野菜を買いに行き
調理に時間のかかる(下ごしらえが面倒な)野菜をあとまわしに・・・と
夏ばて防止カレー作りの必需品、カレラ(苦瓜)をぬらした布袋に入れて
冷蔵庫の野菜室に入れておいたらば。

大変なものが生まれておりましたぁ!!

ちびちびカレラ20個くらいあるうちの、2個が熟しておりましたぁ~!!
色があまりにインド的なので、お皿に載せて記念撮影。
深紅・オレンジ・緑。ラージャスタンあたりの女性のサリーや
ガーグラー・チョーリー(スカート・丈短ブラウス・スカーフ3点セット)に
ありそうな色合わせでしょ?
c0339249_00160593.jpg

インドらしい色といえばコチラ↓
パリコレなどにも参加し、すっかり時代の寵児となったインド人デザイナー、
マニーシュ・アローラからのセール招待状。
500ルピーに値下げされてるアイテムもあるんだって。
派手派手で二の足を踏むものが多いけど、普段着ラインは面白いのが
結構あるので、皆さん機会があったら見てみてください。
c0339249_00160678.jpg

そして、この夏の間に手にした本で、一番のお気に入り。
ウルドゥ文学の別冊で、ショーカット・カイフィーの自伝の日本語訳。
作者はシャバナ・アズミ(女優であり、国会議員でもあり、女性の自立を
助ける運動やら田舎に学校を設立する運動やらの旗手でもある)のお母さん。
ご本人はインド舞台演劇界の重鎮でもある方で、有名な映画にも出演なさってます。
いろいろと常々疑問に思っていたことが、この日本語訳のおかげで解明
されて、有難いことでした。
c0339249_00160659.jpg

疑問に思っていたことのひとつは、息子の通う学校の本校(6年生~高校3年生までが
通うシニア・スクール部門)の通学路に「カイフィー・アズミ・マルグ」という
通りがあって、なんでこんなところにカイフィー・アズミ(シャバナ・アズミのお父さん)の
名前がついてるかなぁ??と思っていたので。この本の中でその謎が
解けました。その他にも、現在映画界や文学界で活躍する数々のインド人の
系図やらつながりやら・・・・
私の活字中毒をご存知のYUKKEさんが、今回の私の帰省中に
博多の実家に送ってくださったものでした。
青蓮スペシャルコレクション入り決定の一冊です!
人気blogランキングへ
c0339249_00150373.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-10 14:57 | 青蓮日記

豚インフルエンザとの遭遇@日本

デリーをあとに、息子の学校の夏休みをほとんど丸々使って帰省した日本。
・・・ですが、今回は「豚インフルエンザ」の影響があちこちに。

5月初旬、博多は暢気なもので、マスクをした人はほとんどナシ。
東京ではちらほらマスク姿の人が。
長野や東京で遊んだ帰り、もう一人ぜひ会いたいマダムがいたので
神戸で途中下車して、ランチでも・・・なんて約束していたのに
大阪、兵庫でのインフルエンザ蔓延の時期と重なってしまって
彼女も神戸をはなれ、騒ぎがおさまるまで淡路島に避難(?)するというので
電話での連絡のみに。

心配していたのは「キッザニア」がインフルエンザのため休館になるかも・・・・
ってことでしたが、これは何とかセーフ。
豊洲近くに住むお友達も誘って、息子がキッザニア体験中に
二人でおしゃべり三昧。
息子は「平日」だったのもあり、ほとんど並ばずにお目当てのお仕事体験が
できて大満足、親はひたすら「よくできた施設だ」と感心するばかり。
c0339249_00160218.jpg

パイロット↑体験のあとはピザを焼き↓
(息子のとなりにいた子が、鼻水をすすりつつ、それをぬぐった手で
ピザをコネコネ・・・・ぎゃ~~~~!!!)
c0339249_00160349.jpg

運転試験場で試験を受けて、免許を手にしたあとは「レンタカー」を運転したり
ガソリンスタンドで働いたり、自動車修理点検会社でお仕事したり。
途中で「マジック」を習得してマジシャンに。↓(貸切状態)
c0339249_00160302.jpg

それからテレビ番組「ソロモン流」でも話題の会社として取り上げられた
ABCクッキングスタジオでは「押し寿司」を作りました。(ここも貸切、先生と一対一状態)
c0339249_00160334.jpg

TDRかKidzaniaかどっちかひとつよ、という選択に、息子は早くも
来年のことを考えて悩んでいるようす。首都圏に帰省するんだったらいいけど
なんせ博多からのお出かけは何かとモノイリなのですよ。

今回はお台場のLE DAIBAに2連泊して快適でした。
それも20時以降のチェックインだと、1泊12,000円というお得なプランを利用。

博多に戻ってからの息子の楽しみは、水泳教室。3歳のころから帰省のたびに
約2ヶ月ずつ通っているので、お友達も何人もいるのですが、、みんな継続して
通っているから「ベストスイマークラス」とかに進級していて、レーザーレーサーみたいな
かっこいい水着を着ているのよね。息子はようやっとクロール息継ぎで25メートル・・・・
それでも帰るたびに1級ずつ進級してるので、まぁ上等じゃないかと。(親ばか)

最後にインフルエンザが板付やら三筑界隈で流行したので、1週間水泳教室も
お休みになってしまい、楽しみにしていた「日帰りキャンプ」が中止に。
思わぬところでインフルエンザの影響を受けてしまった一時帰国なのでありました。
みなさんのお住まいの地域ではその後、いかがでしょうか?
インドで新型インフルエンザが拡大しないように祈るばかりなのでございます。
[PR]
by neelkamal-archive | 2009-07-01 15:55 | 青蓮日記