人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

KFC買うならこの店舗

インドで聴覚障害者を積極的に雇用しているのがKFC
(ケンタッキー・フライド・チキン)。
マネージャー以外は全員ろう者(ろうあ者含む)のスタッフで
構成されている"Special KFC"店舗もあります。

中でも私がお気に入りなのは、ヴァサントクンジの
ヴァサント・スクエア・モールの中にあるKFCなんです。
スタッフの固定率がかなり高いと思われ、同じメンバーが
入れ替わることなくずっと働いているので、なんだか安心感があります。
液晶画面にはこんな表示が。
c0339249_23591703.jpg

英語で相手の顔を見ながらちゃんとオーダーすると
間違いなく伝わりますが、念のため・・・・・とオーダーしたものを
指差し再確認してくれます。

WelcomeとかThank youは英語の手話でやっているので
ASL(アメリカ式手話)をちゃんと習っていて
かなり教育を受けたスタッフばかりのように見受けられますが
こうして就職の受け皿があるというのは、素晴らしいことですよね。
c0339249_23591760.jpg

この日オーダーしたのはズィンガーチキンバーガーと
チキンボウル。なかなか食べる機会がなかったチキンボウルを
やっと食べました~! 99ルピー、コーラつき。
c0339249_23591871.jpg

中身はこんな感じ。チキンボウルの下のご飯部分は
インド風炊き込みご飯・ビリヤーニーみたいで、グレイビーも
予めかかっています。上のチキンはサクサクでこれまた
食感がかわって美味しい。

インドチックなメニューだなぁと思いますが、どうやら
期間限定みたいなので、食べてみたい方は急いで~~!

ヴァサント界隈にいて、KFC食べたくなったときには
私はここのスペシャルKFC店舗に足が向かいますね。
(サクラじゃ~~ありませんよ。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23563333.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-30 02:43 | 青蓮日記

Green Finger

この時期、デリーでは私の好きな花が咲きます。
大木に可愛い黄色いポンポンのような花がびっしりと。
c0339249_23591584.jpg

昔からミモザの花が好きで、この花はミモザに似ているのも
なんか嬉しくなる理由のひとつ。ミモザって昔の「香りつき消しゴム」の
香りがするんですよ。パリで「女性の日」にミモザの花束をもらって
おフランスはな~~~んて粋なことをするんだろう、って思ったものです。

この黄色いポンポンのような木は「アラビアゴムもどき」と言う名で
学名はAcacia Nalotica。
澄み切った青空に黄色い花と緑の葉っぱが映えて
あぁ、デリーも秋だなぁと感じるひととき。このあとまもなく
夜いい香りを放つ夜香木が咲き始めると、秋のお祭りシーズンがはじまり
まさに「自然から季節を教えてもらっている」気がします。
c0339249_23591543.jpg

どうやら私はGreen Fingerに恵まれなかったらしく
植物を育てるのがヘタで、種をまいてもなかなか育たないことが多くて
へこんでいましたが、このバジルはわさわさ育ってくれました。
(Green Fingerって、植物を育てる才能のある人のこと
「天才庭師」という意味でも使われます。)
c0339249_23591611.jpg

これは種から蒔いたんじゃなくて、ストロベリーファームで買った
バジルの中で、茎が太くて元気そうなやつを「水栽培」して
根っこが出てきたものを鉢植えにして育てたのです。
すくすく育って、綺麗な白い花が咲きました。
c0339249_23591684.jpg

バジルソースに活躍したのは勿論のこと、お料理を盛りつけたときに
ちょっとした彩を添えるのに重宝したバジルちゃん。
今期はそろそろ世代交代ってことかな。

まだまだデング熱が猛威をふるっているようです。
とにかく蚊にさされないこと、しか予防法がないってのがまた
どうにも歯がゆいですね。早くワクチンができますように。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23573036.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-27 02:25 | 青蓮日記

アフガーニー・チキン

デリーに住んでいると、インド料理のレストランに
Mughlaiという表記があるのに気付く。
これは北インドに根付いた「ムガル料理」のこと。

デリー近辺では印パ分離独立時に西パンジャーブ地方や
アフガーニスターンと接する辺境地域から逃げて来た
ヒンドゥー教徒やスィク教徒が開いたレストランが多いので
特にパンジャーブ料理が有名。
これとは別に印パ分離独立前からオールドデリーなどで
イスラーム教徒によって営業されている老舗レストランが
いくつかあり、さらにはラクナウーやハイダラーバードの料理も
デリーに入って来てうまい具合に「ムガル料理」としての地位を
確立したのだと思われる。

ムガル料理の真髄といえば、カーコーリー・カバーブ(Kakori Kabaab)、
アフガーニー・チキン(Afgani Chicken)、ビリヤーニー(Biryani)
がトップを占める。
・・・・というわけで、今日はアフガーニーチキンの作り方をば。

材料:
チキン(お好きな部位でOK、骨付きがおすすめ)1キロ
ダヒ(ヨーグルト)カップ1杯
レモン汁 大匙1
*カルダモン 4~5粒
*黒胡椒粒 大匙1
*ジーラ 小さじ1
にんにく 3~4かけ
生姜 ひとかけ(親指の半分くらい)
塩 (できればヒマラヤ岩塩)小さじ1
c0339249_23591420.jpg


作り方:
1)チキンを食べやすい大きさにカットし、フォークで
  ぶつぶつ突き刺して味がしみこみやすくしておく
2)*カルダモン、黒胡椒粒、ジーラを乾煎りし(↑↑ 画像参照)
  ミキサーで砕く
3)大蒜・生姜をすりおろす
4) 2)3)と塩、レモン汁、ヨーグルトをすべて混ぜ
  3~4時間マリネする。(できれば半日以上漬け込むと良い↓↓)
5)網に乗せ、肉の上に少し油をたらしてオーブンへ
6)230~250度で片面15分ずつ焼く。表面に焦げ目がつくくらいが美味しい。
  (日本で作る場合にはコンロ付属の魚焼きグリルで作ると良い。)
c0339249_23591413.jpg


酸味が効いて、ビールのおつまみに最高な味。
これにミント&コリアンダーのソースをつけて食べるのが最高なんです。
(青字をクリックすると、作り方ページに飛びます!)

え~~~と、こういうムガル料理を出すお店は
美味しいお店に限ってお酒は出ないんです。
ムスリムが経営している場合が多いのでね。
なので、ど~うしてもビール飲みつつスパイシーな肉を食べたい!
という方はデリバリーかお持ち帰りかで家でゆっくり食べるか
c0339249_23591401.jpg


自分で作るか、ですね。
この週末はぜひアフガーニー・チキンにチャレンジしてくださ~い。
なんせマリネさえしとけば、あとはオーブンにお任せだからね~楽チンよ!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23551852.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-26 03:21 | インド料理青蓮レシピ

わたし、抜け殻

8年生の息子の前期試験、私の担当科目分が
終了しました~~。後半の社会科と英語の連荘が辛かった。

これをActive Voice(能動態)に変換せよ
*Let the letter be posted.
次のをPassive Voice(受動態)に。
*All desire wealth and some aquire it.
*The public will learn with astonishment
that the war is imminent.

そもそも、自動詞と他動詞とか、目的格とか
日本語で説明するのならともかく、英文法を英語で説明するだなんて~
もう、脳みそ溶けて流れ出ました。いま、抜け殻状態です。チーン

もうひとつ苦労したのはインドの議会制度と選挙制度と憲法について。
なんで私がインドのそんなややこしいことを英語で教えないかんの~?
多分ね、よっぽどしっかりした勉強好きな男の子意外は
男子はみんな似たようなもんだろうと思うんですけどね。
ほっとくと隠れてiPadしてたり、携帯触ってたり。今回も暗記してるはずの
ノートの間にiPad miniを仕込んでいるのを現行犯逮捕しましたから~

え~え~、私はこっそりと隠れて勉強せずに漫画読んでましたから
人のことは言えないんですけどね~。父の目を逃れるため
ベッドの下に隠したマンガの山。あのころの読書(!?)があるから
今の私がある!
c0339249_23591383.jpg


で、とりあえず早速 ダストカールのグリーンメーラー(エコバザール)↑↑に!
気になっている布モノと陶器とバスケットがあるので。
そのあとはお友達と布マーケットに突撃する!!

そして金曜日の午前中は折り紙教えに行って、夕方はコレに行く!
先日ご紹介したラマさんのバラタナーティヤム・リサイタルです。
c0339249_23591375.jpg


まだまだ暑さの残るデリーではありますが、これからが
活動しやすい時期。本領発揮の時期でございますよ~。
またあれこれデリーを探検しては、オモシロ報告をしたいと思っています。
抜け殻・・・・なんて言ってる場合じゃないわな、今まで
おとなしく勉強にいそしんだ分、100倍返しだ!!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
c0339249_23582225.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-25 00:50 | 青蓮日記

空はつながっている

先日の「十五夜」、みなさんお月様をご覧になりましたか?
20日の満月はパーフェクトなまん丸で、これを逃すと
次のまん丸お月様は8年後になる・・・・・と聞いて
こりゃ絶対観なくちゃ!とはりきってお団子を作って
待ち構えていました。(団子が先!!!www)

先日本帰国した方から餡子をいただいていたので
それを中身に入れて、白玉粉でくるんで卵型にして
茹でて・・・・・お月見ウサギを。
後ろのグリーンのお団子には抹茶を入れて、黄粉をかけました。
耳は焼き串で形を・目は食紅で。
c0339249_23591144.jpg

お月見する前にお団子食べちゃいましたが。笑
月はほんとうに大きくて、綺麗に見えました。
で、FBで日本の友人が撮ったお月様をながめていて
ハタと気付いたことが! ウサギの角度が違う~~!!
日本だとちゃんとウサギに見えますが、デリーで眺めると
ウサギが逆立ちしてる!
c0339249_23591158.jpg

ほんまかいな、と思ってサッカーボールをオットに持たせ
私があちこちに移動してみて、検証しました。あはは
世界は広い、地球は丸い。いやはや~~~

こちらは昨日の夕暮れ。
茜色が秋の様相を呈していますね。
c0339249_23591228.jpg

日本の友人たちの夕暮れの画像をながめながら
あぁ、空は繋がってるね~・・・・と思ったことでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23563106.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-23 01:29 | 青蓮日記

サーリーの薀蓄

インドの民族衣装の代表選手、サーリー
(サリーと記載されますが、発音に忠実に表記すると
サーリー なんですよ~。ま、私のこだわりですから
お気になさらず。)
ちなみにこちら↓ は私が今、一番綺麗だと思う
女優さん、ディーピカー・パドゥコーネ。
c0339249_23590808.jpg

サーリー屋さんに行くのは時間のあるときに
ゆったり気分で行かねばなりません。慌てて選ぶと
ろくなことがない。インド人は家族みんなで一日がかりで
サーリー屋さんに行くこともあるくらいなんだから。特に
花嫁衣裳用のサーリーを選ぶときは、フカフカのお布団みたいな
床敷が敷き詰められた専門店で、ゆったりまったり
気の済むまで時間をかけます。

私たち日本人はそんな訳にはいかないですけどね。
サーリーを買いに行くときには、まず自分の好きな
素材(絹か、チュールレースか、刺繍たっぷりのか
幅広ボーダーがついたのがいいか、キラキラスパンコールが
ついたのがいいのか) と 色(好きな色が選べないときには
暖色系・寒色系・濃い色か薄い色か)はあらかじめ決めておいたほうが
良いですよ。手持ちの洋服を全部見てみて、顔映りの良い色を
選んでおくといいです。あとは、立ってウロウロすることが多い
場面で着るのか、着席のパーティに着ていくのかで
選ぶ基準が変わってきます。着席の場合には上半身に
ポイントを置いたデザインを、立席の場合には全体が
映える色柄を。夜のパーティだと思い切り全身スパンコールのほうが
キラキラ度満点でいいけど、昼間のパーティはスパンコールの
ポイント使いや、素材重視で上質のシルクにボーダーが効いたのとかもオシャレ

着付けはサーリーの色柄が一番綺麗に見えるように
パッルー(肩にかける部分)をプリーツ状に折りたたむのか
そのままたらんとかけるのか、グジャラート式にパッルーを
後ろから前に持ってくるのか、ベンガル式に後ろでたわませるのか
もう、千差万別の着付け方法があるのです。
c0339249_23590834.jpg

上の2枚の写真を見てお気づきのように
パッルーは左肩にかけることが多いのですが、ここで大事なのは
右のオッパイはちゃんとサーリーで被ってあること。
サーリーを着なれない人は、右パイが見えてるので
と~~っても気になるのです。姑根性丸出しだけど。笑

例外もありますよ。デザイナーズサーリーで
胸元の刺繍を見せたいからと、デザイナー自らが
着付けをする場合。 
c0339249_23590975.jpg

↑↑ これはシャバサチー・ムカルジーというインドで
有名なデザイナーのもので、あえて胸元を見せる着付けに
なっているのです。ま、女優さんだからね。

そのときに流行っている映画で、ヒロインが着たサーリーは
もう、即レプリカが出回ります。左が本物、右はレプリカ。
c0339249_23591015.jpg

ちなみにパントーンの今年の色はエメラルドグリーン
来年の色はダズリング・ブルー(ロイヤルブルーっぽい青)
↑↑ このサーリーには二色とも使われてますね。

サーリーの薀蓄を語らせたら長くなるので、
以前のサーリー紹介記事
そして、ウェブマガジンに紹介したサーリー記事をご参照ください。

お気に入りのサーリーと巡り会えるといいですね☆

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23553113.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-21 02:34 | 青蓮日記

切ないこともある

インドに住んでいると、綺麗ごとでは済まされない現実を
つきつけられることも沢山あります。

路上生活者の姿

赤ちゃんを抱っこして「この子のミルク代がないから」と
車の窓をドンドン叩いてお金を要求する物乞い

アクロバットを見せて、信号待ちの間にお金を集める子供

不自由な体をひきずって車の間をぬうように喜捨を求める人

なぜ、なぜ と考えてばかりいても状況は良くならない
ならば自分にできることで彼らのいくばくかの助けになれば。
そう思って、まずは行動を起こすことが大事なのだと思います。

頭から「カースト制度が悪いんだ」と思ってしまうのもまた早計で
ローカーストの既得権益を守るため、カースト制度をなくしてほしくない
とのインド国内での動きもあることを知っておかねばなりません。

インドでは「カースト」制度が禁止されているわけではないのです。
「カーストによる差別」は禁止されているけれど
カースト制度そのものは否定されていないのだという事実を
わかっておかねばなりません。

       ******

とある小学校に折り紙を教えに行って、予め折り紙の
特別クラスに参加していた30名ほどの中から
「折り紙大会」に出る子供を4人選出することになりました。
同じものを教えて、その場で折ってもらって
綺麗に早く折れた子を4名選出し、特訓することにしました。

そのうちの一人の男の子(Pくん)の制服が、いつもヨレヨレなことには
気付いていました。でも折り紙はとても綺麗に仕上げてくるし
次の回に教えに行くと前回練習用に渡しておいた折り紙で、
何度も何度も練習した跡が見えるのです。5枚渡しておいたら
一枚で繰り返し練習して、教えたものをきっちりマスターし
そのうち4枚は使わずに、ファイルケースに大切にしまってあるのです。

3回目の練習のとき、担当の先生が「Pくんも上手だけど
今日はもう一人候補者をつれてきたから、この子(Kちゃん)も
どれくらいできるか見てくれない?」と。やってもらいましたが
やっぱりPくんのほうが上手。3人一組で団体戦に出すことに
していたので、他の子と手分けして指定時間内に作品を折り上げ
台紙に配置する練習もはじめていました。

4回目の練習のとき、また担当の先生が「Pくんで本当に大丈夫かしら?
ちゃんと折れてる?」と。さらに「校長先生に作品を見せたいから
全員つれて校長室に行きましょう」と。

そうです。Pくんは学校の清掃をする女性の息子。
制服は学校から無償貸与されたものだから、一セットしかなかったのです。
英語も得意ではないので、何か言われても
他の子のように言い返したりはしない4年生の男の子。

校長先生にはっきり言いました。私はPくんを出場させたい。
この子ほど綺麗に作品を仕上げてくる子はいない。
清掃係の息子だから
制服がヨレヨレだから
学校代表としてコンペティションに連れて行けない
というのだったら、私が制服をプレゼントしますから と。

Pくんは無事折り紙大会に出場し、見事団体戦で2位になりました。
学校に行ったとき、お掃除をしていた女性が私を呼びとめ
「うちの息子を選んでくれて、ありがとうございました。今まで一度も
学校代表はおろかクラス代表にも選ばれたことがなかったので
信じられなかったです。しかも表彰状までもらってきて、家族・親戚
みんなで喜んでいます。Pは私たちの誇りです。」と言うではありませんか。

今、Pくんは6年生。シニアスクールで私を見かけると
必ず遠くから走ってきて、「マーム、ボクを覚えていますか?」って。
どんな子に育っていくんだろう、このままちゃんと教育を受けて
敷かれたレールを自分の手でどんどん良い方向に切り換えていってくれますように。
  
           ******

重い話題ですが、これもまたインドに住んでいると
切っても切れないことなのです。
どこにも正解なんてない、だから自分で考えて
良かれと思うことを継続してやっていかねば。ですね。

(それと同時に日本の置かれている立場もまた
憂えることのみ多かりき。外から見ているからこそ
客観的に判断できているのかもしれませんね。)


今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。

c0339249_23563106.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-20 01:49 | 青蓮日記

折り紙教室

たま~に息子の通っていたジュニアスクール
(幼稚園~5年生まで)にたのまれて、折り紙を
教えに行っています。
今日も担当の先生から電話があって、試験が終わったら
来て~~・・・・・と言われ、さて何を教えるかなぁと
現実逃避中。(↓↓ こうやって全員分のセットを
作るのから、もう楽しいですよ。これはクリスマスカードを
折り紙を使って作ったときの。)
c0339249_23590621.jpg

折り紙を教えに行ってるのをご存知のもとデリーマダムたちが
貴重な日本の折り紙を一時帰国中に届けて下さって
有難くデリーまで持ち帰っております。Tさん、Eさん、いつも
ありがとうございます☆
c0339249_23590640.jpg

(これは最初に教えた子供たち。今年の4月に大学生になりました。
どひゃ~~、私が年取るはずだわ。)


インドの子供、できなくっても元気良く「はい!できます!」って
手を挙げるんですよね~。
いつものやりとりは・・・・

私「折り紙やったことあるひと~」
児童「は~~い!!(全員挙手)」
私「じゃ、どんなのが折れるか、早速やってみて。
できたら見せてね」

・・・・・出来上がってくるのはたいてい三角に折って、両側に
耳を折って作る「犬」。それも三角のカドっこがピシっと合ってないのです。

その状態から、なんとか作品に仕上げるまで、6回ほど
集中して通って教えますが、そのうちすばらしい才能を
発揮する子が出てきて、家に帰っても練習し Youtubeで研究し
川崎ローズとかを自力で折れるようになる子がいます。
これは一昨年、5年生男子が一人でマスターしたもの。
最後の仕上げにちょこっと手を加えてはいますが、
ほぼ自分で何も見ずに折れるようになったんです。
c0339249_23590662.jpg

折り紙コンペティションとか開催されても
必要な色の折り紙が潤沢に配布されない場合も多くて
折ってたら色が手につく、インドの色紙を切ったものやら
一番ひどいときは新聞紙が配布されたこともありました。
特に「赤」と「緑」はいつも不足します。
クリスマスをお題にしたコンペで、赤と緑がないなんて
ありえないでしょう~~! って年も。
なので一時帰国ではその2色だけ余分に買い足したりもしています。

今年はどんな作品が出来上がるかなぁ・・・・楽しみ。
すごいのが出来たらここでアップしますね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23552885.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-19 03:01 | インド教育事情&子育て

デリー 日常の風景

前を走ってるトラック
なんか違和感あるな~ と思ってたら
HOREN PLEACE って。 惜しい!!
c0339249_23590459.jpg

ローカルマーケットのミルクスタンド。
左手の水色の部分はコイン式で
自分で容器を持参してミルクを量り売りで買います。
右手のカウンターにはビニール袋に入ったミルクや
ダヒ(ヨーグルト)、アイスクリームなどが。

開店時間
5時半から13時まで開いてて
夕方の部は16時から22時まで。 営業時間、ながっ!!
c0339249_23590473.jpg

たまに行く、ベンガル出身者が多いマーケット
ベンガル地方というと、ミターイー(甘いもの)
乳製品を使ったお菓子などが有名なんです。
c0339249_23590576.jpg

右手のほら貝の形のはこってりミルク味。
ほら貝の音が届く範囲はすべて清められるとされているので
聖なる形をしたお菓子。
左手のはキャラメルっぽい味で、ノーレングルと呼ばれていますが
原料は何?と聞いてみたら、デーツシロップですって。
本来は11月初旬の初物デーツで作る、おめでたいお菓子らしいです。
(・・・・とベンガル語しかしゃべらない店主との会話で
まわりのお客さんまで巻き込んで調査した結果。笑)

そんなこんなで相変わらず車に乗ってても
落ち着きのない私です。ここ数日、ドイツ語三昧で
頭いてぇ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23571669.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-18 01:23 | 青蓮日記

土曜日は「夏祭り」なのです

え~~今頃「夏祭り」ってなによ~?
って思うでしょうが、デリーはただいまセカンドサマーで
日中けっこう暑いのです。これを過ぎるとようやく
秋になるってわけ。

そんなセカンドサマーの終わりに、デリーの日本人学校で
行われるのが夏祭り。日本人学校の児童生徒たちに
日本の伝統的なお祭りを知ってもらおう、というのが第一の
目的なんですが、そこに日本人会の会員である私たちも
便乗(?)させてもらって、屋台やら夜店やら太鼓櫓やら
御神輿やら盆踊りを楽しませてもらっています。

が~~~。息子がシニアスクール(6年生以上)に
なってからは丁度前期試験の日程とかぶるので、参加できずに
いるのです。あぁ、イカ焼きが。たこ焼きが。焼き鳥が。
日本風カレーやカツカレーが。 よよよよよ・・・・・

いつも浴衣をせっせと着付けて参加しておりましたが
なんと! Yasu Craftさんで月一で開催されている
Hi to Miブランドのミニショップで、日本から仕入れた
プレタ浴衣も、インドの布で作った二部式ゆかたも
販売されるんですって~。
今月は9月19日から24日、11時から18時半までの開店。
c0339249_23590190.jpg

新たにインドチックな手ぬぐいが販売されるそうですよ。
これは浴衣の襟元に半襟風に使っても良いし
洋服のときにはスカーフ代わりにもなります。
浴衣とカラーコーディネートすると粋でしょうね。
帯の一部に使っても良いかも。
c0339249_23590224.jpg

もうひとつはこちらのキラキラ飾りつきハンカチ。
帯の間にちょいとはさんで、キラキラ部分を根付のように
たらんとたらすとオシャレなんですと~
c0339249_23590359.jpg

さらには夏祭り当日の21日には、着付け、お直しサービスも
あるそうなので、あら~~日本から浴衣を持って来なかったわ
・・・という方も、お好みの一枚が見つかるかも。
詳細はHi to Miのフェイスブックページでご確認ください。

みなさん、私の分まで 焼き鳥と たこ焼きと イカ焼きと
カツカレー を 食べて来てください。よよよよよよよ

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします。
c0339249_23554938.jpg

by neelkamal-archive | 2013-09-17 00:34 | 青蓮日記