<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

グルガオン発「インド一周の旅」

本日のデリーの新聞は、Kingdom of Dreamsという娯楽施設の
宣伝がてんこ盛り。
デリーに隣接するグルガーオン、セクター29にオープンしたもので
一箇所でインドをまるごと体験できる:
ショッピング・レストラン・シアター・各州建築物・各州の文化を
派手派手に演出した施設。
カラフルさはディズニーランドのアラビアンナイトのエリア
それにユニバーサルスタジオ風味をちょこっと足して
インドをてんこ盛りにしてみました~・・・って感じ。

場内はいくつかのエリアに分かれていて
Nautanki Mahalでは大道芸っぽい出し物や、ボリウッドダンスを
題材としたショーなどが楽しめます。
Showshaa Theaterでは時期により、ラームリーラー(ラーマ神の物語)や
クリシュナリーラー(クリシュナ神のおはなし)などが上演され
ゲストが「花嫁・花婿・招待客」などに扮して体験できる
「インドの結婚式」などもあります。
Culture Gullyには各州の代表的建築物をかたどったパビリオンが
並び、大道芸やダンス、ショッピングやアーユルヴェーダマッサージなど
イベント盛りだくさん。

プロデュース・プランニングを手がけたOmung Kumar氏は
来るコモン・ウェルス・ゲームズのオープニングセレモニーなども
手がけるそうです。ちょっと楽しみ。

ウェブサイトはこちら Kingdom of Dreams
(インドの通信事情を鑑みず、えらく重たいサイト・・・・www)

デリー・グルガオンにお越しの際には、話のタネに行ってみてはいかが?

今日も応援クリック、ポチっ↓と よろしくお願いしまっす!
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-31 15:00 | 青蓮日記

デリーでシーフード・フェア!

本日のタイトルは正しくは「シーフード・フェア@青蓮食堂」です。www

インドの内陸に位置するデリーでは、
シーフードの新鮮なのを手にいれるのは大変なんです。
いつもピッチピチ新鮮な魚が手に入る、博多で育った私にとって
デリーの魚の鮮度は・・・・衝撃的でした。
INAマーケット(デリーっ子の台所ともいうべき、ローカル市場)の
魚屋さんで「これ、なんていう魚?」と聞いたら
帰ってくる答えは「Sea Fish」または「River Fish」
え~~~と・・・・・・・

新鮮な魚を日本から空輸・販売しているところもありますが
庶民にはちょっとお値段が張るもんで、ぐっと我慢・・な
日々を過ごしておりました。その分、博多に帰省したときには
これでもか~!ってくらいに魚三昧・牛肉三昧・豚肉三昧で
インドで普段食べてないものを「うわばみ」のごとく食す日々。

でも、最近では有難いことに冷凍の魚介類を置いている店が
できたり、「もやし」が手に入るようになったり、
日本人女性が作っているお豆腐やさんがあったり(詳細はコチラ)と
デリーでの食材調達事情は格段に進歩しました。
その恩恵に甘んじていられるのは、実はデリーに在住する
韓国のマダムたちのおかげでもあります。
韓国マダムのネットワークの緊密さ、そして「美味しい食材を
少しでも安く仕入れよう」とするパワーには脱帽!
c0339249_23573139.jpg

そういうわけで、最近はあれこれシーフードが手に入るので
ゆうべはパエージャ(魚介パエリア)↑を作りました~!
パエージャといえば、本場スペイン・バレンシア地方では
ウサギ・鶏・カタツムリ・いんげん豆・パプリカなどを
入れるんですと。そんで本場のはこんな↓パエジェーラという
平たい両手つきの専用鍋を使うんです。
c0339249_23573398.jpg

へ?うちのは専用鍋「パエジェーラ」かって??
チガイマス~~。あの、夫に「骨董品か」とバカにされつつ
実家から持ち帰った無水鍋の蓋部分でございますよ。

弘法は筆を選ばず。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします!
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-30 19:16 | 食文化

日印コラボ・インド音楽はいかが

モンスーンも終わりに近くなり、凌ぎやすくなる8月
後半から堰を切ったように、イベントが目白押し。
8月16日から約1ヶ月間、友人でタブラーの名手でもある
Arunangshu Chaudhuri率いるインパルスというグループが
日本からのアーティストと競演。
インド各地を回りますが、デリーおよび近郊での予定は
下記のとおり。

8月23日はグルガオンのエピ・センター
9月4日 ジャパン・ファウンデーション
9月10日 ドイツ大使館

PLANET INDIA (streaming version)

yo_sato | MySpace Video


上のストリームは2月に展覧会の紹介記事にもご登場いただいた
デリー在住ヴィジュアルアーティスト・Yo Satoさん製作の「Planet India」
BGMに流れているのがYoshida Daikitiさん率いる
Alaya Vijanaの演奏によるもの。

なかなか落ち着いてインドの音楽を楽しむ機会がない
そもそもいつ、どんなイベントがあるのかもわからない
・・・・デリーに住んでいてもそういう方も多いようですが
この機会にゆっくり 綺麗なシタールの音色や
タブラーのリズムを感じて 聴き入ってみませんか?

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いします☆
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-29 16:53 | 芸術・文化

インド・子供のお稽古ごと事情

インドの子供たち、学校に行ってる以外は何してるの~

・・・・とよく聞かれます。
そうね~、ご近所づきあいや子供の世界観は
昭和40~50年代の日本みたいかな。
夕方になると、自宅近くの公園に集まって遊具で遊んだり
クリケットやサッカーを楽しんだり。公園に顔を出さないと
近所の子が「○○く~~~ん、あ~~そ~~ぼ~~」って
下から叫び、それでも行かないと、玄関のベルがピンポ~ン♪♪
公園の常連には「ジャイアン」みたいな子がいたり、スネオがいたり
・・・まるでドラえもんの世界。

そんなインドですが、人気の「お稽古ごと」も一杯あって
男子は「クリケット選手になること」が夢だって子が多く
プロを目指す子は「○○アカデミー」と名のついた、コーチつきの
クリケット教室に通っています。
c0339249_23572943.jpg

週4回練習日+週末は連戦、というアカデミーもあって
勉強との両立は大変そう。でも得てしてこういうアカデミーに
通っている子は文武両道のお坊ちゃまタイプが多いです。
なんせ、ジュニアチームのうちから海外遠征などもありますから、
ある程度お金持ちでなくては、太刀打ちできませんよね。

小学生男子に人気の音楽系習い事といえば「タブラー」。
小学校の学芸会などでタブラーを演奏する子たちは
たいていタブラーの自宅レッスンを受けていたり、
先生について習っている子ばかりです。
中学生くらいになると、ギターやドラムを習いに行く・・・なんて
子も出てきます。

ちなみにインドでは「オルガン」系は総称して「カシオ」って名前でして
それがヤマ○の電子オルガンであっても「カシオ」と呼ばれています。あれれ?

インドの女の子になんといっても人気なお稽古ごとは
「インド古典舞踊」。なかでもバラタナティヤムの
教室に通っている、と言う子が一番パーセンテージが高いんじゃないかな。
バラタナティヤムの場合には、グルジー(師匠・大先生)によると
身体ができて:7歳から習い始めるものだそうです。
上下関係やお行儀にもとても厳しく、教室指定のクルタパジャマで
踊っている学校が多いです。
(↓友人のRamaさん。各国でのインド古典舞踊コンサートや
ワークショップで世界中を飛び回っている、あこがれの女性です。)
c0339249_23573199.jpg


最近はロシア人の先生がやってるバレエ学校がデリーにも
お目見えしたので、クラシックバレエを習ってるインド女子もいますね。

一時のブームは去ったようですが、算盤教室も相変わらず人気。
お揃いのバッグと、教室ロゴの入ったポロシャツを着て
意気揚々と算盤教室に通うインドの子供たちを見ていると
「日本じゃインド式算数が話題で、インドじゃ算盤教室かぁ・・・」と
不思議な感覚に陥ります。
インドの小学生に「好きな科目はなぁに?」と聞くと
たいてい「算数!」って言うんですよね。
算数苦手な私にしてみると、とても不思議なんですけど。

日本と同じく、お稽古事で一週間が埋まってしまう・・・なんて子も
たまにはいますが、平均すると「公園で近所の子供と遊ぶ」子が
まだまだ圧倒的多数なインドです。

今日も応援クリック ポチっ↓とよろしく お願いしまぁす!
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-28 19:08 | インド教育事情&子育て

デリー空港・T3完成の影には

7月14日オープンの予定だったデリー・インディラ・ガンディ国際空港の
新ターミナル「T3」。予定は2週間伸びて、28日が正式オープン・・・・
明日からとりあえず(?)国際便が飛ぶようです。

前回ターミナル完成のことをお伝えしたときにも触れた
ムドラー(印を結んだ手)が並べられた壁面デザイン。
なんとひとつが高さ約3メートル弱、全部で24個のムドラーが
銅版の間に配されています。
c0339249_23572730.jpg

その仕掛け人・作者はジャイプルで制作活動を続ける二人の男性

ひとりはAKFDというおしゃれなインテリアセレクトショップの経営者でもあり
インド屈指の芸術大学National Institute of Design卒の
アユーシュ・カスリワル。彼はラージャスターンだけでなく
インド各地の「消え行こうとしている手仕事」を復興させる
アイディアマンでもあります。敏腕な仕事ぶりに反して
ご本人はとてもマイルドなやさ男。

そしてもう一人はボンベイ大学で彫刻を学び、写真家としても
著名なニキール・バーンダリ↓。空港公団からつきつけられた
到底無理な納期を、職人さんたちとの二人三脚でクリアした
敏腕(?)彫刻家でもあります。
c0339249_23572811.jpg

ターミナル3が完成したこと、そしていよいよオープンするよ!という
賑々しいニュースにかき消され(?)
建築やデザイン、オブジェ製作に携わった人々のことは
メディアではあまり紹介されていないのが残念ではあります。

インドを代表する空港の、一番の目玉となる壁面デザインと製作が
「ジャイプル」から発信されている・・・というのは
特筆すべきことであると思います。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします~~!
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-27 15:28 | 芸術・文化

顔で選んではいけないのだ

去年のちょうど今頃、新居のプージャ(お祈り儀式)を済ませ
新調した家具や家電に囲まれて、あらたなスタートをきった我が家
とくにキッチンまわりは私の使いやすいように、作りつけの食器棚を
配したり、調味料用の引き出しをガス台の下に作ってもらったり
あれこれわがままを聞いてもらったのでした。

ガス台もあれこれ見てまわって、
とにかく市販の↓ 高さのある、こういうのじゃなくて
c0339249_23572639.jpg

作業代とほぼ同じ高さになる、おしゃれなのを・・・・と
イタリアのメーカーのグラストップのを選んだんですよ~

遊びに来る友人たちにも「お~、おしゃれなガス台ね」と
評判も上々で、(グラストップをいつも綺麗にするのに
しょっちゅう拭いてないといけなかったんだけど)
気に入って、はりきってお料理してましたよ(←過去形)

先週末、朝ごはんを作って、息子が食べている最中
私は洗濯ものを干そうと、バルコニーへ。
するとキッチンから聞こえた「ボンッ!」という音。
走って見にいってみたら、ガス台がこんなん。↓
c0339249_23572648.jpg

たしか換気扇とセットで日本円で5万円くらいしたのに!
グラストップは「補償外」だから、交換すると
実費で8000ルピー(15000円くらい)かかるって。
・・・・補償外ってことは、グラストップが割れるのは
メーカー側は予想してたってこと~~??

それからあれこれ調べてみると、外国製・国産ともども
グラストップのものが割れたというクレームがいっぱい。
つまりグラスの耐性と構造上に問題があるってこと??
日本じゃ有り得ん・・・・リコール対象になるよね。

「顔(見た目・デザイン)で選ぶなよ」といつも夫が言ってるのが
よ~~~くわかりましたよ。
そんで昨日 Spencer'sに行ったら、入ってすぐのところに
インド国産メーカーのガス台(2穴)が999ルピーで置いてあって
よっぽど見てくれ無視して、とりあえず買おうかと思ったのでした。

「顔で選んではいけない」ということを改めて学んだインド生活なのです。
<夫が「あんたのことは顔じゃなくて『頑丈』だから選んだ」と
超失礼な発言を。うぬぬ・・・・・。当たっているから言い返せない。>

リン○イさん、優秀なガステーブルを
ヤマ○さん、おしゃれなシステムキッチン一式を 携えて
どぉ~~~ん!とインドに進出してくださ~~~い。

今日も 応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いします~
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-26 11:51 | 青蓮日記

クチュール・ウィーク ファッションショー@デリー

デリーではただ今「クチュール・ウィーク」と題された
ファッションショーのまっただ中。<7月20日から25日まで>
主催はFashion Designers Council of Delhiで
年2回のファッションウィーク(ウィリス・インディア・ファッションウィーク)
や、男性もの限定のファッションウィーク(ヴァン・ホイゼン メンズウィーク)
同様、デリーで開催される名だたるファッションショーのひとつです。

日本でもサン・モトヤマさんなどで早くから取り扱いが始まった
Tarun Tahilianiや、ヨーロッパのファッションウィークでもおなじみの
Manish Aroraなどは出ていないのですが
それでもインドで有名なデザイナーはほとんど登場。
Rohit Bal、 Anamika Khanna、 JJ Valaya、 
Sabyasachi Mukerjee、Satya Paul、 
Varun Bahl、 Abu Jani & Sandeep Khosla他総勢17名の
デザイナーが名を連ねています。

いよいよクチュール・ウィークが始まる!という段になって
タイトルにつけられたPearl'sの名をめぐって
パールズ・ファッション・インスティテュートから
「うちとは何の関係もない、名称からPearlsを取ってくれ」と
訴訟を起こされたりした曰くつき。
パールズ インフラストラクチャー&プロジェクト という
会社の全名称を併記することで、そのままGOとなりました。

初日は人気のSabyasachi Mukerjeeのショーで幕開けし
滞りなく2日目・・・・と思いきや。
このショーのハイライトとでも言うベき Rohit Balのショーが
開始寸前に警察のストップがかかり、あわや!の大パニックに。
会場であったAmanホテルも、デザイナー側も 警察に
「プールサイドおよびプールを使ってのファッションショー」開催の
許可申請をしていなかったというもの。
こういう場合、主催者のFDCIは関係ないのね。

なんとか1時間おくれで22時半から始まったショーでは
繊細なふわふわ加工のドレスやら、↓こんな綺麗な仕上げの
ドレスが。これを見て「水引」みたいだ~と思ったのは私だけ?
c0339249_23572345.jpg

そして、白いふわふわ服のパフォーマンスでは、モデルさんも
デザイナー自らもプールの中へ。
これがやりたかったから、プールの綺麗なAmanを選んだわけね。
c0339249_23572454.jpg

今日はVarun Bhalと Suneet Vermaのショー
そして明日のグランドフィナーレはAbu Jani & Sandeep Khoslaです。

おまけ画像は今年のカンヌ映画祭に出場の際の
ディーピカ・パドゥコーネ(Rohit Balのサリーを着用)と
デザイナー本人。ジョッパーズパンツが目立ってます!
やっぱりこういう場面ではインド人女優さんはサリーを着て欲しいな
c0339249_23572545.jpg


さて。
クチュールウィークに出てない大御所
Tarun Tahilianiは何してるか?というと
あのEMPORIO(デリーのブランドモール)でのソロ・ショー
実物大の象のオブジェが飾られ、渾身の「ブライダルコレクション」が
発表されるんだって。こっちも見てみたいなぁ・・・・

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いしま~~す。
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-24 12:32 | 青蓮日記

ウケまくりの口調

最近我が家では
「Wii Fit」のウィーボのマネが流行っています。

 ○○サン、○日ぶりデスね!

(म"म)・・・・そんなに毎日は遊んでられませんよ!

おや、体重が増えましたネ
おやつを食べすぎてイマセンか?


(ठैдठै)・・・・どぇ~~、な、なぜ 知っているの?

思わず吹き出すようなコメントの嵐。
これを開発した人たちは、本当にすごいと思います。

私の専属トレーナーはもちろん「男性」
夫と息子のトレーナーは もちろん「女性」

からだ年齢測定もウケてます。
若いつもりでも、身体のバランスはやっぱり年相応。

段差につまづいたりしてイマセンか?

(णAण)・・・・段差にはつまづかないけど、家具の角っこに
        足の小指だけひっかかるのはナゼですか?


そして、更に爆笑ものはMii。
特に夫のはそっくりすぎて、画面に出てくるたびに大笑い。

先週の土曜日の夕方なんて、息子を公園に送り出したあと
夫婦でWiiでゴルフ対決とフラフープ対決。
なんせ娯楽の少ない国なもんで。wwww

今日も応援クリック ポチっ↓と お願いしま~す
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-22 16:27 | 青蓮日記

美しきマハ-ラ-ニ- ガーヤトリー・デーヴィー

インタビューのため、インドの有名な会社のCEOや
王族とお目にかかる機会がありますが
今までで一番綺麗な英語(クィーンズイングリッシュ)を
流暢に話した方は、なんといってもジャイプルの
ラージマ-タ-(マハーラージャーの母后)・ガ-ヤトリ-・デ-ヴィ-でした。

小さいけれど、とても居心地のよい
品のあるお宅は、ジャイプルのタージホテル・ラームバーグパレスの
敷地に隣接していて、テニスコートではテニススクールが
開催されており、いつも地元の子供たちで溢れていました。

玄関ホールには、小さなぬいぐるみが置いてあり、来客があると
そのぬいぐるみが「ヒュ~~、ヒュウ♪」と口笛を吹くのです。
超・緊張してインタビューに向かう私たちの心を「溶かす」
そのお茶目なはからいに、嬉しくなったものです。
c0339249_23572148.jpg

クーチ・ビハールのマハ-ラ-ジャ家に生まれたおてんばな皇女さまは
イギリスで教育を受け、美貌の女性へと変身。
1950年代にVOGUE誌で「世界の美女10人」に選ばれたその
美しさは、クーチ・ビハールのマハ-ラ-ニ-(女王)であった
母親ゆずりだったと言われます。
タージ・ラームバーグパレスホテル内にはあちこちに、
ラージマーター・ガーヤトリー・デーヴィーの肖像画がかけられていますし、
「マハラニ・ルーム」は新婚時代に実際にラージマーターが使っていた
お部屋をリニューアルしたものです。
また、ホテルの室内プールはラージマーターが実際に使っていたプールで
壁面には今も、ジャイプル王家の紋章がかたどられています。

おませな少女時代、ジャイプルのマハ-ラ-ジャ・マーン・スィンに見初められ
ベンガル州からラージャスターン州へとお輿入れ。
在スペイン インド大使でもあった夫とともに、ヨーロッパにも長期滞在し
ヨーロッパ社交界でも一目をおかれる注目の存在だったのです。

不幸にして夫を早くなくし、インド独立に際しマハーラージャ制度が
廃止された後も、気丈にジャイプル王家のしきたりを守り
国会議員としても大活躍、自身の政党を擁立し、インドの
近代化や女子教育へと力を注いだのです。
事務所をジャイプルを見下ろす小高い丘の上の宮殿に置き
精力的に街の発展に尽くし、廃れつつあったブルーポタリーの
復興にも尽力した女性でした。
自らヴィンテージカーレースに出場したり、馬術大会に出たり
とても行動的であったのも知られています。
c0339249_23572230.jpg

「5月生まれだから、エメラルドが誕生石なの。
エメラルド色のサリーがお気に入りよ。」
そう言ってにっこり微笑んだラージマーター。

その後もう一度お目にかかったときには
「杖が手放せなくなった」と仰りながらも、
可愛いフェラガモのぺたんこバレエシューズを履いて
ラージャスターン産の絞りのシフォンサリーを
さらりと着こなしておられました。
「山の上の事務所へは、とうとう通えなくなったから
自宅に事務所を移したの」と居心地のよいソファーで
撮影に応じてくださったのが思い出されます。

昨年7月29日、90歳で亡くなられてから、もうすぐ1年がたとうとしています。
ジャイプルに行くたびに、あの毅然とした、気品に溢れた
ラージマーターの姿を思い出す私です。

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いね☆
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-21 20:50 | 青蓮日記

「王冠」がなくっちゃ!!

モンスーン(雨季)になると、野菜市の野菜の種類も増え
この時期はおいしいトウモロコシの出回る季節。
道端で炭火で焼いたトウモロコシ屋が目立つようになりました。

旬の野菜しか手に入らないインドのローカル野菜市
夏場はニガウリやトマトが新鮮です。
トマトを買うときにも、私なりのこだわりが。
必ずデーシー(国内産)のもの:酸味が強い で
「王冠」=ヘタのついたものを吟味すること。
c0339249_23572038.jpg

デリーで売ってるトマトには「Desi」(インド産丸いトマト)と
「Angrezi」(海外原産の楕円形トマト)とがありまして
トマト丸かじりが大好きな私としては、ぷっちぷちのがいいな~と。
日本の甘い大玉トマトと比べると、皮も固いし酸味は強いし
原種に近いんだと思いますが。

お次はキャベツ。この辺で手に入るキャベツは
とにかく固いんです。千切りにしても歯ごたえありすぎ。
日本のキャベツ農家さんに言わせると、こりゃキャベツ失格だと
言われるかもね。
c0339249_23572040.jpg

なんせ「生野菜を食べる」という習慣はなかった国ですから
最近ようやくサラダ菜とか、レタスとかが限られたお店で
お目見えしたところでして、それもやたら高い!
レタス一玉が、マンゴー4個と同じ値段だなんていわれたら
そりゃ~マンゴーを選ぶよね。
ベランダ菜園を試みているところですが、まじで
レタスとかサラダ菜を植えてみたら育つかしらと企てる昨今。

ミネラルたっぷりの「緑豆もやし」は簡単に作れることが
わかってたけど、じゃ~他のはどうか?と
「アルファルファ」を試してみました。6時間ほど水につけて、
その後水を捨てて蓋をして1日たったところ。↓
c0339249_23572195.jpg

も~ちょっと伸びたほうがおいしそうだけど、
取り急ぎ(?)今日の夕方、サラダにして食べます。

今朝、夫に
「ねぇねぇ、野菜やハーブを植えたいから、庭付きの
一軒家を買って」と言ったら、即刻却下されました。

モンスーンらしい雨がようやく降っているデリー
おかげで今日は 少し、暑さもしのぎやすくなりました。

今日も応援クリック ポチッ↓と お願いしまっす!
c0339249_23562914.gif

[PR]
by neelkamal-archive | 2010-07-20 15:18 | 食文化