人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

やる気満々な折り紙教室

期間限定で集中講座を教えに行っている
小学生むけ折り紙クラス。
今度は2年生の希望者に教えに。デリーでは1年生にあがるのは
5歳の年なので、2年生とはいってもまだ6歳の子がいるんです。
なので、初回はママたちも一緒に折り紙のなんたるか、
どんなことがポイントなのかを知ってもらおうと
ママと一緒の体験クラスを実施。

折り紙に興味があって、Youtubeなどで
自力で練習している子もいて、一度やってみせると
子供のほうが要領をつかむのが早かったりするのですが
「角と角をきっちり合わせる」とか「折りすじを綺麗につける」とか
「線からずれないように折る」とか、日本人なら幼稚園のころから
慣れ親しんだ折り紙の基本ができないまま、見よう見真似で
やっていたので、できあがりがイマイチだったんです。

まずは半分に折ったり、三角に折ったりして折線をつける練習をして
「草」の折り方を教えました。
そしたらとても飲み込みが早かったので
ためしに蓮の花を教えたら、ほぼ要領を会得した模様でした。
c0339249_00002351.jpg

あぁ、インドだなぁと思ったのが、「まずママに覚えてもらって
各自お子さんに教えてもらいますから」と連絡しておいたら
アヤさん(子守担当のお手伝いさん)をつれてきた人がいたこと。
そのアヤさんが、クラフトが得意なのでこの人に教えてください・・・・ですって。

折っている手元をスマホでビデオ撮影したりして、これもイマドキの反応。

終わってみんなで作品を手に記念撮影。
お母さんたちのほうが貴重な体験ができたと喜んでくれて
教え甲斐がありました。
c0339249_00002376.jpg


2回目は子供だけで風船に挑戦。
前回教えた「草」と同じ三角形からの応用なので
比較的すぐにできたのですが、問題は折ったあと。
空気を吹き込むときに、なぜかそれが大うけで
みんなケラケラ笑い出したのです。

その喜ぶ様子があまりにおかしくて、とうとう私も
つられて笑い出してしまい、しばしクラス中断。

ちょっとわからないと「マーム(先生)、できない~」って言う子
なぜかすべて違う方向に折ってしまう子
黙々と折り続ける子、私が折った見本をじっくり観察して
なんとか自分で要領を体得しようとする子。
それぞれの反応にも個性があって、おもしろい。

午後になると早速ママたちから続々と携帯SMSが。
「今日教わったことを復習させたいので、どこか
おすすめのサイトはありますか」「おすすめの折り紙の本の
タイトルと出版社を教えてください」「次のクラスにはまた
親も参加できますか」

う~~ん、やる気満々です。(ママたちが。笑)
特別クラスは今月一杯。
この週末にみっちり練習して、火曜日に練習の成果を
見せてもらうことになっているので、楽しみです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23552885.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-15 03:26 | インド教育事情&子育て

時短料理でおいしく

年度はじめにもらった学校スケジュールでは
11月14日がムハッラム(ムスリムの追悼日)で休み、となっていましたが
今日学校からのSMSで、ムハッラムは15日なので
木曜日は通常通り授業があり、金曜日が休みとの連絡がありました。
月の満ち欠けに関係する移動祭日が多いので、まぁこれは想定内。

日曜日はグル・ナーナック(スィク教の聖人)聖誕祭ですから
スィク教徒はここのところずっと朝早くからのお参りや家での
お接待が続いているようですね。

今週はじめから息子の学校が冬の制服に切り替わり
時間割も「冬時間」になりました。朝のスクールバスの時間が
30分ほど遅くなったんですが、それでも6時30分。まだ
外は薄暗いです。帰ってくるのは15時ごろ。
学校で11時ごろにお弁当タイムがあるにせよ、帰ってきてから
2回目(?)のランチを食べますから、手早くぱぱっと作れるものを。

今日はためし○ガッテンで紹介されてた「水でもどすパスタ」ってやつ。
茹でる前に1時間ちょっと水につけておくだけ
c0339249_00002116.jpg

戻した状態がこんなかんじ↓↓。白っぽくなって
生パスタっぽくなります。
c0339249_00002101.jpg

茹で時間1分でできあがるという、省エネ的にも
食感も優秀なパスタができあがります。
日本からの虎の子(?)明太子とツナを使って
おいしくいただきました。
c0339249_00002214.jpg

簡単ついでに 我が家で欠かせない原料「すしのこ」
紫キャベツを千切りにして、さっと茹でて水をきり
すしのことあら引き胡椒とオリーブオイルであえると
簡単シュクルートが出来上がり。瓶詰めにしておいて
ちょっとサラダに色を添えたいときに使います。
c0339249_00002222.jpg

同じ要領でキャベツを使って、すしのこ+マヨネーズ+粒胡椒で
コールスローもよく作るなぁ。

白菜があるときには、塩をふってしんなりさせて
軽く水分をしぼったあと、この「キムチチップ」を
まぜまぜすると、即席キムチ漬けに。
c0339249_00002232.jpg


いやいや、こりゃ「簡単クッキング」なんてなもんじゃなくて
単なる手抜きですか。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします。
c0339249_23561964.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-14 00:20 | 食文化

マトゥラー・ヴリンダーヴァンへの旅

日本からお友達が訪ねてきてくれたので、
一緒に日帰りドライブへ。お互い歴史や仏教に
興味があるので、手軽に行ける場所として
マトゥラーとヴリンダーヴァンに行ってきました。

マトゥラーまでは2時間半ほどの道のり。まずは
クリシュナ神が産湯を使ったという場所、現在は沐浴の
ためのガートになっている場所を見て
c0339249_00001704.jpg

クリシュナ神が生まれた場所として、考古学局からの
認可書類が出ている小さなお寺へ。この近辺は他に
クリシュナ関連の大きなお寺や、ムガール時代にムスリムが
侵攻して立てたモスクなど、林立しているのですが
ほんものの生誕地はこのこじんまりさ。
c0339249_00001826.jpg

メインの目的地であるマトゥラー博物館へ。
初期のガンダーラ仏とならび、マトゥラーは
仏像製作で有名となった地だったのです。
これ↓↓がグプタ朝の最高傑作と言われる
仏陀立像・・・・なんですが、もちょっとなんとか
崇高に見える展示方法はないもんかいなぁ と
いつも思うんですよね。
c0339249_00001991.jpg

そして、仏教の擁護者として知られるカニシカ王の立像。
カニシカ王の時代に仏典の第四回結集が行われたとされています。
その貴重な像の左手に座っているおじさんたちは、博物館関係者。
た~だ座って日がな一日ダベッている・このユルさ加減がインド~~
c0339249_00001951.jpg

次は隣町、クリシュナが活躍した中心地であった
ヴリンダーヴァンへ。沢山のお寺があるこの町
中でも活気あふれているのがイスコン寺院。
c0339249_00001984.jpg

中庭ではお参りをすませた人、世界各国からの
信者さんたちが思い思いに過ごしています。
来るもの拒まずのおおらかさにホッとするお寺。
c0339249_00002000.jpg

ちょうどお説法の時間で、会場をのぞいてみたら
すごい人、おまけにカラフル!
現代に生きてる宗教だなぁと圧倒されてしまいました。
c0339249_00002067.jpg

お昼をイスコン寺院の食堂で食べたあと、
ゴーヴィンド・デーオ寺院を見て、リキシャーで
旧市街を見学し。
帰りはヤムナハイウェイを使いましたが、
ま~~、平日だったからか、時間帯なのか
ガラガラ。ドライブインでコーヒー休憩してデリーに
戻ってきたのでした。
お買い物もなんにもない、地味な日帰り旅でしたけど
これも趣味を同じくする友人とだからできたこと。
次は一緒に仏蹟めぐりとかできたらいいなぁ。(渋い趣味だなぁ)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
c0339249_23563106.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-13 01:46 | 旅行

至福のとき

なにが楽しいって、気の合う仲間と一緒に
喋って、食べているとき。
のんびり家族で一緒にテレビを観たりしてるとき。
ゴスペルサークルで思いっきり歌っているとき。
そしてものづくりのプロと関わっていられるとき。
絵を描いたり、物を作ったり、料理したりしているとき。

たとえばこれ。アメリカ在住のアンティークショップを営む
友人が、ギフトとともに送ってくれたものなんですが。
c0339249_00001769.jpg

マーサ・スチュワートというアメリカのライフスタイル全般の
指南役のカリスマ女性がプロデュースするペンキの
色見本なんですけどね。微妙な色のそれぞれに
ぴったりの名前がついているのがまた、ツボなんですよね。
これをながめていると幸せな気分になります。そのほか
パントーンの色見本帳も大好き。

ペンキの見本帳も、インド仕様になるともう一段派手な
鮮やかな色が入るんですよ。お国柄が出てるなぁと思って。

街歩きのときにこれぞインド!なものを見つけると楽しいですね~。
アーナンド・二ケーターンのモモ(チベット餃子)屋台の
店先に下がっている魔よけのニンブーミルチー。
そのいわれが諸説あるなか、もっともらしいものをひとつ
ご紹介しましょう。
c0339249_00001774.jpg

民家の軒先や店先にニンブーミルチーを下げるのは
災いを避けるためのおまじない。不吉なものを運んでくる
と言われるアーラクシュミーという魔女を避けるための
ものなのです。アーラクシュミーはヒンドゥー教の富と繁栄の女神
ラクシュミー神の姉妹で、「貧乏とみじめさ」を司ると言われていて
なんと酸っぱいもの、辛いものが大好物なんですって。
それで、アーラクシュミーの好きなものを玄関先で
与え、満足してその場から去ってもらうように、
家や店の中に入ってこないように、との算段でニンブーミルチーを
下げておくんですとさ。

ニンブーミルチーが乾く・・・ってことは、魔物が食べた後で、悪いものが
それに乗り移っているってこと。乾いたものは道端(それもできるだけ雑踏の中)
に捨てることになっているので、あやまって踏んでしまって悪運に見舞われないように
要注意ですよ。

もひとつ、車に書いてあるこんな目も魔よけ。
これはR.K.Puramの野菜市場(インディラ・マーケット)の
近くで見かけたもの。
c0339249_00001749.jpg

ヘタウマな絵が多い中、なかなかの美形ではないでしょうか。
トルコや中近東で見かけるの青い目玉のお守りとか、
ローマあたりで馬の蹄鉄を魔よけに下げるのと同じようなもんですね。

ところで、ふと疑問に思ったんですが
前述のマーサ・スチュワートのようなオールマイティな
カリスマ的ビジネスウーマンは日本にはいないよねぇ・・・・・?
ちょっと前でいうなら、生き方のお手本ターシャ・テューダーとか。
思い当たる人がいたら、教えてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23551577.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-12 01:32 | 青蓮日記

大気汚染とデトックス

今日の記事は長いです。大気汚染や
デトックスに興味のない方はスルーしてくださいね。

  *****************
中国のPM2.5やPM10が日本にも影響しているとの
ニュースが出てから久しいですが、デリーNCRでも
雨季が終わり乾燥期に入るとともに、大気汚染が深刻な
問題になっています。

ようやく昨今新聞などでも取り上げられ、問題視されるようには
なったものの、今までは「季節の変わり目だから、喉が痛くなる」
「体調が悪いのは急に寒くなるから」で風邪薬を飲んで
済まされてきたことなのです。今でも教育を受けていない人たちには
なんら把握できていないこの事実。これといった対処法があろうはずもありません。
南デリー、R.K.Puramの大気汚染情報はコチラ
R.K.Puramって息子の学校があるところですよ~。大丈夫かいな。

おまけにディーワーリーの花火や爆竹で、更に空気が悪くなっていますし。
吸引を防止するためには専用のマスクをする、できるだけ
外出を控える などの予防策がのぞましいのですが
そうとばかりも言っていられないので あれこれとデトックス法を
取り入れることにしています。それとて体内に入った毒素を完璧に
排出できるわけではないけれど、やるにこしたことはないですよね。
なにもしないでいると体内に蓄積されるだけの有害物質、
キレート作用(Chelation:体内の有害物質をキャッチして体外に
排出する作用)のある食品によってデトックスを心がけます。

われらデリーNCR在住者の強い見方、ストロベリーファームでも
入手できる野菜の種類が増えてきました。
(「せっかく行ったのに、収穫できそうなものを売ってくれない」との
声を耳にしましたが、もともとこのファームはホテルへの供給が
メインの農園です。ホテルへの毎日の供給のあと、余分を私たちが
分けてもらっているというスタンスなんだと思いますよ。)
先日ゲットしてきたのは左から、青梗菜、ちぢれ小松菜、
スイス・チャードに葱
c0339249_00001515.jpg

レタス、貝割れ大根、水菜、白菜、品川かぶのような(?)大根
c0339249_00001562.jpg

キレート作用がある、といっても栄養素まで
排出されたんでは困るので、あわせてカルシウムやミネラル分は
補給せねばなりませんので、これも覚えておいてね。
(具体的には黒ゴマや海藻類がこれにあたります。)

そのキレート作用を持つ食品とは・・・・
玄米、はと麦、そば粉など
ゴマ、大豆、グリンピース(味噌も含む豆製品)
玉ねぎ、にんにく、ブロッコリー、レンコン、オクラ、
コリアンダー、ニラ、葱
海藻類
いわし、さんま、アジなど
りんご、レモン
そして、肝機能を高めるためのターメリックも。

・・・・ってここまで読んで、ハタと気づきませんか?
「カレー」には解毒作用があるんじゃないかって。
上記のリストに照らし合わせても、オクラカレーや
ブロッコリーカレーにコリアンダーをかければ
キレーションには理想的ってことですよね。

さてさて、スイス・チャードってなに?っていう方、日本では
フダン草と呼ばれ、地中海料理などには多用されています。
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが
豊富で、呼吸器系を整えるのにも効果的な野菜。
生でサラダに入れたり、ゴマ味噌和えにした、豚肉と炒めたり。
さっと茹でて、茎の部分を細かく刻んで黒ゴマと一緒に
玄米ご飯に混ぜ込み、葉っぱでくるんでこんなおにぎりにしても。
ちりめんじゃこなどを混ぜるとカルシウムも取れますよね。
茹でるとかなりの色素が出るのでびっくりしますが、
ご飯がほんのりピンク色に染まって可愛いですよ。
c0339249_00001668.jpg

金属デトックスを主体に考えたある日のごはん。
玄米ご飯+黒ゴマ (以下、左回りに)
小松菜のおひたし(カルシウム補給)
レタス・水菜・ザクロのサラダ(ビタミン補充)
チキンカレー、蕪の葉・コーン・ジャガイモ・玉ねぎ・にんにく入り
青梗菜と卵・ワカメのスープ(ビタミン・カルシウム・カリウム補給)
c0339249_00001650.jpg

その他、「半身浴」とか
三ヶ月に一回程度の断食もデトックス効果あり。
(インドでは宗教的に適度に断食とからめたお祭りがあり
これも理に適っているんだなぁと妙に感心。)
アーユルヴェーダマッサージや
酵素ジュースなども含め、自分にできる範囲で
有害物質を排出する努力をしたほうが、
ぶつぶつ文句言ってるよりもずっと現実的で建設的ですよね。
とりあえず、一日一品カレー+コリアンダーの刻んだの
・・・って、ゆる~くはじめてみるのもいいかもね。

さて、明日の献立は何にしようかなっと。

今日も 応援クリック ポチッっと↓↓↓ お願いします
c0339249_23551748.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-11 01:25 | 青蓮日記

恋焦がれた人に会いに

デリーNCR在住なら、ハウズ・カース・ヴィレッジの
おしゃれ空間、The Roseホテルに行ったことがある方も
多いと思うんですが、そこで今月はJapan Monthと題した
催事を開催中なんです。オープニングには小野雅子さんの
ダンスパフォーマンスもあったんですよ。
CAMELLIA JAPONICA期間は11月8日から21日まで。
c0339249_00001321.jpg

ホテル内のCALICOショップには可愛い新作お洋服や
小物がお目見えしていますし、レストランでは
Tokyo Platterという日本式カレープレートなどもありました。

20時から行われたオープニングに行ってきたのですが
ワタクシ、こう見えて(?)実はこれが初の単独「夜のおでかけ」!!
(日本人会の忘年会は別として~~)
だって、ど~~~うしても会いたい人がいたんだもの~

まずはおやつ新報の千香子さんでしょ~
c0339249_00001421.jpg

そして、CALICOのお二人でしょ~
やっとやっと念願かなってお目にかかれたんですよ。
人って、めぐりあうべきときにちゃんとチャンスが来ると
思っているので、時が満ちたってことですね。嬉しい~~
c0339249_00001489.jpg

限定販売の千香子さんの手作りお菓子をいの一番にゲット!
そして本にはサインをしていただいて。
たしか一昨日日本から戻っていらしたばかりのはず、なのに
贅沢におフランスの材料を使った焼き菓子がいっぱい!
今すぐ食べたいという息子を制して、可愛いパッケージのまま
飾っています。
c0339249_00001443.jpg

いやいやそれにしても。
夜のハウズ・カース・ヴィレッジってはじめて(?)行ったんだけど
ディスコやらレストランやらそりゃもうきらびやかで、若者たちがあふれていて、
デリーの別の顔を見た気がしました。
(そんな中を浴衣で闊歩する変なオバサンは私でした。ww)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23550988.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-09 03:02 | 青蓮日記

お肌のお手入れ190ルピー

どこの国に住んでいても、美容ネタは女性の関心ごとの
上位を占めていますよね。
水が硬質で、お肌や髪が荒れやすいインド暮らし。
シャンプーは何使っていますか?とか
基礎化粧品はどこのを?とかたずねられますが

ほんっとにもうしわけありません。ほぼお役には
立てそうにないのです~

いつも書いてるとおり、私、面の皮は厚くても肌が弱いので
いろんなものを塗ったりできないのです。
洗顔料や化粧水でもまけたりするので・・・・・・

例年今頃、デリーの空気が乾燥しまくる季節になると
ほっぺの皮膚がカサカサになり、粉ふき芋状態で
化粧水などをつけるとピリピリ沁みていたんですよ。
それが、去年からあるもの一辺倒のスキンケアに変えたら
ぴったりトラブルが収まりました。

そう、巷でウワサのあのNIVE○の青缶・・・・
というか、インドの場合にはプラスチック製の青い容器に
200mlたっぷり入って190ルピーという、アレですよ。

朝は水でしっかり洗ったあと、これひとつでケア。
お化粧はこれとクリームファンデをまぜまぜして塗り
その上にパウダーをパフパフ。
化粧落としはこれで。
夜寝る前にもこれをぬりぬり。髪の毛が乾燥してるときもこれで。 
リップクリーム代わりにも。

以前たずねられたときに「私はニベ○一辺倒!」と
答えたら、その場にいたマダムたちがドン引きしてましたけど
ほんとなのよ。ネットで話題になってるように、これと
あの高級化粧品ラ・メー○の成分はほぼ同じだっていうから
あながち間違ってはいないと・・・・・信じています。笑

ちなみにシャンプーはオーロヴィンド・アーシュラムの売店に
あるのをそのときの気分で適当に買っています。

今までの人生で、気合入れすぎたときに限って
なにかが起きたので(デートのときに限ってアイラインにまけて
目が腫れてやばいことになってたり、結婚式の前日に何かにまけて
唇が2倍になったり・・・・)これくらいゆるくて丁度いいのかも~。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします
c0339249_23552885.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-08 01:49 | 青蓮日記

適正価格はどれ??

ディワーリーの買い物やら、友人知人との会食やらで
じっくり昨今の物価を見渡してみましたが
おしなべて南デリーやグルガーオンのモールなどは
もれなく高い。そしてホテルでの食事は目玉が飛び出るほど高い。
シャンペンがついているとは言え、サンデーブランチで3500ルピーって
どうなのよ・・・・・って思いませんか??
しかもサービスタックスやらチップやら含めると更に3割ほど
高くなるわけですから。

外食費用の高騰はインド人にとっても痛いはず。
ましてや外食産業がはばをきかせだしたのは12~13年前からで
それまでは「おうちごはん」が主体だったインドですもんね。
ちょっとまともなレストランで食べたら、一食500ルピー以上・・・って
絶対困ってるはず。たまの外食とはいえ、ねぇ。

と思ってたら、やっぱり庶民のお財布に優しいものがありました。
コンノートプレイスの外周沿い、シャーンカル・マーケットの近くに
ラージマー・チャーワルが一皿40ルピーってお店。
立ち食いですが、この行列具合が需要の高さを物語ってますよね。
c0339249_00001298.jpg

先週なかば、チャレンジャーなデリーマダムと一緒に
インディアンコーヒーハウスにランチに。
二人でおなかいっぱい食べて200ルピー弱。いいわぁ~~
少々プレゼンが悪かろうが、店員の愛想が悪かろうが
ぜ~~んぜん気にしない。その後に立ち寄った
スタバでコーヒー一杯200ルピー・・・・・・なんか腑に落ちない。笑

先日お菓子を買いに行ったオールドデリー。
その途中にど~~~うしても食べたいものがあるんです。
気候も涼しくなってきたことだし、道端フーズ探検隊の再開!
この、道端にあるチャート屋さんのダヒー(ヨーグルト)が
甘酸っぱくて、なんとも美味しいんですよ。
c0339249_00001214.jpg

これがダヒー・バッラなるもの。
下から順にバッラというスポンジケーキみたいなもの
パープリーというパリパリのせんべいみたいなもの
茹でジャガイモ、ヒヨコマメ、石榴や生姜の千切りなどをのせて
最後にとろとろのダヒーとチャトニー(緑のは辛い、
赤いのは甘酸っぱい)とブジヤ(ベビースターラーメンみたいなもの)を
かけて、食べるのです。これで70ルピー。結構おなかいっぱいになります。
c0339249_00001339.jpg

いつもはパープリーにダヒーだけで、他には何もいらない・・・・と
言うので変な顔されるんですが、この日はオットと半分こしたので
仕方なくあれこれかける羽目に。ほんとはここのダヒーだけを
ごくごく飲みたいくらい。笑

この店、車で乗り付けてお持ち帰りする人がすごいんです。
ゴールガッパもおいしいんですが、注意書きがまた笑えて
「お持ち帰りパックは二人分以上でお願いします。
ダヒー・バッラにはゴールガッパのスープはつきません。」って
あたりまえやん!ってことがわざわざ書いてあるってことは
いろんな無理難題を押し付けるお客さんが多いんだろうなぁって
それもまたインドらしくておもしろい。

・・・というわけで、私の適正価格はやっぱり
お財布に超優しい道端フードが基準です。

奥様、これから焼き芋が美味しいシーズンですわよ~~。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
c0339249_23553392.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-07 00:05 | 青蓮日記

菜食の日のごはん

インド最大のおまつり、ディーワーリーの話題が
続いておりますが、今日はお料理レシピです。
ディーワーリーは「菜食」の日なんですね~

ですから、ご飯もヴェジ仕様。
ヴェジ・プラオの作り方をご紹介します。
(レシピはパーティ仕様、8人分になっていますので
ご家庭では半量で作ってみてね。)

材料:
バスマティーライス 6合
パニール(インドのカッテージチーズ)250g 賽の目切り
玉ねぎ 日本サイズのものだと二個半、インドのは小5個 くし型切り
にんじん 小さめのいちょう切り
コーンなど お好みの野菜
ピーマン 1.5センチ角
ブロッコリー 小さめひと玉、一口サイズにしておく
(画像↓↓ではにんじん・コーンは冷凍ものを使っています。)
c0339249_00000956.jpg

A)香辛料類
ベイリーフ 4~5枚
粒胡椒 20粒ほど
カルダモン 4~5個 割ってつぶしておく、皮も使用
クローブ 15個ほど
シナモン 1本の半分を小さく割っておく
メース(ジャヴィットリ)4~5個

塩 大匙2
ガラムマサーラー 大匙1
唐辛子パウダー 小さじ1
クミン 大匙1

サラダオイル 大匙5
コリアンダーリーフ 適宜

c0339249_00000946.jpg

賽の目切りのパニールを素揚げしておく。
うっすらと角に焦げ目がつくくらい。(型崩れ防止のため)
c0339249_00000984.jpg

サラダオイルにクミンを入れ、きつね色になるまで熱し
玉ねぎを加えてじっくり黄金色になるまでいためる。
c0339249_00000905.jpg

しっかり炒めた玉ねぎ三分の二をお皿にうつし、
残りに7合分の水を足し、A)の香辛料、塩を
全て加えてスープを作る。ぐつぐつ煮立てて大丈夫。
味見をして、ちょっと塩辛いと感じるくらいでOKです。
c0339249_00000935.jpg

半量の米を鍋に敷き詰め、その上に炒めた玉ねぎ、
にんじんなど固めの野菜をしきつめる。
c0339249_00001015.jpg

米をさらに入れ、上にすぐに火が通るもの、
予め揚げたものなどを乗せる。(ブロッコリー、パニールなど)
c0339249_00001031.jpg

作ったスープを加え、蓋をして中火で炊き始める。
水分がなくなってきたら、弱火にして10分。
炊き上がる寸前にピーマンを入れて火を止める。
c0339249_00001058.jpg

コリアンダーのみじん切りを散らして
できあがり~! ダヒー(ヨーグルト)や
サブジー(カレー)と一緒に召し上がれ。
c0339249_00001198.jpg

熱々スープを使って湯炊き法でやるほうが
バスマティライスがパラパラで薫り高く仕上がるようです。
日本のカレーとも相性いいよ~。ためしてみてね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_23551852.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-05 00:26 | インド料理青蓮レシピ

祭りのあと

ディワーリー当日は長~~い一日でした。
朝一番で花市場へ花輪を買出しに。これは
祭壇を飾ったり、玄関の飾りとして使います。
お祝儀相場でいつもの倍くらいの値段になってますが
何せ花市場のものは新鮮なので、やむを得ず。
c0339249_00000784.jpg

来年はばら売りのマリーゴールドを買ってきて、自分で
好きな長さにつなごうかな・・・・・って、時間的に余裕ないない。
緑の葉っぱはマンゴーの葉です。

プージャー(お祈りの儀式)のお供えに使うバラの花
すでに花の部分だけがプージャーに使いやすいように切られています。
c0339249_00000822.jpg

今日のプージャーを境に、新旧の「ディーワーリー(ラクシュミー・ガネーシュ神を
お祀りする小さなお社、右手が新しいもの)」やラクシュミー神、がネーシュ神の像は
交代。古いものは我が家の場合にはお寺にお返しに行きます。
菩提樹やマンゴーなど大木の根元に置いておく場合も。
c0339249_00000882.jpg

プージャーで灯りを灯すとこんな状態に。
この下の段には、メインとなる大きめのディーヤー(灯火
ギーを入れ、一晩中火を絶やさぬようにします)や
毎年少しずつ足していく金貨・銀貨・コイン類を入れたお盆や
お供えフルーツの乗ったお盆などがあります。

一連のプージャーが終わらないと食事できないので、
夕ご飯は21時近くになり、おなかぐぅぐぅ。
お祭りで豪華に食事~~!と行きたいところですが
ディーワーリーは菜食なんですよ。
c0339249_00000810.jpg

さてさて、毎年ディーワーリーで一番迷惑しているのがこのお方。
各家で日暮れ後にプージャーをしてから
みんなが花火や爆竹でドッカンドッカン大騒ぎしますから
深夜まで落ち着けないらしく、居場所を求めてウロウロ。
c0339249_00000829.jpg

もうひとつバイヤ・ドゥージという兄弟の無事息災を祈るお祭りが
5日に控えていますから、それまでお祭り気分はぬけないかな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
c0339249_00000689.jpg

by neelkamal-archive | 2013-11-04 01:58 | インドの祝祭日