<   2013年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

インドでもクリスマス

欧米諸国ではThanksgivingが終わると
本格的にクリスマスモードに入るので
私も今日、やっとクリスマスツリーを出しました~

息子が小さなころに、ツリーを飾りつけるワクワク感を
体験させたいと思って、せっせとスーツケースに
詰めて運んできたツリーセット。120センチ・・・・という
ごく小さなものですが、スーツケースに斜めにしてやっと
収まったのでした。
c0339249_00003893.jpg

10年ほど前は、クリスマスオーナメントを売っている店も
限られていて、カーンマーケットのKriti Creationsか
ローディーマーケットくらいにしかなかったもんです。
それが今じゃINAマーケットはおろか、ローカルマーケットでも
中国製のものがあふれています。隔世の感、ですよ。
c0339249_00003984.jpg

去年は一時帰国の際に某100円ショップで
このボールオーナメントを買ってきたんですが
15個くらい入って100円って・・・・・

一番お気に入りのオーナメントはインドの国鳥
孔雀のもの。ローディーマーケットで買ったものですが
インドならでは・・・・・でしょ、今年はこれに会わせて
ブルー系でツリーを飾りました。
自己満足の極みですが、いいの。

クリスマスツリーを出しちゃったもんで、
年末ムードに突入して、なんだか焦るわ~~笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いしまっす。
c0339249_23580921.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-29 02:26 | 青蓮日記

イベントへのお誘い

みなさま、来年の手帳はもうゲットなさったでしょうか?
私は毎年「ほぼ日手帳」一辺倒。
来年の話をすると鬼が笑う・・・・なんてなことも言ってられず
もうあれこれ予定が入りだしました。

先日デリー日本人会ボランティアサークルの方からも
ご案内がありましたが、例年ご案内させて頂いている
博物館ツアー(隔年で国立博物館またはクラフトミュージアム)
1月末と2月中旬に座学も含め2回コースで実施いたします。

第一回目は1月28日(火曜日)。国立博物館の見所をふくめ
宗教・文化・習慣などインド全般についての勉強会です。
沢山のスライド含め、見て・感じて・触ってインドを学ぶ機会です。
(↓↓ 必見のひとつ、仏舎利。これを拝むために世界中の
仏教徒がこの博物館を訪れます。)
c0339249_00003554.jpg

第二回目は2月11日(火曜日)午前・午後の二回
いずれか都合のつく時間帯で、2時間コースで
国立博物館をまわります。午前25名、午後25名募集の予定。
(貴重な仏教彫刻を詳細を説明中↓↓)
c0339249_00003563.jpg

年明けに日本人会の一斉メールで詳細が告知されますので、皆様
ふるってご参加ください。お目にかかれるのを楽しみにしています。

そして。こちらは来月のおたのしみ。
ミニ・メーラーLalitに出品しま~す。
午前の部は青蓮セレクションの雑貨
午後13時からは和菓子セットで参戦です。
c0339249_00003792.jpg


↑↑ポスターはクリックすると大きくなります。
フライヤーデザインはAちゃんが。可愛いでしょ!?
さぁ、12月12日を予定表にメモメモ・・・・おこづかい握りしめて来てね!ww
c0339249_23552885.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-28 01:27 | 青蓮日記

ポジティブに、生きる

小気味良い意見を述べる「ちきりん」さんのブログが
大好きなので、愛読していますが、今日は某SNSに
・・・・・「できるだけいろんな人とつきあって世界を広げたい」
とか考えてる人ってほんとーに尊敬する。
あたしは一緒にいて楽しい人だけとつきあって生きていきたい。
世界なんて狭くて全く問題ないっす。・・・・・
って書いてあって思わず膝うちしちゃいましたよ。

それはともかく、先日の香取薫先生の講演会で
メモっていたことのなかから、いくつかヒントになりそうなことを
箇条書きでご紹介したいと思います。

*インドの家庭料理はスパイスを使った薬膳
食べたら体が元気になる、体調が良くなるのがポイント

*本当の美味しさは その国の味に忠実なレシピをマスターすることから。
それができてはじめてアレンジレシピができる。
素人はあれこれ食材を代用しないほうが賢明。

*デリーはインドの中でも食の面では一番恵まれていて
インド中の美味しいものが集まっている。
      ↓↓↓
*子供が食べられないから、インド料理レストランには行かない
・・・・というのではなく「パパ・ママが楽しそうに美味しそうに食べてる」姿を
見せるのも大事。日本人だって子供のころから山椒やわさびを
好んで食べているわけではないのだから。デリーにいる間に
美味しい、評判のインド料理レストランを食べ歩こう。

*辛味と色気とは同じ。出しすぎは良くないのだ。ww
*辛ければ辛いほど良い、というわけでもない。
      ↓↓↓
*インド料理にはもともと唐辛子は使っていなかった。
南アメリカ原産の唐辛子は大航海時代以降に使われはじめた。

*北インドの冬の乾燥は、油を摂取することで防げる。
カレーの油にドン引きするのでなく、「バゲットにオリーブオイルを
つけて食べるヨーロッパ」と同じで、ローティーに
香辛料の滋味・香味が溶け込んだ油をつけて食べると良いのだ。
毎日のことではないのだから、たまにはこれでいいのだ。

*ガラムマサラは日本の味噌文化に比肩される。
なんでもかんでもにガラムマサラを入れるわけではなく
その家の味の素的使い方をする。

*推奨の油はヒマワリ油。

*香辛料の保存
粉ものは香りが飛んだらおしまい。胡椒などは保存状態さえ
良ければ長期保存可能。

*足先、指先が冷えるこれからの時期
身体をあたため、血液の循環が良くなるものを食べる。
動物性の油を適度にとること。生姜・胡椒を上手に使うこと。
できあがったものに針生姜を乗せるだけでも良い。
動物性の脂→→スープにするとよい。

*和食のおかず+インドのおかずを何か一品
日本では手に入らない素材を使って、インド料理を日々の食卓に。

・・・とまぁ、こんなかんじでしたが、まだまだ真髄を
知りたい方は先生のお教室へ。 →キッチンスタジオ・ペイズリー

なにより、香取薫先生のポジティブ・オーラが
講演会に参加なさった皆様にはバッチリ届いたんじゃないかしら。
またデリーで講演会、続編を開いてくださるといいですね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23551748.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-27 01:21 | 青蓮日記

最近お気に入りのグラフィック

ようやくリニューアルされたデリーの
クラフト・ミュージアムのショップやカフェのロゴが
よくできてるなぁと思います。
今年2月にボランティアサークルのイベントで
みなさんにクラフト・ミュージアムをご案内したときには
まだ出来上がっていなかったんですよね。

カフェのまわりを取り囲む赤砂岩にこんなマークが
透かし彫りになっていて、あぁ、「ローター」っていう名前なんだ
可愛いマークだなぁと思っていました。
c0339249_00003355.jpg

ローターとは小ぶりの液体容器のこと。
素材はさまざまで、ステンレス・銅・金・真鍮など
大理石やソープストーンが使われることもあります。
c0339249_00003308.jpg

ヒンドゥー教のお参りに欠かせないガンジスのご聖水を
いれたり、結婚式の一連の儀式の中で、花嫁の腕輪を
牛乳に浸すときにローターが使われたり、と聖なる役目を
果たすことが多いこの容器。
聖なる容器として、スィンドゥール(女性が髪の分け目につける
赤い粉)やターメリックをつけ、聖紐を結んだりもします。

(ちなみにネティと呼ばれる注ぎ口つきの、
ヨーガのときに鼻を洗う容器も
お手洗いのときに手を洗うプラスチック容器も
ローターの仲間です。)

そんな、お参りや生活に欠かせない容器
かのイームズ夫妻がインドに滞在したときに書いたレポートに
「ローターはインドのプロダクトデザインの中で
もっとも秀逸なものである」との記述があるのです。

それをカフェやミュージアムショップのロゴに採用するとは
なかなかやるな、クラフト・ミュージアム。
c0339249_00003438.jpg

しかも、ローターのぷっくりした形と
デーヴァナガリー表記がうまいことマッチしていますよ。
ラッピングペーパーも可愛いじゃありませんか。
c0339249_00003412.jpg

紙質が悪くて破れやすいのはご愛嬌ね。

ミュージアムショップの品揃えもなかなかなんですよ。
ちょっとしたお土産捜しにもいいかも。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23550655.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-26 00:58 | 芸術・文化

香取薫先生講演会&フリーマーケットの週末

先週末はいつもに増しての忙しさでした。

金曜日、朝一番で小学校に折り紙を教えに行き
その後スパイス料理研究家、香取薫先生の
「南インドグルメツアー」の参加者の方々とともに
クラリッジズホテルのダーバーでランチ。
(香取先生がメニューについて説明をしておられるところ。↓↓)

language="JavaScript" src="http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=3470616-1385302149-319-238">

参加者の皆さんと食事しながらおしゃべりしまくって(!)
楽しい時間を過ごさせて頂いたあとは、家に戻って息子と試験勉強。

翌日は午前中に家事を済ませ、土日留守にするので
その間の食事の段取り、下準備を済ませてから
グルガーオンのダイアパークへ。
香取薫先生の「インドの家庭料理と食文化」講演会に
参加し、有意義なお話を拝聴。
c0339249_00003198.jpg

その後女子会(オバサン会??ww)に突入し
オサレブティックホテルに泊まって喋り倒しました。

日曜日は朝帰りして、昼食のあとヴァサントクンジの
ファームハウス、Sylvan Chefへ。
そう、デリーフリーマーケットの日だったんです~~
c0339249_00003276.jpg

ずぅっと会いたかった方にもここで巡り会え
沢山の方々ともお目にかかることができて嬉しかったです。

ワタクシの一点狙いはこれ↓↓でしたの。
c0339249_00003213.jpg

手作りアクセサリーやフェルト作りのYさんの作品。
某所でこのピアスの写真を見てから、これを買いに
行かなくちゃ!と思って。でも開始時間にちょっと
出遅れてしまったので、もう売り切れたかも・・・と
思いきや、ちゃんと私のことを待っていてくれました。笑

チェコ製のガラスパーツなんです。
それに可愛い象さんがついていて、
買って帰って開けてみたら、手書きのメッセージがついてました。
c0339249_00003365.jpg

かわいい~。大切に使わせていただきます。

新たな一週間のはじまり、そして11月も最後の週ですね。
なんか師走が近くなると、気が焦ってきましたが。
来月出品予定のバザーの準備もあるし、ちょっとお出かけを
控えて(!?)手作りモードに入らなくては。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23551852.jpg

にほんブログ村
[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-25 00:17 | 青蓮日記

「日本品質のパン」遍歴@デリー

インドに住み始めてからずっと、美味しいパンとの
めぐり合いはなかなかの難問でした。
一時はディフェンス・ベーカリー(以下DB)にはまって、わざわざ
南デリーからDBまでパンやケーキを買いにいっていたものです。
子供が小さなうちは、なかなか手作りにも熱中できず
せっかく発酵させている生地を、お手伝いさんがツンツンして
しぼんでしまったり・・・・・まぁ紆余曲折ありました。笑

迷いに迷ったあげく、重たいホームベーカリーを
一時帰国の際に手荷物で持ち帰ってからは、あっと言う間に
もとが取れた、と言い切れるくらいに大活躍。

おまけにS先生の手ごねパン教室に通いだして、今まで模索していた
あれこれが ぱ~~~っと霧が晴れるように解決し
パン作りがさらに楽しくなった昨今。
日本のようなパンを食べたくなったら自分で作ればいい・・・・
って選択肢があるだけすごいなぁと感心したりしていましたが

デリー暮らしの中で手に入る和食食材も増え、
和食レストランは劇的に増え、
提供されているお料理内容も向上し、
日本品質のお菓子、和菓子、洋菓子、ケーキも増え
天然酵母の手作りパンや日本と変わらぬ調理パンなども
買えるようになりました。

たとえばこれ。IROHAさん(ヴァサントクンジのアンビエンスモール内)
の調理パン類。カレーパン100ルピー弱、ソーセージパン80ルピーくらい
そして、バターロールは3つで44ルピー、これはありがたいお値段。
私が買ってるうしろに並んでいた、単身赴任らしき男性たち。
3人連れであれこれ調理パンを選んで、冷凍しておくんだと仰ってました。
c0339249_00003026.jpg

こういう選択肢が増えただけ、ありがたい。
食は生きていくうえで本当に大切なファクターですもんね。

サーケートのモールにKrispy Kreme Donutsもできるし
コナもん、炭水化物Love な私には嬉しい昨今です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23554118.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-22 00:02 | 食文化

忘れ物クィーンなるか

年のせいか物忘れが激しい昨今。

さっき気づいてめ~~~っちゃ落ち込んだのは
11月15日からはじまっていた茶道部の
クリスマスお茶会の申し込みを忘れていたこと・・・・ああぁあああ
せっかくいままで皆勤賞だったのに。泣
c0339249_00003043.jpg

先日はゴスペルの練習場所にレコーダーを忘れ
家に帰って、夕方になってからハタと気づき
日本人会室担当のスニルさんに電話したり
事務局に電話したりで大騒ぎ。忘れ物に気づいて
預かってくれていた方が、自宅まで届けてくださったのでした。

頭の上に乗せたメガネをさがしたり
出かける前に携帯を忘れたり
家の鍵を持たずに出かけたり・・・は日常茶飯事。
オットから「子供が二人いるようなもんだ」と
言われています。
c0339249_00003015.jpg


忘れちゃいけないとカレンダー機能にリマインダーを
つけたりしているんですが、仕事以外では本当に間が抜けてる私。
(あ、そう書くと仕事では間が抜けてないってこと?笑)

忘れないようになんでもかんでも首から下げる人を
笑っていたけれど、まじで携帯もメガネも財布も
首から下げといたほうがいいかもなぁ。あれこれ首から
下げてる私をみかけても、笑わないでね。

この週末は香取薫先生の講演会やら
デリーフリーマーケットやらでまたも
デリー&グルガーオンを走り回っています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23585034.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-21 01:30 | 青蓮日記

自分へのご褒美に

たまには自分のために、なにか記念になるものを
買い求める・・・・ってのも必要ですよね。
(とか言いつつ、しょっちゅう自分のものは買っているけど。笑)

先日、絵を買いました。それも2点も。
我が家の壁の一角を、「ラージャスターン」コーナーにしたいなぁ
インドチックでポップな絵はないかいな~ と思っていたら
まさにぴったりなお方が~~!
「ガールズ・インディア」や「スゥイート・モロッコ」の著者
若山ゆりこさんですよ。

早速ウェブに出しておられるギャラリーを拝見し、
ラージャスターンらしい可愛い絵を購入しました。
手書きイラスト、一点もの。たまらんでしょ~

まずはこれを注文し、えへへ・・・・と思っていたところ
c0339249_00002849.jpg

さらにこちらも欲しくなり。
これを飾るために、壁を塗り替えなきゃなぁ・・・・
すっごくインドらしくて、楽しくなる絵でしょ??
c0339249_00002917.jpg

博多の実家宛送っていただいたので、年末年始の帰省で
デリーに持ち帰ってきます。
どんな風に配置しようか、どの家具とあわせようか、
考えてる時間がまた、たまらなく楽しいですよね。

インド暮らしの記念になるような、何か特別なものを
自分のために。あなただったら何がほしいですか?

今日も 応援クリック ポチッと↓↓↓ お願いします。
c0339249_23552885.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-20 00:39 | 芸術・文化

とんぼ玉教室@デリー ふたたび

デリーでの楽しみのひとつ「習い事」
パン教室しかり、絵画教室しかり・・・・・
今日は半年振りに「とんぼ玉教室」に行ってきました。

お題は「花模様」
ど ・ っひゃ~!!久々なのに高度な課題。
工程がいっぱいあって、こうして記録してても
次回まで記憶しているかどうか、超あやしい。笑
まずは白い芯を透明ガラスでくるみ、ピンセットではさんで
びょ~~~~んと伸ばします。
c0339249_00002501.jpg

3センチ弱に切っって、それを透明ガラスの周りにぐるりっと
つけて、今度は透明ガラス棒で
びょびょ~~~~んと伸ばして、元になるパーツができあがり。
これはクリスマスの紅白ミントキャンディをイメージして
作りました↓↓↓。しましまになってるのがわかるかなぁ?
c0339249_00002673.jpg

それを土台になるとんぼ玉にちょぼっちょぼっとつけて、
熱したり目打ちで中心を押したりしながら
できあがったのがこちら。左下の大輪の綺麗なのは
先生の見本です。私が作りたかったのは右上ので
c0339249_00002657.jpg

高さ1.2センチくらいのちびちびクリスマスツリー。
c0339249_00002725.jpg

おまけに、師匠にお願いして
ど~~~うしても作ってみたかったこれを。
c0339249_00002794.jpg

自分で考えてみたところ、とてつもなくでかいのができそうで
どうなることやら・・・・と思っていたのですが、さすが師匠
ささっと見本を作ってくださったので、あとは見よう見真似で。
インドの魔よけ、ニンブーミルチのチャームです。

今まで作ったとんぼ玉たち、綺麗に箱に並べてあるんですが
取り出しては一人で悦に入っています。
お宝がひとつ、またひとつと増えていく。楽しいですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
c0339249_23553113.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-19 02:51 | 青蓮日記

アメリカンスクールのメーラーへ

我が家のアイドル犬(おじいさんだけど)ジャッキーが
日向ぼっこをする時期=冬がやってきました。
デリーっ子はまだ薄着の人もいますが、ベンガル州や
南インド出身者などは真冬の装いです。
c0339249_00002391.jpg

ようやく過ごしやすい季節になったので
試験勉強をちょっと中断して、息子と二人で
アメリカンスクールで開かれているホリデイ・メーラーに
行ってきました。10時から17時まで、とあったので
オープンまもなく、まだ人の少ない時間帯に入場。
c0339249_00002463.jpg

入場料は一人250ルピー、13歳までの子供は無料とあって
うちの息子は滑り込み(?)で無料枠。
あれこれブースを見てまわり、実はひとつ、どうしても
ほしいものがあったんですが、お値段が高すぎてあきらめ。
他のものもどの店で売ってるかわかってるから、わざわざ
ここで買わなくてもいいか~、なんて思ってたら
気がついたら買ったのはこれだけ。
c0339249_00002451.jpg

この、英独・独英辞書が一番の掘り出し物でした。
1600ページもあるずっしりと重たい大型なのに、20ルピー。
かなり古いものでしたが、辞書の内容ってそうそう変わらないので
迷わずゲット。いままで息子の学校で買ったちっちゃい英独辞典と
私の持ってる(それこそドイツ語学校時代に使った20年以上たってる)の
しかなかったので、嬉しいお買い物でした。
c0339249_00002588.jpg

その他、新刊だと1200ルピーのガイドブック
Love Delhiが100ルピー。これも帯つきほぼ新品でした。

買いたかったけど、高くてあきらめたもの・・・・とは
ホーロー製のペイズリー模様のコップ。
めちゃくちゃ可愛いんだけど、6個セットで2500ルピー近かったので
オットには絶対言えない値段だなぁと。(なんでステンレスの
カップにそんな値段を出すのか、と絶対つっこまれるに違いない)
また機会があるだろうから、よ~く考えよう。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23550988.jpg

[PR]
by neelkamal-archive | 2013-11-18 01:27 | 青蓮日記