<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「秀でたものがある」ということ

デリーにお住まいの女性たち、ご主人の駐在の帯同で
お越しになった方や、結婚を機にインドに住んでいる方、
自らの仕事でデリーにいらした方・・・・・
多彩&多才な方が多いんです。
何かに秀でているって、本当にステキですよね。

とんぼ玉作りのお師匠様が、クリエイティブなお仲間を集めて
ミニ・メーラー(バザー)をなさるというので、お小遣いを
握りしめて(!!)行ってきました。10時からだっていうのに
こんな日に限って、お手伝いさんがのんびりやって来るぅ!
もう、ダスティング(砂塵が目立つので、ほこりを綺麗に掃除してもらう)は
端折っていいから、床のお掃除だけ早く早く~~!と急かして
ようやく10時半近くに会場に着いたら・・・・・
もう大混雑の大繁盛状態じゃ~ありませんか。

とんぼ玉のステキなアクセサリー
かわいい服がいっぱいのセレクトショップMasala Tea
半輝石や金銀を使ったオリジナルアクセサリー
アロマテラピーで話題のAromany

う~~わ~~~!どこも満員で割り込めない~~

そんな中、大きな体をちぢこめて(!)あちこちに潜り込み(!)
ゲットしてきたものたち。

セレクトショップMasala Teaでは
マサラバッグをまとめ買い。インド好きな友人へのお土産に。
そして、自分用と親友用におそろいの刺繍入りTシャツを。
これだけ刺繍が入ってあのお値段。や・す・い!!
c0339249_01300095.jpg


乾燥が気になるこの時期、マッサージに効果的なセサミオイルと
良い香りのゼラニウム精油。(後ろの瓶は商品とは関係ありません。)
KさんのAromanyのもの。早速使ってみたら、なかなか良いかんじです。
c0339249_01300073.jpg

入ってすぐにぱっと目にとまったこれ。
ちょうどこういうのを探していたの。
迷わずお買い上げです。Iridescentのオリジナルアクセサリー。
Kさん、ところでこの石はなぁに?
c0339249_01300155.jpg

え~~と・・・・

家人には「年末年始の日本帰省のお土産などを買う」と
お小遣いをせしめて(!)来たのですが
自分のものしか買ってないっす。ま、たまにはいいか!?
デリーでこんなクリエイティブな手作りバザーも楽しめるのよってことで。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01263499.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-30 02:35 | 雑貨

娘を嫁に出す母の気持ち

昨日はデリー、グルガーオン、ノイダおよび近郊に住んでいる
日本人で、音楽が好きな方々が加入している各グループの
ジョイントコンサートでした。
会場にお運びいただいた皆様、ありがとうございました。

女性コーラス、コールマユールの美しい歌声
混声コーラス、チャートマサーラーの素晴らしいハモリ
デリー和太鼓会のド迫力の太鼓演奏、
どれも感動しました~。

わがゴスペルグループ、Amigo Delhiは若いママメンバーが多く
赤ちゃん、幼児を抱っこしてのゴスペル披露。
気負わず、楽しく・・・・がモットーでいつも練習しているので
本番も楽しく、乗りのりで歌えて(とりあえず歌詞も忘れず)楽しかったです。
和太鼓、チャートマサーラ、アミーゴデリー3団体コラボの
上を向いて歩こう は東日本大震災の被災者の方々へささげる歌でした。

最後の全グループ一緒の歌は「世界がひとつになるまで」。
楽譜カバーがいる・・・というので後列で歌う3団体分、
夜な夜な画用紙をカットして両端を折り曲げ黙々と作成。
黒い紙をながめていたら頭の中にデザインがポポンっと浮かびまして。
早速ホワイトナーを手にレース模様をためしに一枚
c0339249_01295857.jpg

一枚だけ・・・・とやりはじめたらこれが止まらなくなり
約50枚、楽しく描きおえました。
その場で思いついた柄を描いていくので、同じものは描けませんで
みなさんに裏向きでババ抜きみたいにして選んでいただきました。
c0339249_01295947.jpg

まさに、娘を嫁に出す母の気分でしたよ。
行き先で気に入ってもらえるかしら、粗相のないように・・・ってね。
オオゲサですよね、はい。

遊んでばっかりなわけではなく(誰に言い訳してるんだ?)
ちゃんと仕事もしてますよ~~
・・とか言いつつ、デリーは気候が良くなりベストシーズンに突入したので
やれバザーだの、やれガーデンパーティだの、やれ買い物ツアーだの

夫につけられたあだ名「毎日お出かけ子ちゃん」の面目躍如のシーズン到来です!

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01261403.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-28 17:01 | 青蓮日記

ケーララ土産

アメリカからインドに旅行に来ていた親戚一家3人が
ゆうべの飛行機で帰っていった。デリーに到着してから
我が家で4泊したあと、「南インド10日間の旅」に出かけ
戻ってからまた3泊。デリーからアメリカン航空のシカゴ行き直行便で
15時間もかかるんだと。その先DCまで、国内線乗り継ぎ・・・
インド⇔アメリカって 結構遠いのね。
しかも時差がちょうど逆転状態だから、むっちゃ時差ぼけしそう。

本当は彼らの南インド旅に便乗したかったのだけど
息子の試験もあり、泣く泣く断念。
デリー~トリヴァンドラム~ムンナール~ハウスボートで1泊~
コチ~ハイダラバードと回って、ハイダラバード名物「ビリヤ二」(インド風炊き込みご飯)
をお土産に買ってきてくれた。

何が一番印象に残った?って聞いたらムンナールの紅茶畑や、スパイス農園だって。
c0339249_01295691.jpg


その他お土産にもらったのは、ケーララ州ムンナールで作っている
紅茶や、スパイス詰め合わせや、インスタントコーヒーなどなど。
c0339249_01295686.jpg


↑写真右手のスパイス詰め合わせセットには、12種類ものスパイスが
入っているのだった。自分でインド料理を作る人には最高のお土産だよね。
中央上のでっかい袋から時計周りに、ベイリーフ、メース&ナツメグ、クローブ、
スターアニス、オールスパイスの葉っぱ、レッドチリ、ブラックペッパー
カルダモン、シナモン、芥子の実、アニス・・・・・とすべて産地直送ってわけ。
c0339249_01295661.jpg


もうひとつ、ハイダラバードに住んでる親戚がことづけてくれたもの
トルコ名物のこのお菓子。なぜにハイダラバードで手に入るのか
イスラム教つながりなのか、よくわからんけど・・・・・
求肥餅のような、ぼんたん飴のような、ソフトな食感の「ロクム」。
c0339249_01295781.jpg


たっぷりまぶされたパウダーシュガーが ぱふぱふ ついていて
よくあるピスタチオ入りとか、ちょっと香水くさい薔薇の花びら入りとかと
ちがって、これはシナモン味で やめられないとまらない 甘さ。
しかも箱には1777年創業と書いてあるぞ。
c0339249_01295744.jpg


実はインドにも似たような食感のお菓子があって、
「カラーチー・ソーハン・ハルワー」と呼ばれているのだ。
カラーチーというからには、パキスターンのかの地が発祥だろうけど
この類のお菓子を産するところには、宗教や土地柄など、
いろんな共通項がありそうで興味津々。
あれ、ケーララ土産話のはずが、トルコのロクム談義になってしまったよ・・・・

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
c0339249_01293698.jpg

************************************
11月27日(日) 10:30より、日本人学校講堂にて
女性コーラス「コールマユール」のコンサートです。
ジョイントコンサートとして、混声コーラス「チャート・マサーラー」
デリー和太鼓会、そして私が入っているゴスペルグループも出演します。
デリーおよびNCRにお住まいの皆様、ぜひ観に・・・いや、聴きにいらして下さい!
************************************
[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-26 01:59 | 青蓮日記

「おまけ」につられて。

チョコス(チョコレート味のコーンフレーク)大箱を買うと
缶ペンケースやら、マジックセットやら おまけがついてくる。
750ml入りのオリーブオイルを買うと、ちっちゃい瓶入りの
オリーブオイルとポップコーンのもとが、おまけについてくる。
(テープでぐるぐる巻き状態でくっついてくる)
マギーのラーメンを買うと、クラッカーのミニ袋がついてくる。

なんだかんだでインドは「おまけ天国」で
こんなのつけてたら、採算は取れるんだろうか・・・と思わず
心配になるくらい、太っ腹なおまけが結構あるのも驚きなのだ。

スーパーの店員さんも、レジで「おまけ」を忘れないように
渡す・・・という作業が増えるわけだから、大変だと思うのよね。
それで「おまけ」を最初からテープでぐるぐる巻きにしている店もあり。
個人商店なんかだと、こちらから言わない限りは「おまけ」をくれない店も
ある。ご丁寧なことに、「おまけ」には必ず Not for sale って
書いてある。これを書いておかないと、転売する人が多いんだろうね。

某ネスレのインスタントコーヒーの詰め替え用を買うと
マンチというチョコレート菓子がおまけなことが多いので
今回もそのつもりで詰め替え袋入りを買おうとおもったら
ふと目に留まった ディーピカ・パドゥコーン(正統派インド美人の誉れ高い
ボリウッド女優) の写真入のインスタントコーヒー容器↓。
写真左手がいつものミニ瓶、右手が現在発売中の特別仕様のもの。
c0339249_01295588.jpg

な~んか変な形だし、ふたがとっても開けにくいわよっ!と思っていたら
使ったあとにコップとして使えるというシロモノでした。

ガラスのぽってり具合といい、楕円水玉の散らばり具合といい
結構ツボなグラスじゃ~ありませんか。
c0339249_01295510.jpg


えぇ、えぇ、あたしゃ ガラスフェチですとも。
せっかくだから、あと5~6個買っておこうかと提案しましたが
夫に即効却下!されましたとも。
(もっとおしゃれなやつをセットで買いなさいだって。
おまけ・・・ってのが心躍るのにねぇ!)

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01261180.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-25 03:15 | インドの摩訶不思議

日印 アイロンがけの極意

インドでは、町のあちこち、コロニー(住宅街)のそこここに
「アイロン屋さん」がいます。洗濯したものに綺麗にアイロンを
かけてくれるアイロン屋さん。炭火を入れてあたためる、
昔ながらのでっかい重たいアイロンを駆使してアイロンをかけて
カッターなら一枚5ルピー~10ルピー(15円)くらい。
ただし、たまに化繊のものがチュルッ と溶けたりしてることもあり
まぁ、そこは自己責任ってことで。
家にアイロンをかける服を集荷にきてくれて、できたら配達に
来てくれます。

でもね、うちの夫は「クリースがずれるのがいや」だって
アイロン屋さんにカッターを出すのを嫌がるんですよね~。
ま、そこまで言うなら自分でアイロンかけやってちょ・・・・ってことで。www

そこで気になるのが、クリース(折り目)の入れ方。
息子の制服用のカッターシャツのクリースは、買った時点で
こんな風に入ってました。
c0339249_01295395.jpg

この画像でわかるかなぁ?カフスがまっぷたつに折られていて
その両側にクリースがあります。つまり、肩にむかっての
袖中央のクリースがないってわけ。

実は以前、お仕事用のブレザーを洗濯に出したら
まんまこれと同じクリースがついて返ってきたことがあり
なんじゃこりゃ~!? ってびっくりしたことがありました。
↓日本はこうですよね?
c0339249_01295497.jpg

つまり
そで下の縫い目で折り、袖口から肩に向かって直線でアイロンをかける。
順にそでぐり、袖山、袖口、あきをかけますよね?

c0339249_01295473.jpg

ここ(ピンクの線)にあるべきアイロンの折り目がない
・・・・・な~~んとも気持ち悪い思いをしているのは
私だけでしょうか?
それでも今更日本式にアイロンをかけると、またもクリースの数が
増えて、4本になる・・・・ってわけ。これまた気持ち悪い。

こんなことで悶々としている 秋の夜長。

今日も応援クリック ポチッと お願いします!!
c0339249_01261403.jpg

Yちゃん、ポチポチいっぱい押しても一日一回カウントだよ。www
[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-23 02:12 | インドの摩訶不思議

月光を透かすサリー

先日 夜行列車に乗って、仕事で行った先は
インドでも有数のサリーの産地チャンデーリーでありました。
マハーバーラタにもすでに記述があり、11世紀にインドを
訪れたヨーロッパの歴史家が、その町の織物がすばらしい
・・・と記していたと言いますから、1000年前にはすでに
この地方では高い織物技術が確立していたわけですね。
ムガール時代には王族の衣服としてチャンデーリーの薄織物が
人気を博し、ダッカのモスリンと並んでもてはやされたと言います。
その薄織物がサリーに転化したのは、20世紀になってからのこと。

マディヤ・プラデーシュ州にあるチャンデーリーでは
シルク+コットンで織られるごく薄手のチャンデーリー・サリーが
有名です。最近では、映画 3Idiots の舞台挨拶で
カリーナ・カプールが黒に青海波模様のチャンデーリー・サリー↓を
着用したことから、インド国内でもチャンデーリーサリー人気が再ブレイク。
c0339249_01295259.jpg

そのサリーを織るチャンデーリー近辺の村々を散歩すると、あちこちから 
機を織るカタンコトンという調子の良い音が軽やかに響いて来ます。
ごくごく細手の糸を使うことから、縦糸をかけるのがとても
骨の折れる仕事で、さらにボーダーとパッルー(肩にかかる部分)に
金糸銀糸を織り込んでいくので、とても時間のかかる職人技。
c0339249_01295256.jpg

これらのサリーは総元締となる州政府の繊維部門や、販売委託先が
まとめて絹糸はじめ糸を購入し、デザインとともに織り手に預け
出来上がったら工賃を払って完成品を受け取り、ようやく流通経路に
乗るんです。
c0339249_01295219.jpg

白地に金糸の模様が入ったチャンデーリー・サリーが
グッド・アースに売ってまして。たしかに素晴らしいものだったけど
お値段がひぇ~~~っと高くて手が出ず。でも実はずっとずっと
気になっておりました。
c0339249_01295245.jpg

有名な織り職人さんたちが、自分の織ったものを
小規模に直売してくれるところがありまして。そこに行ったら
私が欲しかった例のものとほぼ同じようなものが、なんとなんと
とってもお得な価格!!!
さっさと仕事を済ませ、無理言ってお店を時間外に開けてもらい
チャンデーリー・サリーを買ってきましたとも。

薄く 軽やかで 透け感のある チャンデーリー・サリー
早くブラウスを仕立てて、どこかに着て行きたい~~!!

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
c0339249_01263618.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-21 01:30 | ファッション

デリーで太巻!

またも「食べ物ネタ」です・・・・・www
でもただの食べ物ネタじゃ~ないのよっ!

今日は仕事でハウズ・カース・ヴィレッジへ。
おしゃれなブティックがあるので好きな地区なんですが
最近またもどんどん新店舗が増えたりしていて、目が離せないところ。
そこへ~、なんと「太巻」を売るお店がオープンしたというので
仕事はさっさと済ませ (おいおい!)、スキップしながら目的地へ!
わかっていたのは「パープルジャングルの近くの路地の中」ってことだけ。

パープルジャングルを通り過ぎ、ないなぁ・・・帰ろうかなぁ
いや、もう一巡してみようと全部の路地をのぞいてみて、見つけましたっ 
その名も「太巻 FUTOMAKI」!
c0339249_01294819.jpg

お店の中には綺麗なショーケースがあって、いろんな種類の太巻が
並んでいるので、興奮MAX! 鼻息も荒く(笑)チキン照り焼きロールと
キンピラ巻を買ってきました~。
ほかにも海老ロールやら、サーモンロールやら、パニールロールやら
全種類食べてみた~い!

看板娘、かわいいMOMOKOさんで~す↓。
c0339249_01294862.jpg

いや~まさかデリーで「太巻」が買える日が来るだなんて
10年前には想像だにしませんでしたよっ ありがたや。
まだ行ったことないんだけど、グルガーオンのスイーツ屋さん;IROHAさんといい
今日のこの太巻さんといい、日本人起業家たち、頑張ってますね。
若いっていいなぁ、まずはつべこべ「できない理由」を探すんでなく
やりはじめて・走り出して、試行錯誤しながら・修正しながら
軌道に乗せていけば良いんだもんね。ファイト~!
c0339249_01294904.jpg

場所は・・・・・ハウズ・カースのメイン道路を直進し、
デリーアートギャラリー(DAG)のあるところ↑から右手にV字型に
戻り、すぐ左手にアンティク調の扉のあるこんな入り口↓があります。
c0339249_01295055.jpg


そこを入って奥にずずずぃっと行くと、これ↓にめぐり合えるというわけ。
c0339249_01295058.jpg

いや~、買ったはいいけど、うちに持ってかえるまでの間
「今すぐ食べたい」気持ちとの葛藤が・・・・(大袈裟~~!?)
無事持ち帰り、おいしくいただきました。
c0339249_01295100.jpg

ハウズ・カース・ヴィレッジの散策のついでにぜひ。
単身赴任のみなさんにも喜ばれるんじゃないかしら~。

日本の若き起業家たち、応援したいですよね!
c0339249_01260475.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-17 01:50 | 青蓮日記

アルデンテへの道

はじめてインドに来たとき、スパゲッティを頼んだら
茹ですぎて、ぶちぶち切れるスパゲッティがちょっとマサラ味の
トマトケチャップで和えてあるものでした。まぁ、そんなもんだろうなと
思っていましたら、4~5年前から劇的に改善の兆しが見えはじめ
今ではBaciとかiTaliaとかDivaとか、普通に美味しい
イタリア料理が供されるレストランが増えました。

が、まだまだ一般家庭ではアルデンテ状態だと「生煮えだ」って
言われるのが現状かな。我が家ではパスタはお弁当にも
活躍するので、常備しているんですが、何の気なしに
マカロニの袋に書いてある「作り方」を読んでいて驚愕。
c0339249_01294615.jpg

「プレッシャークッカーで錘なしに蓋をして1~2分、沸騰したらその後4~5分放置」
・・・・・・・だって。ぐちゃぐちゃになりまんがな、奥さん。

もひとつおまけにこちらはマギーのSoupy Noodleなるもの。
酸っぱ辛いトマト味とか、自分じゃ買いませんけど
クノールの粉末スープを買ったら、おまけについてきたんですぅ。
これまた袋に書いてある「作り方」を読んでいて驚愕。
c0339249_01294752.jpg

麺とスープと分量の水(!)を入れて、火にかけて煮立てろ
・・・・・・・・だって。ぐちゃぐちゃになりまんがな、奥さん。

まだまだ一般インド市民に「アルデンテ」を理解してもらう日は
遠そうです。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしまっす!
c0339249_01254903.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-16 03:35 | 食文化

チャパーティーが余ったら

今日は台所ネタ。
北インドの主食、ローティー(薄焼きインドパン)はさまざまあれど
普段家庭で食べられているのは、チャパーティーと呼ばれる
全粒粉を使った無発酵のもの。

本来は食事をする人がテーブルについたところで
さっさと焼いて、アツアツを供するのですが
それぞれに帰宅や食事の時間が異なる家族全員のために
そのつどチャパーティーを焼くのは専業主婦でもないかぎり
(または住み込みのお手伝いさんがいないかぎり)
現代生活ではちょっと無理。

そこで、保温式のダッバー(容器)が活躍するのですが
3枚食べるだろうと思った人が、1枚しか食べなかったり
はたまた今日はお客様が来るからと10枚くらい多めに
焼いたら、ゲストはビリヤーニー(炊き込みご飯)が気に入って
そればっかり食べて、ローティーがまるまる手付かずで残ったり。

そういえば!インドの犬たちは「チャパーティー」を食べるんですよ。
日本の犬がご飯にスープかけたのを食べるみたいに、「ご当地犬ご飯」が
あるわけです。 野良牛たちも、チャパーティーをもらって食べているし。

余った分が犬や牛への餌で消費できるくらいの枚数だったら良いけれど
なぜか6~7枚あったりする場合、一口サイズにカットしまして
c0339249_01294568.jpg


高温の油でカラッと素上げし
熱いうちにシナモンシュガーをたっぷりとまぶしますと・・・・
c0339249_01294540.jpg


カリカリ食感のおいしいおやつに変身!
ちょっと八橋を思い出させる肉桂風味
これがやめられないとまらない・・・でして、
日本でパンの耳を使ってかりんとう風に揚げるのと同じく
インドではチャパーティーを揚げるんですね~
c0339249_01294665.jpg


さらに我が家の場合は和印折衷で
あるときはきな粉をまぶしたり、また別のときには
黒砂糖をまぶしたり・・・・でいろんなフレーバーで楽しんでいます。

食べものを無駄にしない知恵は世界各国共通ですよね

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしますぅ。
c0339249_01293698.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-15 02:45 | 青蓮日記

インドの「子供の日」

インドでは毎年11月14日が「子供の日」

・・・というわけで、本日は息子の学校も授業のない日
「教育」に関するスローガンを書いて発表したりする以外は
担任の先生からの差し入れ(今年はピザなんだそう。)を
みんなで食べたり、ゲームをしたりして遊んで帰ってくるんです。
制服ではなくて、服装も自由で良いんだって・・・・・

なぜ11月14日が子供の日になったのか、以下は昨年の記事からの
抜粋ですが、ぜひお目通しくださいませ~

*****************************

11月14日はインド初代首相、
パンディト・ジャワーハルラール・ネルーのお誕生日。
ネルーさんは「チャーチャー(おじちゃん)ネルー」と
子供たちから親しみを込めて呼ばれるほど、
子供が大好きだったんですって。
それでネルーさんのお誕生日が「こどもの日」となったのです。

昭和24年に日本の子供たちからの800通余の手紙が届き
彼らの「象を見たい!」リクエストに答えて、ネルー首相が
日本に、娘と同じ名前をつけた象を贈ったのは有名な話ですね。
象のインディラはコルカタから船にゆられて、日本に到着したんです。
c0339249_01294476.jpg

↑「インディラがやってきた」著者:志村武夫 出版社:佼成社

戦争から復興しようとする国のこれからを担う子供たちに
夢を与えてくれたネルーさん。
肖像画にはいつも紅い薔薇が胸のところに一輪。
これも、ある式典で近寄ってきた女の子が、薔薇の花を
ネルー首相の胸のところにつけてくれたのが発端となり
お気に入りのスタイルになったんだとか。
c0339249_01294499.jpg

子供も、花も大好きだったネルー首相
彼の言った、こんな一文が残されています。
Children were like the buds in a garden
who needed to be cared,
nurtured and loved,
as they were the future and foundation of a nation.
******************************

さて、私も今日は赤いバラでも活けてみますかね~

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いしますぅ~
c0339249_01261318.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2011-11-14 03:08 | インドの祝祭日